プロミスは学生でも借入可能!利用条件や親にバレないコツ

アイキャッチ

条件を満たせば学生でもプロミスから借りられる

会社に勤めていないので、プロミスでカードローンの契約はできないのでは?と考えている学生もいるでしょう。

しかし、学生の方でもプロミスの利用条件を満たしているのであれば、借り入れすることができます。

具体的にその利用条件とは、「借りたお金を返済できるかどうか」という点に関わってくる項目です。

条件1:20歳以上であること

プロミスの利用条件には「年齢20~69歳のご本人に安定した収入のある方」とあります。

つまり、借りられる人は、20歳以上の学生ということになります。

大学生の方でも未成年の場合は申し込みできません。その理由としては、返済能力が足りないという判断をされるからです。

年齢が若いと、お金を管理する能力がないということで融資しません。プロミスに限らず、貸金業者は未成年に対して融資をしないと覚えておきましょう。

ただし、一部の学生ローン業者であれば、18歳19歳の大学生(または専門学生)であっても、借りられる可能性があります。

条件2:安定収入と返済能力があること

安定収入とは、毎月決まった金額の収入があるということです。学生の場合は、アルバイト収入を指します。

なぜ安定収入が必要なのかについては、借りたお金を毎月返済する必要があるためです。

本人に定期的な収入がないと、その返済も滞ってしまうと考えられます。

そうなると、プロミスにとっては貸し倒れのリスクに繋がります。

このようなリスクを回避するためにも、安定収入がない人には融資をしないのです。

プロミスの審査で重要な3項目

プロミスが審査を行う理由は、融資したお金を返済してもらえるかどうか確認するためです。

返済能力がない人に融資するのは、リスクがあります。そこで、以下の3項目をもとに返済能力の有無を判断します。

審査で確認する3項目

  • 返済に充てるアルバイト収入があるか

  • 毎月きちんと返済する人物なのか

  • 他社からの借り入れは多くないか

上記の3項目のうち、何かに問題があると審査に落ちてしまう可能性があります。

返済に充てるアルバイト収入があるか

アルバイトの給料が毎月いくらあるのか、は重要な指標となります。

毎月生活できるギリギリのお給料だけではなく、返済に充てる分の収入があるのか見極められるのです。

以下のような収入が低い学生は、プロミスの審査に落ちてしまうでしょう。

審査に落ちやすいアルバイト学生

  • 毎月のお給料が低すぎる

  • 全然シフトを入れていない

  • 月によって給料が上下する

夏休みや連休などたまにしか、アルバイトをしない学生は注意してください。

短期のアルバイトだと、収入が安定していないと判断されて、審査に落ちてしまうでしょう。

プロミスの審査だと、短期のアルバイトよりも、長期のアルバイトをしているほうが有利です。

同じ勤務先で長く働いている方が、これからも収入を得ると考えられます。

短いと、「アルバイトがあわず、すぐに辞めてしまうのでは?」という懸念をされるのです。

毎月きちんと返済する人物なのか

プロミスの審査では信用情報が確認されます。

信用情報とは、個人のローンの利用履歴が登録された情報です。この情報から、毎月返済する人物なのかが確認されます。

万が一、返済の遅れをした記録があると、審査に落ちる可能性があるでしょう。

返済に遅れた人物は、また遅れる可能性もあると考えられるためです。

クレカ代金や携帯端末の分割払いも確認される

クレジットカードや携帯端末の分割払いについても、信用情報に記録されています。

例えば、クレジットカードの支払いに遅れてしまった場合は、何ヶ月遅れたのかも分かります。

携帯代金の支払いについては、携帯料金そのものは関係ありませんが、端末の分割払いをしているとそれもローンとみなされます。

携帯端末の分割払いが遅れた場合も、プロミスの審査に落ちてしまう可能性があります。

ショッピングローンの支払いも確認される

普段のお買い物でクレジットカードを使わず、分割払いしたことがある人もいるでしょう。

主なショッピングローン

  • 家電ローン

  • 家具ローン

  • ギターローン

  • バイクローン

上記のようなショッピングローンについても、利用履歴が信用情報に登録されます。

万が一返済に遅れてしまった場合は、信用情報にその情報が登録されるのです。

3ヶ月以上または61日に以上の返済遅れで、「延滞」という情報が信用情報に登録されます。

そうなると、5年間は延滞情報が消えず、別のクレジットカードやローンに申し込みをしても審査に落ちてしまうのです。

他社からの借り入れは多くないか

プロミスの審査では、他社からの借り入れも確認されます。

具体的には、借り入れの件数と借り入れの金額です。

借入金額や件数が多い人は、その分、毎月の返済も多くなります。

そうなると、新たに借り入れをしても、返済をする余力が残っていないと考えられます。

返済がされなくなるリスクあると考えられる人に対して、融資は行わないでしょう。

学生が借りられる限度額

プロミスは最大限度額500万円と記載されていますが、実際に利用者が借りられる限度額は審査で決まります。

学生の人が申し込みを行っても、審査では低めの限度額になるでしょう。

その理由は収入が安定していないからです。

社会人よりも収入が低いと考えられます。くわえて、社会人のように毎月決まった給料が入るわけではありません。

前月のシフトに応じて、給料は変動するため、安定しているとは言えません。

一般的には10万円に設定される

個人個人の返済能力は異なるため、この限度額になるとは一概に言えません。しかし、目安としては10万円程度になると覚えておきましょう。

10万円程度であれば、頑張ってアルバイトして返済できる範囲と考えられます。

くわえて、低めの限度額に設定してあることで、使いすぎる心配もありません。

限度額の上限は年収の3分の1

プロミスの利用限度額は、どんなに高くても年収の3分の1までです。これは学生に限らず、利用する人すべてに言えることです。

これは総量規制という制度によって定められており、プロミスをはじめとした貸金業者は、このルールを守らなくてはなりません。

ちなみに3分の1は他社との合算で、他の借り入れとあわせて3分の1です。

例えば、年収90万円の学生は、どんなに高い限度額だったとしても、30万円までとなります。

プロミスの利用は親バレしない工夫がされている

学生の方に限らず、「借り入れは周りの人に内緒で行いたい」という方は多くいます。

プロミスはこのような利用者の需要を汲み取り、周りにばれないような工夫をしているのです。

スマホと身分証明書があれば申込できる

プロミスへ申込をするのに、用意するのはスマートフォンと身分証明書のみです。

申込はスマホから公式サイトにアクセスして、氏名や電話番号を入力します。

自分のスマホだけで申込みを完結できるので、親にバレる心配はありません。

身分証の提出も、スマホカメラで撮影したものをWEB上で提出するだけです。

コピー機を使って、紙の書類にする必要もないので、バレる可能性は低いでしょう。

自宅への郵送物もなしにできる

プロミスでは自宅への郵送物も無くせます。書類でバレるのが嫌だという方はプロミスがおすすめです。

郵送物なしにしたい場合は、プロミスのWEB完結で申込をしましょう。

パソコン、スマートフォン、アプリどの方法でもWEBで手続きが完結します。利用明細もWEB上で確認できます。

ただし、プロミスへの返済を遅延した場合は注意が必要です。はじめのうちは申込時に登録した電話番号に連絡が来ます。多くの人はスマホでしょう。

しかし、これを無視すると、返済に関する連絡が自宅に届き、借り入れの事実がバレてしまう可能性があります。

自動契約機でカード発行できる

プロミスは、全国各地に自動契約機というカード発行や契約ができる機械を設置しています。

この自動契約機でカード発行をすれば、自宅にカードが郵送されることはありません。

プロミス公式ホームページで、自動契約機がどこにあるのか確認できるので、カード発行をしたい人は調べてみましょう。

一番近くの自動契約機では、誰かに見られてしまうかもしれないという人は、少し離れた自動契約機を検討してみてください。

カードレスで借りることも可能

プロミスはカードレスで利用することができます。

WEB完結申込みでカードレスを選択すれば、自動契約機でカード発行をする必要がありません。

専用のアプリが用意されているので、それを使えばセブン銀行ATMで借入ができるのです。そのほか、アプリで銀行口座への振り込みも申請できます。

カードを発行する必要がないので、親バレする可能性は低いでしょう。

財布の中身は見られる可能性もありますが、アプリであればスマホのロックを解除されない限りバレません。

アルバイト先には在籍確認の電話がある

自宅には電話がかかってきません。しかし、アルバイト先には電話がかかってくるので注意しましょう。

プロミスの審査では、本当に収入がある人なのかを確かめるために、勤め先に連絡をかける在籍確認という工程があります。

ただ、「〇〇さんはいますか?」という電話で、同僚が「今日はいません」というだけで確認OKとなります。

これはクレジットカードの発行でもある工程なので、何か聞かれたら、クレジットカードを作ったとでもごまかすことができます。

プロミス

金利
4.5~17.8%
借入限度額
500万円
融資スピード
最短1時間
プロミス
  • 初回借入から30日間は利息ゼロ円
  • WEBなら最短1時間融資も可能
  • 2021オリコン顧客満足度調査1位

公式サイトはこちら

まとめ

学生の方でもプロミスを利用できる可能性があります。ただし、利用条件をクリアした人に限られるのです。

その利用条件とは、20歳以上で安定収入があること。プロミスで借りたお金はもちろん返済をしないといけません。

そのため、返済するためのお金を稼いでいること、またその返済するためのお金を管理する能力が必要とされているのです。

もし借りられる場合は、限度額は低めに設定されるので、高額は利用できないでしょう。そのほか、周りにばれない対策もされているので、自分の責任で借入できます。

TOPへ戻る