無審査で即日融資できる?ブラック・無職でもお金を借りる方法とは

今日・明日までにお金を借りる必要があるけど、ブラックもしくは無職だから審査が不安。
そういった状況で、無審査で即日融資できる会社を探している方もいるのでは?
しかし、単に「無審査で借りられる会社」を探していると、大きな失敗やトラブルにつながりかねません。
この記事で、適切な対処を確認しておきましょう。

無審査で即日融資できる会社=闇金

誰でも貸しますという会社は闇金

「無審査で即日融資可能」と謳っている会社は100%闇金融です。「審査が甘い」「誰でもOK」などをアピールしている会社も同様、絶対に手を出してはいけません。

そもそも、金融機関は「貸金業法」という法律によって、申込者の借入状況や返済能力を調査することを義務づけられています。その規則を無視して無審査を公言している会社は、明らかに正規の会社ではありません。

即日融資できたとしてもトラブルに巻き込まれる

被害を受けないために怪しい会社から借りないこと

闇金融で即日融資ができたとしても、さまざまなトラブルに巻き込まれてしまいます。取り返しのつかない事態に陥ってしまう恐れもあるため、細心の注意をはらいましょう。闇金融による被害は下記のような実例があげられます。

北海道在住のサラリーマンAさんは、東京都豊島区の貸金業者C社(登録番号詐称)からダイレクトメールが届いた。Aさんは消費者金融から250万円の借入れ(実質金利15.0%)を行っており、「金利1.8%で融資します」と書かれたダイレクトメールを見て低金利のC社に借り換えようと決意し、250万円の融資を申込んだ。
後日、その業者より1万5千円の振込みがAさんの口座にあり、1週間後に4万円振込め(返済しろ)と連絡があった。本日は支払えないと告げたところ、Aさんの親宛に30万円の請求をされ、さらにAさんの息子さんが働いている職場には「金を返せ」などの嫌がらせのFAXが30枚も届いた。

引用元:ヤミ金被害の実例と悪質業者の検索

このように、闇金融は法外な利息を請求してくるほか、申込者に対する迷惑行為を当たり前のように実行します。一度関わってしまうと人生が破綻するため、関わりを持った場合はすぐに警察や弁護士に相談しましょう。

給与ファクタリングにも要注意

給与ファクタリングとは、給料をもらう権利をファクタリング会社に売却し、手数料が引かれた分を受け取る資金調達法のことです。

ファクタリング会社のなかには闇金融も含まれており、法外な手数料を請求されたケースが少なくありません。また、大声での恐喝や勤務先への連絡といった悪質な取り立て被害も発生しています。この給与ファクタリングに関しては「金融庁」も注意喚起しているため、闇金業者に騙されないよう注意しましょう。

個人間融資掲示板は闇金だらけ

個人間融資掲示板とは、個人間でお金の貸し借りを行うためのインターネット掲示板のことです。

しかし、個人間融資掲示板でお金を貸している業者はほとんどが闇金融です。前途の通り、闇金融を利用すると高金利で請求される恐れがあります。個人情報の漏洩や犯罪の片棒を担がされるリスクもあるため、個人間融資掲示板の利用は絶対に避けましょう。

ソフト闇金であっても危険性は変わらない

世の中には、ソフト闇金という業者も存在します。ソフト闇金とは、迷惑な取り立て行為や恐喝などを行わないと自称する業者です。

ソフト闇金という名前なので闇金融とは別物だと思われがちですが、しょせんは貸金業法を守らない違法集団です。闇金融と同じく審査等がなく、法外な利子を請求されます。また、ソフト闇金であると称しながらも取り立て行為による被害が発生していることもあるので、決して手を出してはいけません。

「闇金から借りても踏み倒せる」という考えは危険

闇金相手だから踏み倒せるという考えも危険

「闇金は違法だから踏み倒せるので、返さないつもりで借りてしまおう」という考えで闇金融に手を出してしまう人がいます。

しかし、最初から踏み倒すつもりでお金を借りる行為は詐欺罪になることがあります。実際に闇金業者が詐欺罪で訴訟を起こすとは考えにくいですが、どんな手を使ってでも取り立てに来ます。

結局は家族や勤務先に取り立ての連絡や嫌がらせなど、大きな被害やトラブルを回避できず、危険な状態へと陥ってしまいます。そのため、どんな状態であっても闇金融には手を出さないでください。

ブラック・無職の方が即日融資する方法は?

ブラック・無職でも利用できる3つの方法

ブラック・無職の方が即日融資をする方法は限られます。ただし、まったくないというわけではなく、選択肢を増やすことも可能です。以下の方法をご参考ください。

選択肢1.アルバイト・パートでいいので働く

ブラックの方不可
無職の方実践可能

ブラックの方は難しいですが、無職の方であればアルバイト・パートで働くことで、融資の選択肢が広がります。

ただし、働いてすぐの融資は審査に落ちやすいため、アルバイト・パートを始めて1ヶ月以上経ってから審査を受けることをおすすめします。

働き始めたら消費者金融への申込が可能

無職の方は働き始めたら無職ではなくなるため、消費者金融への申込みができます。ブラックの方は、収入の有無にかかわらず信用を失っているため審査に通過できない可能性が高いですが、そうでなければこの方法でお金を借りることができるでしょう。

なお、おすすめの消費者金融は下記の3つがあげられます。

消費者金融名融資スピード金利借入可能額
アイフルWEB申込で最短25分年3.0%~18.0%1万~800万円
プロミスWEB申込で最短30分年4.5%~17.8%1万~500万円
SMBCモビット最短1時間年3.0%~18.0%1万~800万円

選択肢2.質屋の利用

ブラックの方実践可能
無職の方実践可能

質屋の利用であれば、ブラックの方・無職の方どちらも実践可能です。

質屋を利用する方法は非常にシンプルで、換金性の高い物品を担保にしてお金を借ります。借入限度額は、物品を査定した額の7〜8割が相場です。
審査等の面倒な手続きはなく、その日の内にお金を借りることができます。

しかし、金利の上限は「質屋営業法」によって年利109.5%(月利9%)までと定められており、消費者金融よりも金利が高いです。また、質屋の返済期限である3ヶ月までに元金と利息を払い終わらなければ、担保にした物品は売却されて取り戻せなくなるので、注意してください。

選択肢3.生命保険契約者貸付

ブラックの方不可
無職の方実践可能

生命保険の契約者貸付とは、契約している生命保険の解約返戻金の範囲内でお金を借りられる制度のことです。解約返戻金は保険が解約されたときに払い戻されるお金を指します。

解約返戻金が担保になっているため、消費者金融に比べて低金利で利用できるほか、契約者貸付を受けていても基本的に保証内容はそのままです。ただし、生命保険の契約者貸付を利用するためには、この制度を採用している保険に加入している必要があるためハードルが高いという点にはご注意ください。

どうしてもお金が借りられない場合の対処法

お金を借りられなかった場合の対処

ここまでに解説した方法で解決しない場合の対処法を解説します。以下3つの方法をご確認ください。

対処法1.生活福祉資金貸付制度を利用

対処法1つ目は、生活福祉資金貸付制度の利用が考えられます。

生活福祉資金貸付制度とは、低所得者や高齢者の生活を経済的に支え、社会的に活動することを目的にした貸付制度のことです。

本制度は都道府県の社会福祉協議会が主体としており、各市区町村の社会福祉協議会が窓口となっています。経済的な援助の資金貸付や、資金を借り受けた世帯の相談支援を実施しています。

ただし、貸付の対象者は「低所得世帯」「障害者世帯」「高齢者世帯」であり、いずれかの条件を満たしている必要があります。誰でも借りられるわけではないため注意が必要です。

対処法2.専門機関に相談

お金が借りられなくて困り、自分では解決できない場合は専門機関に相談しましょう。専門機関に相談することで、自分だけでは思いつかない解決策を見つけられるかもしれません。

誰かに相談するのは恥ずかしいと思うかもしれませんが、勇気を持って相談してみましょう。

対処法3.債務整理を検討

借金でどうしようもなくなったときは、債務整理を検討するのも1つの手です。債務整理とは、借金を減額したり猶予をもたせたりすることで、借金による問題を解決する手続きのことを指します。

この債務整理には大きく分けて、過払い金請求、任意整理、民事再生、自己破産の4つがあります。

条件をクリアすることで現在抱えている借金を、減額・分割・免除などを行えますが、特定の職業に就けない、高価な財産を手放す必要があるといった制限がかかります。

それなりのリスクやデメリットがあるため、債務整理を実行する際は十分に検討しましょう。

まとめ

本記事では、無審査で即日融資する危険性、ブラック・無職でも即日融資を受けられる方法を解説しました。

「無審査で借り入れができる」と謳っている会社は100%闇金融であり、一度関われば法外な利子や迷惑行為によって人生そのものが破綻してしまいます。大きなトラブルに発展する恐れがあるため、少しでも闇金融だと感じたら距離をおきましょう。

また、ブラック・無職でも即日融資を受けられる方法はいくつか考えられますが、どれも条件やリスクがあるため注意が必要です。どうしてもお金が借りられなくて困っている方は、生活福祉資金貸付制度や債務整理を検討してみてください。

この記事で紹介した消費者金融

アルバイト・パートでいいので収入を得られており、なおかつ信用情報がブラックになっていない方については、消費者金融を利用することで即日融資できる可能性があります。

そういった方は、ぜひ以下3社に目を向けてみてください。

アイフル

金利
3.0%~18.0%
借入限度額
1万円~800万円
融資スピード
WEBなら融資まで最短25分
アイフル
  • WEB申込なら融資まで最短25分も可能
  • 初めてのお借り入れなら30日間金利がゼロ円
  • 1秒診断でお借り入れ可能か事前に知れる

公式サイトはこちら

プロミス

金利
4.5~17.8%
借入限度額
500万円
融資スピード
最短1時間
プロミス
  • 初回借入から30日間は利息ゼロ円
  • WEBなら最短1時間融資も可能
  • 2021オリコン顧客満足度調査1位

公式サイトはこちら

SMBCモビット

金利
3.0~18.0%
借入限度額
800万円
融資スピード
最短即日融資可能
SMBCモビット
  • 10秒簡易審査で事前審査可能
  • WEB完結申込で電話連絡&郵送物なし
  • モビットアプリを使えばカードレスで利用可

公式サイトはこちら

TOPへ戻る