クレジットカードが払えないときのリスクは?対処法も併せて解説

/

クレジットカード支払えない

記事の監修者

高原 耕大 2級ファイナンシャルプランニング技能士

静岡県出身。大学卒業後、外資系生命保険会社2社で15年勤務した後にファイナンシャルプランナーとして独立し、合同会社T.Kプランニングを設立。
代表FPとしてお客様のライフプランやマネープランの相談だけでなく、執筆や記事の監修も幅広く手掛けている。
>>T.Kプランニング

クレジットカードの請求額が大きく、どうしても払えない。
そういった状況では、「これからどうなってしまうのか?」「どう対処すればいいのか?」といったことが知りたいですよね。
この記事で、クレジットカードが払えないときのリスクと対処法を解説します。

クレジットカードが払えないときに起こること

クレジットカードの請求額が払えないとき、カード会社に連絡をせずにそのまま放置していると、以下のようなペナルティが課せられます。

クレジットカードが払えないときに起こること

  • クレジットカードが利用停止になる

  • クレジットカードが強制解約になる

  • 損害遅延金の支払いが発生する

  • ブラックリストに載る

  • 一括請求される

  • 財産の差し押さえが行われる

上記のように、 時間の経過とともに徐々にリスクが高まっていきます。 特に、「ブラックリストに載る」段階から非常に深刻なリスクが伴うため、早めの対処が必要です。

クレジットカード滞納後の流れ

クレジットカードの滞納をしてしまうと、以下のような流れを辿ることになります。

滞納後の流れ

第1段階:カードの利用停止・電話やSMSによる督促

クレジットカードの請求日に支払いが行われなかった場合、翌日以降からカードが利用停止になります。

カードの利用停止から数日後、電話やSMSなどによる督促がはじまり、自宅に督促状が届くケースもあります。

督促の電話は、本人確認が行われない限り用件について話されることはないので、誰かに聞かれたとしても滞納の事実が知られる可能性は低いです。しかし、勘のいい人は「何らかの支払いが滞っている」と気づいてしまうので要注意です。

なお、カードの利用停止日はクレジットカード会社によりけりですが、早くて1日過ぎた段階で停止されます。

第2段階:信用情報がブラック化

カードの利用停止日から、2ヶ月〜3ヶ月以上継続して支払えなかった場合、債権回収の担当が債権課(部)、もしくは債権会社に移ります。

この段階で、信用情報はブラック化しており、あらゆるローン・クレジットの審査が通りにくくなってしまいます。信用情報とは、各種クレジット・ローンの契約や申込情報のことで、個人の支払履歴や延滞履歴などを記録したものです。

ブラック化した場合、まずは延滞している「利用料金」+「遅延損害金」の支払いを済ませる必要があります。その後、カードを解約し、5年以上経過しないと信用情報が回復しないため、ブラック化は確実に避けたいところです。

最終段階:カードの強制解約・法的措置

具体的なタイミングはカード会社によって異なりますが、最終的にカードの強制解約、もしくは法的処置がとられます。

法的措置とは、差し押さえ(強制執行)のことです。裁判所に呼び出された上で、債権者の以下のような財産が差し押さえられます。

差し押さえの対象

  • 不動産(家、土地など)

  • 動産(現金、各種機械類、高級時計など)

  • 債権(給与債権、預金債権、賃金債権、生命保険など)

具体的には、債権者が裁判所に提出する「差押債権目録」に記載されたものが、差し押さえの対象です。

給料を差し押さえられる場合、税金などを控除した残額の4分の1までが限度となり、債権回収まで毎月継続されます。ただし、手取りで33万円以上を超えた金額は規定に当てはまらないため、全額差し押さえられることを覚えておきましょう。

クレジットカードが払えないときの対処法7選

クレジットカードの利用停止などのペナルティを最小限に抑えるために、まずは以下に紹介する7つの対処法を実践しましょう。

クレジットカードが払えないときの対処法

  1. カード会社に連絡をする

  2. 分割払いやボーナス払いに変更する

  3. 生命保険の契約者貸付制度を利用する

  4. 日払いの仕事をする

  5. 不用品を売却する

  6. 社会福祉協議会から借りる

  7. 金融機関から借りる

対処法1.カード会社に連絡をする

何よりもまず、カード会社に連絡をすることが大切です。

どのような理由で遅れるのか、いつまでに支払いが可能なのか等を説明し、今後の対応を相談してください。

具体的には、支払いが遅れると判明した時点で連絡しましょう。前もって連絡をすることで、早めの対処が可能です。多くの場合、親切に相談に乗ってくれ、さらに解決策を提示してくれます。

ただし、支払いが免除されることはなく、どうにか払わなければならないことには変わりはありません。

クレジットカードの返済遅れに関する担当者の見解

フタバ株式会社 貸付担当者

私たち金融機関では「約束を守ってくれること」を前提にお金を貸しています。返済に遅れる場合は、その約束を一時的に守れないということです。ただ、前もって連絡があるかないかによって、その後の対応も変わってきます。そのため、まずは返済に遅れると判明した時点で連絡をするようにしてください。

対処法2.分割払いやボーナス払いに変更する

全額の支払いができない場合やボーナスの見込みがある場合は、前もって支払方法を変更しておきましょう。

もし、変更期限を過ぎているのであれば、カード会社への相談になるため、連絡をしてください。

分割なら何回で支払える、ボーナス払いに変更できないかなど正直に話すと、妥協案を提示してくれます。

対処法3.生命保険の契約者貸付制度を利用する

契約者貸付

生命保険の契約者貸付制度とは、対象の生命保険に加入している方が、解約返戻金の一部を借入できる制度です。

個人年金保険やドル建て保険等に代表される、貯蓄タイプの保険に加入されている方が対象です。

請求から振込まで、最短即日対応が可能な保険会社もあります。

一度保険の担当者に訊くか、規約の確認を行ってみましょう。

対処法4.日払いの仕事をする

空き時間や休日を利用し、日雇いの仕事をしてみましょう。

本職の給与を待たずして収入を得られるため、すぐに現金が準備できます。

ただし、日払いの仕事は登録制の場合も多く、事前登録が必要です。それにあたり、面接や説明会に参加する必要があります。

今後同じような事態に陥らないためにも、今のうちに登録をしておくといいでしょう。

注意点として、必要な金額が大きいと目標金額を稼ぐまでに一定の日数が必要になり、こちらの対処だけでは解決できない場合もあります。

対処法5.不用品を売却する

売却できる不要な服や家電などがあれば、検討してみてください。

時間に余裕がない場合は、リサイクルショップが便利です。営業時間内に一度見積りをしてもらうのもいいでしょう。所要時間は1時間ほどです。

一方、時間に余裕があり、少しでも高く売りたい場合は、フリマサイトやネットオークションを利用しましょう。

販売手数料や現金化までの時間を考慮し、一定の余裕を持つこと。また、売値を高く設定しすぎないことに注意してください。

支払期限に応じて、使い分けてみてください。

対処法6.社会福祉協議会から借りる

近年、新型コロナなどの影響で収入が減少した場合は、各市町村の福祉協議会にて以下のような融資を受けることができます。

緊急小口資金
(特例貸付)
総合支援資金
(生活支援費)
対象者新型コロナウイルスの影響による休業などで収入が減り、緊急かつ一時的な生活維持のためのお金が必要な人新型コロナウイルスの影響による収入減少や失業などで生活に困窮し、日常生活の維持が困難になった人
貸付額20万円以内世帯人数が2人以上…月20万円以内
単身…月15万円以内
返済期間最長2年最長10年
利子なしなし
保証人不要不要
申し込み・各市町村の社会福祉協議会
・労働金庫連合会
・取り扱い郵便局
・各市町村の社会福祉協議会

できれば、収入が減少したことを証明できる書類(給与明細や家計簿など)があると、説得力を上げることができます。

注意点として、申請から借入れまで2~3週間ほどかかるため、余裕を持って行動を起こしておきましょう。

対処法7.金融機関から借りる

一時的に金融機関で借入する手段もあります。

具体的には、スピーディーにお金を借りられるカードローンに目を向けてください。とくに、消費者金融が提供しているカードローンであれば、最短で即日融資も可能となっています。

早ければ今日中に必要な金額を用意できることもあります。下記にまとめたカードローン各社の融資までの最短時間をチェックしてみてください。

ただし、ブラックリストに載ってしまった方は、審査で落ちる可能性があります。そのため、ブラックリストに載ってしまった方は他の方法で対処をしてください。

カードローン名融資スピード金利借入可能額
アイフルWEB申込で最短25分年3.0%~18.0%1万~800万円
プロミスWEB申込で最短30分年4.5%~17.8%1万~500万円
SMBCモビット最短1時間年3.0%~18.0% 1万~800万円

【アンケート結果】実際にクレジットカードを滞納した経験のある方はどのように対応したのか

実際にクレジットカードを滞納をした経験がある人に向けて、アンケートを取りました。「滞納を回避するためにどのような行動をとったのか」の結果を以下に紹介します。

アンケート クレカ滞納

調査期間:2022/05/20~2022/05/25
調査方法:インターネット
リサーチ実施:ポート株式会社

30代・会社員【クレジットカード会社に連絡をした】

クレジットカードの引落先の銀行口座に、お金を入れ忘れてしまっていました。ハガキで文書が届いたので、そのハガキにクレジットカード会社の電話番号があったので、とりあえずことの経緯だけ電話で伝えようと思い連絡をしました。

30代・派遣社員【金融機関から借りた】

クレジットカードを滞納するとブラックリストに載る可能性があり、今後のスマホの機種変などの際にも支障が出る可能性があると思ったため。消費者金融から足りない分だけを借りて入金し、どうにか滞納せずに済んだ。

30代・自営業(個人事業主)【友人や家族に借りた】

いつもは給料から自動引き落としで余裕があったのですが、当月はいろんな支払いが重なってしまい、残高が少なくなっていた。それに予定よりも使い過ぎていた為、給料ではまかなえなかったため、親にお金を借りました。

どうしてもお金が準備できないときは専門機関に相談する

どうしてもお金が準備できないときは、一人で悩まず以下の専門機関に相談をしましょう。

独自で解決するよりもプロに相談するほうが、具体的な解決が望めます。

相談先

  • 借金問題に強い法律事務所

  • 法テラス

借金問題に強い法律事務所

借金問題に強い法律事務所に相談することで、解決に導く債務整理が行える可能性もあります。

債務整理とは、弁護士が債権者に交渉して支払額の減額や免除などができる方法です。実情に応じた適切な解決策を提案してもらえため、差し押さえに至る前に問題を解決できます。

無料相談を受け付けている法律事務所もあるので、借金減額や免除を得意としている法律事務所を探して相談してみてください。

法テラス

「日本司法支援センター」が正式名称の法テラスでも、一般人の借金トラブルなどの無料相談を受け付けています。

相談内容に応じて、問題を解決できる法制度や手続き、専用窓口が紹介されるため、相談場所がわからない人でも安心です。また、法律事務所を利用する費用がない場合、法テラスが費用を立て替えるサービスもあります。

相談先に悩んだときは、まずは、法テラスの電話相談を通じて弁護士や司法書士からアドバイスを受けましょう。

法テラスサポートダイヤル

電話番号0570-078374
利用料0円
通話料金固定電話の場合、全国一律3分9.35円
受付時間・平日 9:00〜21:00
・土曜 9:00〜17:00

よくある質問

  • クレジットカードが払えないときやってはいけない行動はありますか?

    クレジットカードの現金化と闇金の利用です。

    クレジットカードの現金化は、クレジットカード規約違反となるため、今後利用が出来なくなるだけでなく、利用金額の一括請求をされる可能性があります。

    また、闇金の利用は絶対にやめましょう。予期せぬトラブルに巻き込まれる可能性もあり、良いことはありません。

  • クレジットカードの支払いができない場合、どのくらい遅れてもいいですか?

    ご利用中のクレジットカードの会社によるため、具的な数値はお答えできません。

    ただ、支払いの遅れが発生すると判明した時点で、まずはクレジットカード会社に連絡を行いましょう。支払いの期日や金額に関して、相談に乗ってくれます。

まとめ

クレジットカードの支払いが払えない方に、幅広く解説してきました。

本記事を要約すると以下のとおりです。

まとめ

  • クレジットカードの支払いに遅れると様々なペナルティがある

  • 早めに対処すれば余裕を持ってお金を準備できる

  • 支払期限が近い場合はカードローンがおすすめ

  • 自身で解決できない場合は専門家に相談する

カード会社への連絡が遅くなるにつれて、状況は徐々に悪化していきます。

特に、連絡がつかない場合は悪質とみなされるため、今後の様々なローンに影響が出ます。

そのようなことがないように、カード会社への連絡と約束はきちんと守りましょう。

どうしても返済ができないのであれば、一時的な対処として以下に紹介するカードローンを検討してください。

そのまま何もできずにブラック化し、「ローンも組めない」「新しいクレジットカードも作れない」というような事態陥るよりも、カードローンで一時的に立て替えたお金で確実に返済するのも、1つの手段です。

アイフル

金利
3.0%~18.0%
借入限度額
1万円~800万円
融資スピード
WEBなら融資まで最短25分
アイフル
  • WEB申込なら融資まで最短25分も可能
  • 初めてのお借り入れなら30日間金利がゼロ円
  • 1秒診断でお借り入れ可能か事前に知ることができる

公式サイトはこちら

プロミス

金利
4.5~17.8%
借入限度額
500万円
融資スピード
最短25分
プロミス
  • 初回借入から30日間は利息ゼロ円
  • WEBなら最短25分融資も可能
  • 2019年~2022年と4年連続でオリコン顧客満足度調査ノンバンクカードローン初回利用第1位を獲得

公式サイトはこちら

SMBCモビット

金利
3.0~18.0%
借入限度額
800万円
融資スピード
最短即日融資可能
SMBCモビット
  • 10秒簡易審査で事前審査可能
  • WEB完結申込で電話連絡&郵送物なし
  • モビットアプリを使えばカードレスで利用可

申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

公式サイトはこちら

監修者コメント

高原 耕大 2級ファイナンシャルプランニング技能士

分割払いとリボ払いの違いには注意

カードの支払回数を変更する際、「リボ払い」への変更はなるべく避けましょう。リボ払いは支払額が一定になり、柔軟に変更可能なため便利です。しかし、分割払いより高い利息がかかるため、なかなか支払金額が減りません。利息なども比較した上で対応方法を検討しましょう。

記事の編集責任者 小野原 慎也 Onohara Shinya

高校卒業後、様々な業界を経てポート株式会社へ。
数多くの金融メディアで、ライターとして1,000本以上の記事を執筆。
MONEY LEAFでは「お金に関するさまざまな知識が集まる情報ポータルサイト」として、最新の比較情報や賢く利用するためのノウハウ記事を発信している。

TOPへ戻る