お金がないときの対処法まとめ|金欠になる人の特徴とは?

お金がないとき、各種支払いをどのように対処すればいいのか、悩む人も多いのではないでしょうか。

結論から申し上げますと、ご自身の状況に応じた手段を選び、迅速に対応することが重要です。

慢性的にお金がない状態に陥ってしまう人の特徴や、今からでもできる改善方法も併せて解説するので、金欠でお悩みの方はぜひご参照ください。

お金がないときに検討すべき8つの対処法

お金がない時は状況に応じた手段を検討する

お金がないときに検討すべき対処法は以下のとおりです。金欠で悩んでいる方は、早めにご確認ください。

  • 1.モノを売却する

  • 2.単発のアルバイトで稼ぐ

  • 3.家族や友人に相談する

  • 4.質屋でお金を借りる

  • 5.クレジットカードでキャッシングする

  • 6.カードローンで借入する

  • 7.国の制度を利用する

  • 8.借金でお困りなら法的な解決も視野に入れる

ひとつずつ詳しくみていきましょう。

1.モノを売却する

身の回りのモノを売却すれば、すぐにお金が手に入ります。どうしてもお金がほしいのであれば、大切なモノを手放すのもひとつの手です。

売れるモノの例

  • あまり使わない衣類

  • 昔集めていたブランド物

  • 趣味でコレクションした腕時計

上記のようなモノは、リサイクルショップなどですぐに現金化できます。また、ネットオークションやフリマアプリを使用することで、より高値で売却できる可能性もあります。

2.単発のアルバイトで稼ぐ

その日に給料がもらえる単発のアルバイトを行うことで、まとまった現金を得ることができます。具体的には下記のようなアルバイトがあげられます。

単発アルバイトの例

  • ピッキング作業

  • イベントスタッフ

  • シール貼り

  • データ入力

  • 軽作業や搬入

場合によっては交通費が自己負担となりますが、手っ取り早くお金を稼げます。また、副業として休日に掛け持ちをするのもおすすめです。時間に余裕がある方は検討してみましょう。

3.家族や友人に相談する

家族や友人に相談して、一時的にお金を借りるという方法もあります。消費者金融や銀行で融資を受ける場合は年15.0%前後の利子が発生しますが、家族や友人であれば利子が付く可能性は低いです。

なお、お金を借りる際は「いまお金が必要な理由」をしっかり説明すべきです。また、お金を借りる場合は自ら借用書を作成し、約束した期限までに必ず返済しましょう。

4.質屋でお金を借りる

換金性の高い物品を所持していれば、物品を担保にして質屋でお金を借りられます。具体的には、スマートフォンやバッグ、腕時計などを担保にします。面倒な手続きや契約等は必要なく、その日の内に借りることが可能です。

ただし、質屋は金利が比較的に高く返済期間が短いです。また、返済期間が過ぎると大切な物品を売却されてしまうため、十分に注意しましょう。

5.クレジットカードでキャッシングする

所持しているクレジットカードがキャッシングに対応している場合は、すぐに現金を用意できます。持っているクレジットカードのキャッシング枠を確認しましょう。

なお、キャッシング枠が備わっていない場合は申請する必要があり、改めて審査が入ります。借入状況によっては審査が通らないこともあるため、ご注意ください。

6.カードローンで借入する

一時的にまとまったお金が必要な場合は、カードローンで借入するという手段もあります。カードローンの利用に不安を感じる方も一定数いるかもしれませんが、適切に利用すれば問題ありません。

アコム・プロミス・アイフルなどの大手消費者金融は多くの方が利用しており、貸金業法を遵守しているため、法外な利息や迷惑な取り立て行為の被害に遭う心配はいりません。安全にお金を借りたい方は、大手の消費者金融を利用しましょう。

ただし、カードローンを利用する場合は必ず審査が行われ、安定した収入がなければ利用できません。審査に不安を感じる方は、あらかじめ各社の簡易診断(借入れできるかどうか簡単に診断できるサービス)を利用のうえ、申込をご検討ください。

カードローンの例1.プロミス

SMBCコンシューマーファイナンスが提供しているカードローン、プロミス。

メールアドレス登録のうえWEB明細をご利用の方に限り、初めての借入の翌日から30日間が無利息となる、使い勝手の良いカードローンです。

最短で即日融資にも対応しているため、お急ぎの方も安心してお申込みください。

プロミス

金利
4.5~17.8%
借入限度額
500万円
融資スピード
最短1時間
プロミス
  • 初回借入から30日間は利息ゼロ円
  • WEBなら最短1時間融資も可能
  • 2021オリコン顧客満足度調査1位

公式サイトはこちら

カードローンの例2.アイフル

テレビCMでおなじみ、アイフルのキャッシングローン。

WEBからの申込で、最短25分での融資も可能となっている、お急ぎの方には特におすすめのカードローンです。

初めてのお客様は、契約日の翌日から30日間無利息でご利用いただけるので、すぐにでもお金を用意したい方はぜひご検討ください。

アイフル

金利
3.0%~18.0%
借入限度額
1万円~800万円
融資スピード
WEBなら融資まで最短25分
アイフル
  • WEB申込なら融資まで最短25分も可能
  • 初めてのお借り入れなら30日間金利がゼロ円
  • 1秒診断でお借り入れ可能か事前に知れる

公式サイトはこちら

カードローンの例3.SMBCモビット

SMBCグループが提供しているカードローン、SMBCモビット。

WEB上でカード申込をすれば、最短10秒で「借入できるかどうか」がわかるため、すぐにでもお金の目途をつけておきたい方におすすめです。

また、WEB完結で申込する場合、電話連絡と郵送物が発生しなくなるため、人に知られたくない方にもピッタリです。

SMBCモビット

金利
3.0~18.0%
借入限度額
800万円
融資スピード
最短即日融資可能
SMBCモビット
  • 10秒簡易審査で事前審査可能
  • WEB完結申込で電話連絡&郵送物なし
  • モビットアプリを使えばカードレスで利用可

公式サイトはこちら

7.国の制度を利用する

金融機関からお金を借りることが難しく、金欠で困っている場合は「生活福祉資金貸付制度」を利用できます。保証人が原則必要ではありますが、いなくても借りることが可能です。なお、利用できる給付は下記のような種類があげられます。

生活福祉資金貸付制度の例

  • 福祉資金

  • 緊急小口資金

  • 総合支援資金

  • 教育支援資金

  • 不動産担保型生活資金

消費者金融に比べて金利が低く、無利子で借りられるケースもあります。検討している方は条件を確認しましょう。

8.借金でお困りなら法的な解決も視野に入れる

借金が膨れ上がり、返済の目処が立たないという方もいるはずです。未払いのまま放置を続けると、財産を強制的に差し押さえられる可能性があります。

そんな方は、法的な解決も視野に入れましょう。借金を整理するための法的な解決策は下記のとおりです。

法的な解決策の例

  • 任意整理

  • 特定調停

  • 個人再生

  • 自己破産

「自分の責任だから…」とひとりで抱え込まず、こういった手段もあるということは認識しておいてください。何のリスクもないというわけではありませんが、膨れ上がった借金の問題を解決できるかもしれません。

お金がない人に共通する2つの特徴

お金がない人に共通する特徴

お金がない人の共通点は下記の3つです。お金が不足する原因を明確にし、改善策を模索しましょう。

  • 1.お金の動きを把握していない

  • 2.収入に対して浪費が多すぎる

順番に解説していきます。

特徴1.お金の動きを把握していない

お金がない人に共通する特徴ひとつ目は、お金の動きを把握していないことです。「今月の収入はいくらか」「いくらまで使えるのか」など、自身のお金を管理できていなければ、収入以上にお金を使ってしまいます。

また、そういった方は生活に最低限必要な固定費を把握していない場合も多いです。自身の収支を可能な限り正確に把握し、自由に使える金額(可処分所得)を明らかにすることが、「お金がない」という状況を脱する一歩となります。

改善策:毎月の生活費を見直してみる

まずは毎月の生活費の見直しから始めましょう。自身の収入や固定費を明確にし、生活費にどれくらいお金を使えるのか確認してみてください。毎月の生活費を見直すことで、お金に余裕が生まれるはずです。

特徴2.収入に対して浪費が多すぎる

お金がない人に共通する特徴2つ目として、収入に対して浪費が多すぎることがあげられます。前提知識として覚えておいていただきたいのですが、基本的にお金の使いみちは下記の3つに分類されます。

お金の使い道

  • 使い道1.消費

    生活するうえで必要最低限な費用。

  • 使い道2.投資

    自分の将来に向けてつかう費用。

  • 使い道3.浪費

    必要のない無駄な費用。

ストレス発散や趣味などを考慮するとどれも必要な出費ですが、浪費の割合が大きすぎるとお金はまったく貯まりません。それどころか収入よりも支出が上回り、毎月マイナスになってしまいます。

改善策:1日に使う金額の上限を決める

いきなり今日から「浪費を完全になくす」というのは、はっきり言って無理な話でしょう。浪費癖という言葉があるように、一度定着した浪費を抑えることは容易ではありません。

しかし、収入があがらない限り、浪費を続けていては「お金がない」という状況も変わらないでしょう。まずは、少しずつ浪費を減らすため、「1日に使っていい金額の上限」を決めることから始めてみてください。

一気に浪費をゼロにすることは難しいとしても、金額に制限を設けてセーブしていけば、少しずつでも収支バランスに改善が見込めるはずです。

お金がないときに絶対やってはいけないこと

お金がないからといって以下4つの行動は絶対にやってはいけません。後悔しないためにもひとつずつ確認しましょう。

  • 1.闇金などの違法業者からの借入

  • 2.クレジットカードの現金化

  • 3.借金を借金で返す

闇金などの違法業者からの借入

いくらお金が不足していても、闇金などの違法業者からの借入は絶対にやめましょう。軽い気持ちで手を出せば、法外な利息や迷惑な取り立て行為などの被害に遭い、いつか後悔することになります。

闇金業者の特徴としては、ブラックリストでも審査が通る、審査そのものがない、法外な利息の請求などがあげられます。また、違法業者からの借入は異常な返済スケジュールで要求されることもあります。

返済が少しでも遅れると暴力団などが取り立てに来るため、関わってしまった場合は警察や弁護士に相談しましょう。

クレジットカードの現金化

「クレジットカードの現金化」とは、専門の業者に頼ってカード決済をおこない、決済額から手数料を差し引いた分を現金として受け取る行為です。

これはクレジットカード会社の多くが禁止行為として定めており、発覚した時点で強制解約になる恐れがあります。

また、クレジットカードの現金化をおこなっている業者の一部は「闇金融」に該当しているため、決して手を出さないでください。

借金を借金で返す

「借金を借金で返す」というのは、返すべきお金がさらに膨れ上がってしまうリスクがあります。

これは「多重債務」と呼ばれる、金融庁が注意喚起をしている危険な状態に該当しており、こうなると簡単には状況の改善ができないケースがあります。

また、借金で借金を返している状態というのは「返済できないほどお金を借りている状態」と言えます。この状態になっている方は、信用情報に傷がついているケースが多いため、クレジットカードやローンなどの利用が難しくなっている可能性が高いです。

そうなると生活に支障もでてきてしまうため、「借金が返せない」という状態になったら、「返すための借金をする」以外の選択肢を検討してください。

まとめ

本記事では、「お金がないときに検討すべき対処法、お金がない人に共通する特徴とその改善策」について解説しました。

対処法を8つ解説しましたが、すべての人に効果的な方法とは限りません。自身の状況と照らし合わせ、より最適な方法を探してみてください。また、同じ状況を繰り返さないためにも、お金が不足する原因を理解して少しずつ改善しましょう。

TOPへ戻る