ブラックでも即日融資ができる金融機関はある?借入できるかもしれない条件

/

ブラックでも即日融資

記事の監修者

高橋 孝治 貸金業務取扱主任者有資格者・国会議員政策担当秘書有資格者・法学博士

国家資格である、貸金業務取扱主任者の資格を保有しており金融領域に関しての専門家。金融の資格だけではなく、行政書士、特定社労士の資格も保有。多岐にわたる知見を活かしあらゆる法律を研究している。著書に『ビジネスマンのための中国労働法』(労働調査会、2015年)他多数の本も執筆。

ブラックの人が即日融資してもらうのは実質不可

緊急性の高い方もいらっしゃると思いますので、結論から先に申し上げますと、信用情報に問題がある人へ融資する金融機関はまずありません。

即日融資ともなれば、尚更でしょう。

金融機関としても、これまで行ってきた金融取引上で信用を失ってしまった人に対し、お金を貸すのは容易ではないのです。

貸し倒れのリスクがある人に融資するはずがない

信用情報にダメージがある人は、過去に何らかの金銭トラブルを起こしている状態です。

例えば、クレジットカード代金などの長期滞納、返済困難になった借金の債務整理などが挙げられますね。

上記のような経歴が残っている人に融資するのは、金融機関にとって抱えるリスクが大きすぎます。万が一、借り手が返済できない状況になれば、金融機関側が貸し倒れてしまう可能性もあるのです。

ブラックでも今からお金を工面できる条件

ご自身の信用情報に問題がある場合、ひとりで借入することは不可能です。それでも、条件次第で借入できる可能性が見えてきます。

即日融資とまではいきませんが、どうしてもお金が必要な人は、以下の条件を確認してみましょう。

条件1|何らかの資産を担保に入れる

カードローンのような無担保ローンで借りるのが難しい方は、土地や不動産などを担保に入れて借入できるサービスを検討してみてください。

そこまでは出来ない、担保に入れるものがない、という人も多いかもしれませんが、そういった場合もスモールで考えてみましょう。

例えば、「質屋に物を預けてお金を借りる」といった方法も選択肢のひとつです。出来る範囲のことから検討してみてください。

条件2|第三者の力を借りる

ご自身の信用情報の状態では借入できない…そういった方なら、第三者の信用情報を使って借入する方法もあります。

例えば、親権者の名義でクレジットカードの家族カードを作ってもらうのも選択肢のひとつです。他にも、知人に連帯保証人になってもらうことで契約できるローンもあります。

本人からきちんと同意を得たうえで保証人になってもらうことが求められるので、検討される方は現状をきちんと説明してからお願いするようにしましょう。

“ブラック=借入不可”という決まりはない

記事の冒頭で「ブラックの人は融資してもらえない」と解説しましたが、過去に金銭トラブルを起こしたからといって絶対借入できない、という訳ではありません。

実のところ、ブラックに融資してはいけない、という法律は存在しないのです。

とはいえ、銀行や大手の消費者金融などの金融機関は、信用情報に問題がある人に対してまず融資してくれないでしょう。

状況によっては融資を検討してくれる金融機関あり

ちなみに、ブラックといっても人によって状況は様々です。

例えば、金銭トラブルを起こしたことはあるが、既に何年も経過しているケースが考えられます。返済トラブルはあったものの、現在はきちんと遅延なく支払いを続けている人もいるでしょう。

このような方の受け皿となるのが、一部の中小消費者金融です。大手が貸付対象としていない方でも、現在の収入や返済状況によっては融資を検討してくれるケースもあります。

とはいえ、申し込めば誰でも借入できる訳ではありません。

各金融機関の厳正な審査のもと、「債権回収できる」と判断された人でなければ融資してもらえないので注意してください。

信用情報について担当者の見解

フタバ株式会社 貸付担当者

信用情報に問題がある場合でも「解決済み」なのか「未解決」なのかによって対応が変わる場合があります。私たちも「解決済み」の場合は前向きな審査を行っています。ただし「未解決」の場合は、まずは解決に向けた対応が必要です。ご自身の状況を確認し、適切な対応をしましょう。

【注目】あなたは本当にブラックですか?

信用情報に問題がある人に向けて解説していきましたが、実のところ、あなたの信用情報は本当にブラックなのでしょうか?

過去に何らかの金融トラブルを起こしている人の中には、自己判断でブラックだと思っているケースも少なくありません。

信用情報がクリアになっていれば選択肢は広がる

仮に、ご自身の信用情報がすでに回復しているのであれば、カードローンなどの無担保ローンを使って借入できる可能性はあります。

とはいえ、多額の借入金が残っている場合など、さらなる負担になる可能性があれば、新規融資は望めません。

信用情報がクリアになっていたからと言って、過度な借入を行うのは避けましょう。

ブラックでなければ消費者金融への申込も可能

信用情報に大きな問題が無く、一定の収入を得られている方であれば、消費者金融への申込というのも選択肢のひとつとなってきます。

もちろん、過度な借入は危険なため、返済できる範囲での利用が大切です。

とはいえ、どうしてもお金を借りる必要がある場合は、下記のような消費者金融に目を向けてみてください。ブラックの方は借入できませんが、そうでなければ可能性はあります。

アイフル

金利
3.0%~18.0%
借入限度額
1万円~800万円
融資スピード
WEBなら融資まで最短25分
アイフル
  • WEB申込なら融資まで最短25分も可能
  • 初めてのお借り入れなら30日間金利がゼロ円
  • 1秒診断でお借り入れ可能か事前に知ることができる

公式サイトはこちら

プロミス

金利
4.5~17.8%
借入限度額
500万円
融資スピード
最短25分
プロミス
  • 初回借入から30日間は利息ゼロ円
  • WEBなら最短25分融資も可能
  • 2019年~2022年と4年連続でオリコン顧客満足度調査ノンバンクカードローン初回利用第1位を獲得

公式サイトはこちら

ブラックなら法的な解決策も検討すべき

「どうしてもお金が必要…」
「でも、ブラックだから…」

上記のような人は、新規借り入れを検討するのではなく、法的な解決策にも目を向けてみてください。

ひとりで悩んでいても打開策が見つからないのであれば、 抱えている借金を債務整理するという選択肢もあります。

債務問題の専門家に相談してみる

法的な手続きで金銭問題を解決しようとする場合は、債務整理に特化した弁護士事務所に相談するのが一般的です。

とはいえ、法律の知識がないまま相談先を探すのはおすすめできません。このような方は、弁護士事務所の口コミや評判を集め、あらかじめ比較してくれているサイトを活用してみてください。

よくある質問

  • ブラックとはどういう状態ですか?

    ブラックとは、信用情報機関に「異動」と掲載された状態を指します。
    具体的には、過去に長期滞納をしていたり、債務整理をおこなっていたりするとブラックと呼ばれる状態になります。ブラックになってしまうと信用がなくなり、金融機関からの借入が難しくなるため注意してください。

  • ブラックの場合はお金を借りられませんか?

    必ずしもお金を借りられないわけではありません。
    金融機関によって審査の基準が異なるためです。同じブラックの方でも、遅延や延滞が「未解決」か「解決済み」かによっても審査の可否が分かれます。そのため、ブラックの方はお金を借りる前に、その要因を解消することを優先しましょう。

  • 自分がブラックか確かめる方法はありますか?

    個人信用情報機関に開示請求しましょう。
    個人信用情報機関は、CIC、JICC、KSCの3ヵ所あります。欲しい情報によって照会先を選択し、情報の開示請求をおこないましょう。

まとめ

ブラックでも即日融資可能な金融機関はあるのか、現在も信用情報に問題があるのか等、様々な視点から解説していきました。

記事中の大切なポイント

  • ブラックの人に即日融資する金融機関はない

  • 担保や保証人を必要とするローンなら可能性あり

  • 状況次第で融資を検討してくれる金融機関もある

  • 今でも信用情報がブラックなのか確認してみる

  • 弁護士事務所への相談も視野に入れておく

記事の内容を総括すると、ブラックの人に融資する金融機関はまずありません。

信用情報がブラックの人は、新規借入を検討するのではなく、債務整理などの法的な解決策も視野に入れ、借金問題の早期解決に向けて行動していきましょう。

監修者コメント

高橋 孝治 貸金業務取扱主任者有資格者・国会議員政策担当秘書有資格者・法学博士

金銭の貸出を受けられない場合、まずは信頼情報の恢復を

審査の結果、金銭の貸出を受けるにふさわしくないという結果が出た場合、本文で紹介している通りの方法を実践してみることもいいかもしれません。しかし、それと同時に、金銭の貸出をお断りされている以上、それを踏まえて金銭を借りずとも耐えて、信頼情報がよくなることを待つのも一つの方策です。

記事の編集責任者 小野原 慎也 Onohara Shinya

高校卒業後、様々な業界を経てポート株式会社へ。
数多くの金融メディアで、ライターとして1,000本以上の記事を執筆。
MONEY LEAFでは「お金に関するさまざまな知識が集まる情報ポータルサイト」として、最新の比較情報や賢く利用するためのノウハウ記事を発信している。

TOPへ戻る