借りやすいカードローンはどこ?おすすめの消費者金融ランキング

/

借りやすい消費者金融

記事の監修者

高橋 孝治 貸金業務取扱主任者有資格者・国会議員政策担当秘書有資格者・法学博士

国家資格である、貸金業務取扱主任者の資格を保有しており金融領域に関しての専門家。金融の資格だけではなく、行政書士、特定社労士の資格も保有。多岐にわたる知見を活かしあらゆる法律を研究している。著書に『ビジネスマンのための中国労働法』(労働調査会、2015年)他多数の本も執筆。

「審査が甘い」という意味での借りやすい消費者金融は存在しない

金融機関や消費者金融が実施するカードローンを利用するためには、会社ごとに定められた「審査」を通過する必要があります。

初めての消費者金融で不安に感じている方の中には、審査が甘くて簡単に借りられる消費者金融を探してしまう人もいるでしょう。

結論、手続きの手順やスピードという面での「借りやすい消費者金融」は存在します。しかし、審査が甘い消費者金融・カードローンは存在しません。

ネット上では「〇〇社の審査は簡単だった」といった書き込みが多く見つかりますが、あくまで書き込んだ人が審査通過の基準を満たしていたにすぎないのです。

審査に通過できるかどうかは申込者の「属性情報」や「信用情報」で変わる

審査に通過できるかどうかは、消費者金融ごとの審査の難しさではなく、申込者の返済能力によって変わります。

カードローンの審査では申込者の年収や勤続年数から「属性情報」、家族構成等から「生活状況」、過去の返済履歴や金融事故歴の有無から「信用情報」の3つの評価を数値化することで合否を決定します。

少しでも早く審査に通過したいなら「審査がゆるい消費者金融」を探すのではなく、残業等で年収を上げる・今借りているローンを完済する等、スコアリング審査で高得点を取れるように私生活を見直す方が先決です。

消費者金融が銀行より審査が甘いという事実はない

「消費者金融は銀行と比べて審査が簡単で借りやすい」という書き込みや口コミをネットで見かけることがありますが、これは間違っています。

消費者金融と銀行では審査の仕組みや基準が異なっているため、一方の審査は落ちたが一方は通ったという人が居ることも事実です。かといって、消費者金融の審査の方が甘いということはありません。

以上の理由から、消費者金融は審査が楽・簡単という根拠はないと考えるべきでしょう。

カードローンの審査基準に関する担当者の見解

フタバ株式会社 貸付担当者

私たちを含めた金融機関の審査基準が非公開であるため、どこのカードローンが借りやすいかの判断は、あくまでも想定の域を出ることはありません。とはいえ、金融機関によって審査内容が異なるのも事実です。例えば、銀行カードローンは、借入するまでに1日以上の時間がかかりますが消費者金融は、即日融資が可能です。

ブラックではどの金融機関でも借りられない

過去に3ヶ月以上の返済遅延や、債務整理・自己破産を発生させた人は、個人信用情報機関に金融事故の詳細が記録されます。

これが俗に「ブラック」と呼ばれる状態です。基本的に、ブラックの人はカードローンの審査に通過することはできません。

自身がブラックかどうかを確かめることもできる

自分が信用ブラックに該当しているか分からない場合は、個人情報信用機関に問い合わせて情報を開示してもらうことで確認できます。

消費者金融が借りやすいと言われている理由

ネット上の情報を調べていくと、銀行よりも消費者金融の方が借りやすいという類の口コミを多く見かけます。実際には、「消費者金融の審査が簡単」という根拠はありません。

では、そのような口コミが広まる背景には、どんな原因があるのでしょうか。

要因としては消費者金融のスピード融資や独自のサービスが挙げられます。

銀行ではありえないスピードや利便性で借りられることが「借りやすい」という印象に繋がっているのです。

【1】審査スピードが速い

消費者金融の審査が甘いと勘違いされがちな原因として、審査に数日から1週間程度を要する銀行系カードローンに比べて審査が早いことが挙げられます。

消費者金融の審査が早く完了するのは審査が簡単だからではなく、「スコアリングシステムの採用」「警察庁データベースへの照会が不要」という明確な理由があります。

消費者金融は審査で「スコアリングシステム」を採用している

例えば「プロミス」をはじめとした大手消費者金融ではスピード審査をウリの1つにしており、最短30分で審査を終わらせることができます。

このスピード審査を実現している理由は、消費者金融が審査の際にスコアリングシステムを採用しているからです。

申込者が入力した申込み情報を点数化することによって、瞬時に合否を判定することができます。

人による審査は「申込内容に虚偽や間違いがないか」等に限定されるため、早いスピードで審査を実施できるのです。

銀行で義務づけられている警察庁への照会も不要

銀行系カードローンに数日の時間がかかる大きな原因が「警察庁への照会」です。

過去に過剰な融資や反社会的組織への融資が問題になったことで、銀行が提供するカードローンでは申込者の情報を警察庁のデータベースに照会をする決まりになっています。

この手続きに数日の時間を要するため、銀行系カードローンでは即日融資ができません。

消費者金融ではこのルールが適用されないため、最短30分で審査を終わらせることができるのです。

【2】手続きがシンプルで利便性が高い

消費者金融系のカードローンは、自社ATM以外にもあらゆる方法で融資を受けることができるほか、申し込んで1分後に振込みを完了させることもできます。

これは審査が簡単なわけではなく、銀行などの金融機関にはできないサービスを消費者金融が突き詰めていった結果です。

消費者金融における「お金が借りやすい」という意味は、審査が簡単という意味ではなく、さまざまなサービスによって思い立った時に気軽に融資を受けられる、という意味で捉えておきましょう。

最短即日での融資が可能

大手をはじめ、多くの消費者金融では「即日融資可能」を強みにしています。

プロミスやアイフル・アコムの大手3社では最短30分で審査が完了するほか、保有する銀行口座が条件に合えば申し込んで1分以内の融資も可能です。

そもそも即日での融資ができない銀行系カードローンに比べ、消費者金融が選ばれる大きな理由になっています。

審査通過の可能性を上げるための方法

消費者金融といえども、審査が甘いわけではないことがお分かり頂けたと思います。

プロミスなどの大手消費者金融では成約率(審査を申し込んだ人の内、通過して契約に至った割合)を公表していますが、3社とも50%を下回っています。
つまり、2人に1人以上の割合で審査を通過できていないのです。

そのような厳しい審査を通過するためには何を準備する必要があるのか、少しでも通過の可能性を上げる方法を紹介します。

会社の勤務期間をできるだけ長くする

カードローンの審査項目の1つである「属性情報」は、年収の高さ以外に勤続年数も重要な要素になります。

勤続年数が長いほど退職のリスクが低い=会社を辞めてお金を返せなくなるリスクが低いと判断されるからです。

勤務期間は長いほど有利

例えばスルガ銀行では公式ホームページでは「お勤め期間が3か月以上経過後のご相談をお願いいたします。」とされているため、転職直後は申し込むことができません。

消費者金融でも同様に、勤続期間は最低でも3ヶ月以上は必要と見ておいた方がいいでしょう。

明確に「〇ヶ月以上働けば審査に通過しやすい」という基準はないものの、ある程度は同じ職場で働いてから申し込むのが望ましいでしょう。

借入希望額を少なくする

年収に対して多額の借入れを希望してしまうと、返済能力が足りないと判断されて審査に通過できない可能性が高くなってしまいます。

はじめてカードローンを利用する場合は、5~10万円の少額に留めておくことをおすすめします。

他社借入額がある場合はできるだけ完済しておく

他の消費者金融にお金を借りている事実は個人信用情報機関に問い合わせればすぐに判明するため、隠しておくことは不可能です。いくつもの消費者金融からお金を借りるのは「すでに返済が困難な多重債務者である」と判断されて審査に通過できない可能性があります。

他社での借入れがすでにある場合は、完済してから新しく申し込むようにしましょう。完済できれば多重債務の状態を脱することができ、返済能力と信用を示すこともできます。

選ばれている消費者金融ランキング

はじめて消費者金融を利用される方にとっては、「どこの会社がいいのか」と不安に感じるかもしれません。

選び方がわからない場合は、シンプルに利用者の多いカードローンを選ぶのがおすすめです。具体的に言うと、「プロミス」「アイフル」といったサービスです。

3社とも「初回利用時30日間は無利息」で借りることができます。そのほか、各社とも独自サービスを打ち出しているため、自身に合ったサービスを提供する会社を選べば間違いはないでしょう。

おすすめ3位:アイフル

テレビCMでも有名なアイフルは、他の2社に負けないスピード融資を実現するためのサービスがあります。

また、女性専用のカードローンを提供していることもあり、はじめてカードローンを利用する女性の方に特におすすめできる消費者金融です。

選ばれる理由1:女性専用のフリーダイヤルを設置している

はじめてのカードローンを利用するにあたり、漠然とした不安を感じる女性は多くいます。そんな女性に寄り添うサービスを展開するのがアイフルの魅力です。

アイフルでは女性専用のカードローンとしてSuLaLiを用意しています。

24時間受付で最短30分審査、契約後30日間は金利0円と、利便性は通常のカードローンと同等で、加えてSuLaLi独自のサービスとして女性限定の専用カードと電話相談用の専用ダイヤルを用意しています。

女性オペレータに些細な質問でも気軽にできるため、カードローンに不安を感じている女性にピッタリのサービスと言えます。

選ばれる理由2:申し込み後に専用ダイヤルに電話すると優先的に審査してもらえる

アイフルのカードローンでは、プロミス・アコムと同様に最短30分で審査が終わるのが強みです。さらに、少しでも早く審査に通過したい方用のフリーダイヤルも用意されています。

申込みした後にフリーダイヤルに電話することで、優先して審査を進めてもらえます。

アイフル

金利
3.0%~18.0%
借入限度額
1万円~800万円
融資スピード
WEBなら融資まで最短25分
アイフル
  • WEB申込なら融資まで最短25分も可能
  • 初めてのお借り入れなら30日間金利がゼロ円
  • 1秒診断でお借り入れ可能か事前に知ることができる

公式サイトはこちら

おすすめ2位:アコム

「アコム」は、2020年時点で大手3社の中でもっとも利用者が多いことで知られる消費者金融です。

来店不要でインターネットだけで申込みから契約まで可能な利便性や、手数料一切なしで振込み依頼ができるなど、きめ細やかなサービスが人気を呼んでいます。

>>アコムのお申し込みはこちら

選ばれる理由1:利用者数が大手3社で最も多い

アコム最大の特徴としては、大手3社の中でも利用者数がもっとも多いことです。3社の利用者数(口座数)の推移を見てみましょう。

アコムプロミスアイフル
2020年2月1,583,4971,454,000944,000
2019年8月1,563,8871,428,000905,000
2019年2月1,530,6401,395,000871,000
2018年8月1,503,8721,365,000838,000

消費者金融の理由に不安を感じている人にとっては、もっとも多くの人が利用しているというデータは1つの安心材料になるでしょう。

選ばれる理由2:楽天銀行口座があれば24時間いつでも振込が可能

アコムの魅力の1つは、申込みをしてから約1分でお金が振り込まれる融資のスピードです。

楽天銀行の口座を持っていればメンテナンス時間を除いて24時間365日いつでも振込依頼できるうえ、振込手数料もかかりません。

アコムのATMに行く時間がないという多忙な人でも、即座にお金を借りることができます。

おすすめ1位:プロミス

大手3社の中で利便性が高いと評判なのがプロミスです。

できるだけ急ぎで融資を受けたい人、ATMにいかずに振込みでお金を受け取りたい方には最適なサービスを提供しています。

選ばれる理由1:他より最大金利が低い

プロミスの金利を見てみると、最大金利が他の2社よりも低く設定されています。

プロミスアコムアイフル
金利4.5%~17.8%3.0%~18.0%3.0%~18.0%

他の大手2社に比べて、最大金利が0.2%安いのがプロミスの特徴です。金額にどれくらいの差があるのか、10万円を30日間、最大金利で借りた場合の比較をしてみましょう。

10万円×18.0%÷365日×30日=1,479円

10万円×17.8%÷365日×30日=1,463円

上記の通り、最大金利17.8%で計算すると、16円の差が出るという結果となりました。

わずかな差ではありますが、何度も利用しているうちに大きな金額差として現れます。「1円でも安く借りたい!」「何度でもお金が必要な時に利用したい!」と思っている人はプロミスを利用するのが良いでしょう。

選ばれる理由2:初回利用時30日無料の期間が他社より有利

プロミス・アコム・アイフルの大手3社では、いずれも30日間無利息となるサービスを実施しています。

ただし、いつから30日のカウントを始めるかは各社で違いがあり、アコムとアイフルが「契約の翌日から30日」であるのに対してプロミスだけは「初回利用の翌日から30日」です。

利用して初めて日数のカウントが始まるため、すぐ借りなくても30日間の無金利期間をフルで利用できるのが魅力です。

選ばれる理由3:200以上の金融機関で24時間振込が可能

アコムと同様の即振込みサービスがありますが、プロミスはもっと多くの金融機関が使えます。

アコムは楽天銀行の口座に限って24時間365日利用可能ですが、それ以外の口座では金融機関によって融資が翌日以降になる場合があります。

プロミスの場合は「200以上」の銀行と提携しており、どの金融機関でも所定のメンテナンス時間を除いては即振込みが可能です。

振込時間も申込から最短で約10秒と、待機時間なく振込みが完了します。

プロミス

金利
4.5~17.8%
借入限度額
500万円
融資スピード
最短25分
プロミス
  • 初回借入から30日間は利息ゼロ円
  • WEBなら最短25分融資も可能
  • 2019年~2022年と4年連続でオリコン顧客満足度調査ノンバンクカードローン初回利用第1位を獲得

公式サイトはこちら

借りやすいカードローンに関する質問

  • 借りやすいカードローンはありますか?

    借りやすいカードローンは存在しません。
    なぜなら、カードローンを利用するには、それぞれの金融機関が実施する審査を通過しなければならないからです。審査では、申込者の「属性情報」「信用情報」を確認しています。

  • 属性情報とは何ですか?

    属性情報とは、「申込者の勤続年数・勤務形態・年収」を指します。
    カードローンを利用するには、「安定した収入」がなければ利用できません。つまり、勤続年数が短い方や非正規雇用の方は、安定した収入と認められにくい可能性があります。

  • 信用情報とは何ですか?

    信用情報とは、「申込者が過去に利用してきたクレジットカードやローンの申込履歴・返済履歴・滞納履歴」などを指します。
    信用情報にネガティブな情報が記録されると、ローンの新規契約は難しくなるため、注意してください。例えば、「長期滞納」「債務整理などの法的措置をおこなった」と掲載されている場合は、信用情報に問題がある状態です。

まとめ

今回は、借りやすい消費者金融=サービスが充実して利用しやすい消費者金融として「アコム」、「プロミス」「アイフル」の3社を紹介しました。

審査が甘い消費者金融は存在しないことを念頭に、自身にあったサービスを展開する会社を選ぶようにしてください。

この記事のまとめ

  • 借りやすい(審査が甘い)消費者金融は存在しない

  • 自身に合ったサービスを提供している消費者金融選びが大切

  • 女性に特化したカードローンを使うなら「アイフル」

  • 利用者がもっとも多い消費者金融を選ぶなら「アコム」

  • できるだけ早くお金を手に入れたいなら「プロミス」

監修者コメント

高橋 孝治 貸金業務取扱主任者有資格者・国会議員政策担当秘書有資格者・法学博士

借りやすくても返済の義務があることは常に念頭に

借入がしやすいと、ついつい多く借入れてしまいがちですが、あくまで「借入」です。返済の義務があることも念頭に置き、本当にその借入した金額を返済することができるのか、十分な返済計画を考えてから借入を行いましょう。

記事の編集責任者 小野原 慎也 Onohara Shinya

高校卒業後、様々な業界を経てポート株式会社へ。
数多くの金融メディアで、ライターとして1,000本以上の記事を執筆。
MONEY LEAFでは「お金に関するさまざまな知識が集まる情報ポータルサイト」として、最新の比較情報や賢く利用するためのノウハウ記事を発信している。

TOPへ戻る