2社目の消費者金融を選ぶコツ!審査対策や注意点も専門家が解説!

消費者金融 2社目

記事の監修者

小宮 崇之 CFP®(公認ファイナンシャルプランナー)、TLC(生命保険協会認定FP)、損害保険プランナー、証券外務員一種、簿記2級

信用金庫や大手保険企業などを経て、2020年に(株)コミヤ保険サービスを設立。生命保険・損害保険の代理店として、お客様の視点に立った最適なプランを提案している。保険代理店と並行してファイナンシャルプランナーとしても活動中。

HP:コミヤ保険サービス

2社目の消費者金融を検討している人は、審査が通りやすく、金利の低いサービスを検討してみましょう。消費者金融は、即日融資が可能であったり、職場への在籍確認がなかったりと、借りる側のニーズに沿ったサービスが増えています。

また、現在はローンカードがなくても、アプリから借入の申込が即時で行えるサービスもあり、利便性が高くなっています。更に、無利息サービスを設定しているところも多く、サービス期間内に返済すれば、利息の負担0円でお金を借りることもできます。

ただし、2社目の借入では審査通過のハードルが高くなるのも事実です。この記事では、2社目の消費者金融の申込における審査対策や注意点に加え、借入前にできることなども紹介していきます。

2社目の消費者金融に申込む際の注意点

2社目の消費者金融を申込む際には、いくつかの注意点があります。注意点をよく確認してから、申込を行ってください。申込後に後悔しないよう、正しく理解しておきましょう。

2社目に申込む際の注意点

  • 他社借入額を把握する

  • 住宅ローンのハードルが上がる

  • 短期間に複数の申込はしない

  • 収入証明書が必要になる場合がある

  • 返済金額が増える

他社借入額を把握する

年収の三分の一以上は貸付禁止

まず、2社目の消費者金融を利用するにあたって欠かせないのが、他社でどのくらい借りているかを把握することです。

どの消費者金融にも適用される「貸金業法」には、総量規制(年収の3分の1を超える融資を禁止)があるため、1社目で年収の3分の1近く借りている場合、審査が通らない可能性が高くなります。

一方、銀行カードローンでは、総量規制が適用されないため、年収の3分の1を超える借入も可能です。しかし、銀行側でも「貸し倒れ」や「多重債務」のリスクがあるため、実際は自主規制を行っている場合が多いですそのため、年収の3分の1を超える借入は難しいのが現状です。

貸し倒れ
取引先から売掛金や貸付金、未収入金などの回収ができなくなった場合の損失を計上する勘定科目です。今回は、「貸したお金が返ってこない」という意味で使用しています。
多重債務
消費者金融やクレジットカード会社など、複数の貸金業者から借金をしていること。

他のローンのハードルが上がる

借入金額や返済状況などの情報が、信用情報機関に提供されるため、「借入額が大きい」または「借入している企業の数が多い」と、住宅ローンやカーローンなどの審査が通りにくくなります。カードローンを複数契約しているということは、それだけ借入しやすい状況といえるため、審査においてマイナスの材料となってしまいます。

近々、他のローンを予定している人は、2社目を検討せずカードローンは1社に留めておくといいでしょう。ただ、どうしても2社目の消費者金融を利用したい人は、他のローン借入後に検討してみてください。

短期間に複数の申込はしない

短期間に複数の金融機関に借入を申込むと信用度が落ち、審査に通りにくくなります。申込の履歴は6カ月登録されているため、滑り止めを目的とした複数社への申込はやめておきましょう。

それは、一定期間内に複数の申込をしてしまうと、審査の際に申込の履歴から「金銭的に焦っている」と判断されてしまいます。複数の申込をする場合には、6カ月以上経ってから申込むようにしておきましょう。

収入証明書が必要になる場合がある

「貸金業法」では、新規申込時の希望限度額が50万円超になる場合や、1社目と合わせて利用限度額の総額が100万円超になる場合は、収入証明書を提出しなければいけません。収入証明書としては、以下のいずれかの書類を用意すればよいので、事前に準備しておきましょう。

収入証明書の一例

  1. 源泉徴収票

    直近の期間に係るもの

  2. 支払調書

    直近の期間に係るもの

  3. 給与の支払明細書

    直近の2カ月分以上もの。ただし地方税額の記載があれば1カ月分のもので可。

  4. 確定申告書

    直近の期間に係るもの

  5. 青色申告決算書

    直近の期間に係るもの

  6. 収支内訳書

    直近の期間に係るもの

  7. 納税通知書

    直近の期間に係るもの

  8. 納税証明書

  9. 所得証明書

    直近の期間に係るもの

  10. 年金証書

  11. 年金通知書

    直近の期間に係るもの

上記4から9の書類については、複数年分の事業所得を用いて年収を算出する場合には、その複数年分の書類が必要となります。

実際に必要な収入証明書は、申込先によって異なる場合があります。申込前に確認をしておきましょう。

返済金額が増える

2社の消費者金融を利用すると、月々の返済金額が大きくなるリスクがあることも知っておきましょう。なぜなら、消費者金融では、借入額に応じて月々の返済金額が決まる仕組みとなっているからです。

例えば、少額の借入でも一定の返済額が必要になるため、合計すると1社で借入しているよりも、返済額が大きくなってしまうのです。

2社目の消費者金融を利用される場合には、返済の目処・計画・返済日を確認し、把握しておきましょう。具体的には、スケジュールを管理しているカレンダーなどに、各返済日にいくらの返済があるかなどを記録しておくと忘れにくいです。

返済が遅れるとさらに金額が増える

返済が遅れると遅延損害金が発生し、返済額がさらに大きくなってしまいます。さらに、信用情報にも悪影響がでるため、今後の消費者金融の利用ができなくなる可能性も考えられます。

返済の遅れは絶対にないように注意しておきましょう。

2社目に選ぶ消費者金融の基準とは?

2社目に選ぶ消費者金融はどのように選ぶのか、判断基準の参考になるデータを紹介します。各社のデータを確認していただき、ご自身にとって、相性の良い消費者金融を選定していきましょう。

2社目に選ぶ消費者金融の判断基準

  • 成約率を参考にする

  • 無利息期間が設定されている

  • 金利が低めに設定されている

  • 在籍確認の方法で選ぶ

成約率を参考にする

不安な人のカードローンの選び方

消費者金融各社は、IR情報として成約率を公表しています。2社目の消費者金融を検討するために参考となる1つの指標です。

成約率
カードローンの新規申込者のうち、審査に通過した人の割合を示す数字です。金融機関によっては、審査通過率、新規貸付率など呼称が変わります。
成約率で100人の時

例えば、大手消費者金融のプロミスの成約率は2022年4月時点で37.1%でした。

ちなみに、「成約率が高い=審査が通りやすい」でないため、注意しておきましょう。あくまで参考程度とし、まずはご自身の信用情報に問題ないかを、日ごろから意識してみてください。例えば、クレジットカードの支払日に遅延しないようにするなど、身近なことからできる金銭管理をしておくことが大事です。

無利息期間が設定されている

無利息
無利息期間
一部の金融機関が初回の利用者限定で提供しているサービスです。設定された期間内は利息が発生しません。

無利息期間を利用すると、消費者金融と比較して低金利な銀行カードローンより、結果的に支払総額が少なく済む場合があります

消費者金融無利息期間
プロミス初回借入の翌日から30日間
アイフル契約の翌日から30日間
レイクALSAいずれかを選択
60日(契約額1万から200万まで)
180日(契約額5万まで)
SMBCモビットなし
アコム契約の翌日から30日間

消費者金融によって設定期間が異なりますが、概ね30日以上がほとんどです。ただし、無利息期間は初回限定の1回限りとなっている場合が多く、いわばボーナスのようなものです。継続してカードローンを使用し返済期間が長期になる場合は、無利息期間の有無よりも金利が低く設定されている借入先を選ぶほうが得策です。結果的に総返済額(元本及び利息)を抑えることにつながるからです。

とはいえ、無路側期間は短期間で返済が可能な人には魅力的なサービスですので、検討材料の一つとして参考にしてみてください。

金利が低めに設定されている

2社目の返済は長期間に及ぶ可能性が高いため、金利(実質年利)が低く設定されていると、返済総額を抑えられます。

消費者金融金利(実質年利)
プロミス4.5%~17.8%
アイフル3.0%~18.0%
レイクALSA4.5%~18.0%
SMBCモビット3.0%~18.0%
アコム3.0%~18.0%

ここで注目する箇所は上限金利です。消費者金融の場合はおおよそ18.0%程度に設定されています。契約間もないうちは、まだ取引の履歴がないこともあり、金利を法定上限に設定する場合が多いです。例えば、100万円以下であれば上限金利は18.0%になり、消費者金融の上限金利と同じです。

上限金利は以下のように、利息制限法により定められています。

利息制限法

そのため、少しでも金利の低い消費者金融を検討してみましょう。ただし、金利が低く設定されている場合は、審査が厳しくなる傾向があるため注意が必要です。

在籍確認の方法で選ぶ

職場への電話連絡を回避する方法

2社目の消費者金融を検討する場合、当然ながら在籍確認が行われます。その際、職場への電話連絡がなければ、誰にも知られずに借入することが可能です。ただ、在籍確認の方法は、勤務先への電話連絡が一般的です。

以下に紹介する一部の消費者金融では、電話連絡以外の方法で在籍確認を行ってくれます。

消費者金融在籍確認の方法
プロミス原則として電話連絡なし※
アイフル原則として電話連絡なし※
レイクALSA電話連絡
(申込後に相談できる場合あり)
SMBCモビットWEB完結申込なら電話確認なし
アコム電話連絡
(申込後に相談できる場合あり)

審査状況により電話連絡をする場合があります。その際は、お客様のプライバシーに配慮し、担当者個人名で連絡します。

在籍確認は法律上必ず行いますが、その確認方法に決まりはなく各社が自由に設定できます。

アイフルプロミスは原則として電話連絡がなく、SMBCモビットの場合はWEB完結申込なら電話確認もありません。他の消費者金融でも電話で相談に乗ってくれたり書類での在籍確認を行ったりなど、柔軟な対応が増えています。消費者金融の利用をできるだけ知られたくない人にとっては、便利なサービスが増えているといえるでしょう。

2社目の消費者金融を申込む前に検討すべきこと

実際に、2社目の消費者金融を申込む前に再度、資金をつくるためにできることがないか確認しておきましょう。

2社目に申込む前に検討すべきこと

  • ほかの方法で資金をつくる

  • 現在の借入先で増額申請をする

  • 借換えやおまとめローンに申込む

  • 返済計画を立てる

ほかの方法で資金をつくる

他の方法で資金を用意できないか検討してみましょう。

可能であれば、一過性に行うのではなく、継続可能な方法を検討してみてください。例えば、昨今は副業を解禁する企業が増えており、収入を増やすうえで選択肢も拡がっています。

借換えローンを検討する

2社目の消費者金融を検討する前に、借換えローンが利用できないか検討してみましょう。

借換えローン
新たにカードローンを契約し、その借りたお金で現在契約中のカードローンを清算すること。一般的には現在よりも金利が低いカードローンを契約する場合が多い。

借換え後は、金利が低くなるため、総返済額が減らせる可能性があります。また、返済日や毎月の返済額など金銭管理の負担を減らすことができます。ちなみに、借換えの場合には、一定の条件を満たすと総量規制が適用にならないケースもあるため、返済が苦しいと感じている人は一度検討してみても良いでしょう。

返済計画を立てる

どうしても2社目の借入が必要なのであれば、必ず返済していけるように、計画を立ててから借入することをおすすめします。

毎月の収入から月の固定費(家賃、光熱費など毎月必ずかかるお金)や、変動費(食費などの生活費や交際費など毎月変わるお金)を引いた金額から、返済に充てていくことになるはずです。まずは、その額がいくらなのか把握しましょう。そして、しっかり管理していくことが大切です。

月の収入を急に増やすことは難しいため、支出を管理することを優先して行うといいでしょう。返済金額が残るように、毎月の支出をコントロールすることで、返済の遅延を防ぐことができます。どうしても自分で管理できないという人は、FPをはじめとした専門家に一度相談してみるのもひとつの方法です。

よくある質問

  • 2社目の消費者金融を契約すると多重債務者になりますか?

    複数の借入だけでは多重債務者とは判定しません。多重債務者とは、複数の金融機関からお金を借りており、その返済に苦しんでいる状態の人を指します。もしも、返済が苦しくなった場合は、多重債務者となるため、弁護士や行政書士などの専門家に相談をしましょう。

  • 2社目の審査に落ちた場合はどうしたらいいですか?

    他の方法でお金を工面しましょう。記事内でも紹介しているとおり、お金を工面する方法は借りる以外にもあります。もしも、借りる選択しかない場合でも、決して闇金に手を出すことはないようにしましょう。金銭的にも、精神的にも苦しくなるためです。

まとめ

最後に、ここまでお伝えしてきた内容を一覧表にしてみました。2社目の消費者金融を検討する際には、再度こちらの内容を確認していただき、ぜひ参考にしてください。

消費者金融審査通過率無利息期間実質年利電話での在籍確認
プロミス37.1%初回借入の翌日からから30日4.5%~17.8%電話確認なし
アイフル29.4%契約の翌日から30日3.0%~18.0%原則電話確認なし
レイクALSA36.1%いずれかを選択
60日(契約額1万から200万まで)
180日(契約額5万まで)
4.5%~18.0%電話確認あり
SMBCモビット37.1%なし3.0%~18.0%WEB完結なら電話確認なし
アコム37.1%契約の翌日から30日3.0%~18.0%電話確認あり

審査の状況によって電話連絡をする場合もあります。

2社目の消費者金融を選ぶうえで、重要なのはやはり金利(実質年利)です。もしも、2社目の消費者金融で契約できたならば、1社目と併用して返済を行うため、利息をおさえる必要があるためです。他にも、無利息期間や在籍確認の方法など、ご自身の希望する条件と合致するところを探してみましょう。

注意したい点としては、複数の消費者金融の利用をすると、返済日がそれぞれ違うため、管理が大変になることです。また、返済金額が1社で借入するよりも増加するリスクがあることを覚えておきましょう。

監修者コメント

小宮 崇之 CFP®(公認ファイナンシャルプランナー)、TLC(生命保険協会認定FP)、損害保険プランナー、証券外務員一種、簿記2級

2社目の消費者金融は、なるべく避けたほうがよいでしょう。

返済日の管理が大変になったり、返済金額が増えたりするケースがあるからです。ただし、いま利用している消費者金融の金利や、使い勝手が悪いといった理由から、借換えを前提に考えるのであれば、メリットもあります。
大切なのは「闇雲に借入先を増やさないこと」。返済遅延のリスクにもつながるため、安易な借入はおすすめできません。返済を遅延すると、消費者金融から約束を守れない人と判断され、今後、追加の借入や、借換えができなくなるリスクをはらんでいるからです。まずは、いまの借入先よりも金利などの条件がよい会社であるかを確認し、借換えすることを前提に比較検討していきましょう。

記事の編集責任者 小野原 慎也 Onohara Shinya

高校卒業後、様々な業界を経てポート株式会社へ。
数多くの金融メディアで、ライターとして1,000本以上の記事を執筆。
MONEY LEAFでは「お金に関するさまざまな知識が集まる情報ポータルサイト」として、最新の比較情報や賢く利用するためのノウハウ記事を発信している。

TOPへ戻る