プロミスの審査に落ちた理由とは?原因と対処法を解説

プロミスの審査に落ちた理由

記事の監修者

高橋 孝治 貸金業務取扱主任者有資格者・国会議員政策担当秘書有資格者・法学博士

国家資格である、貸金業務取扱主任者の資格を保有しており金融領域に関しての専門家。金融の資格だけではなく、行政書士、特定社労士の資格も保有。多岐にわたる知見を活かしあらゆる法律を研究している。著書に『ビジネスマンのための中国労働法』(労働調査会、2015年)他多数の本も執筆。

どうしてもお金が必要でプロミスに申込みしたのに、審査に落ちてしまった。そういった方は、なぜ落ちたのか、理由がわからず不安になっているのではないでしょうか?

残念ながら、プロミスから理由を聞くことはできません。

なぜなら、落ちた理由を伝えることはブラックボックスである「審査基準」を明かすことに繋がり、不正申込のリスクを招くからです。

とはいえ、理由がわからないままでは、この先どうしたらいいかもわからず不安が解消できないことも事実です。この記事で、予想される審査落ちの原因と、今後の対処についてアドバイスしますので、ぜひご覧ください。

プロミスの審査に落ちる原因は3つ

冒頭でお伝えした通り、審査に落ちる明確な理由を知ることはできません。

しかし、カードローンの審査というものは、どれも「返済能力を確認する」という軸で行われているため、ある程度は落ちる原因を予想できます。

返済能力とは

月々どれくらいのお金を返済に充てる余裕があるのかを数値化したもので、収入状況や他社借入状況、信用情報の状態などを参考に確認されています。

原因1.安定した収入がない

プロミスの審査に通るためには、毎月一定の収入を得ている必要があります。ポイントは、収入額そのものより「安定しているかどうか」が確認されているということ。

安定性が重視されている理由は、プロミスから借入すると月1回以上のペースで返済していく必要があるからです。

月々の収入が安定していないと、あるとき突然返済ができなくなるリスクがあるとみなされて、審査に落ちてしまうのです。

この点は、職種や会社規模、雇用形態などから総合的に判断されています。例えば、以下のような方ですと、審査で不利になる可能性があります。

  • 収入源が単発のアルバイトのみ

    連続性がないと、安定性が低いとみなされて不利となります。

  • 企業に所属せずフリーランスとして働いている

    案件の継続性にもよりますが、前年度の収入状況によっては不利になるケースがあります。

  • 動画投稿・アーティスト活動などにより生計を立てている

    企業に所属して最低限の収入が担保されている場合を除き、一定の収入を確保できていないと不利になります

無職だと申込そのものができない

そもぞも収入がない方については、申込条件を満たせないために審査を受けること自体ができません。

注意すべきは、専業主婦の方もカードローンの申込において「無職」と扱われる、ということです。

プロミスを含む消費者金融は、「個人的に安定した収入を得ている人」でないと審査が通らないため、同居人やパートナーの収入状況は関係ないという点にご注意ください。

原因2.プロミス以外からの借入金額が多すぎる

前提として、消費者金融は利用者の年収の3分の1を超える融資ができません。
これは、「総量規制」という法制度で定められているからです。

そのため、すでに他社のカードローンやクレジットカードのキャッシングを利用している方については、借入金額次第でプロミスの審査に落ちてしまう可能性があります。

例えば、年収300万円の方が、年収の3分の1にあたる100万円近い借入をしているとします。この場合、プロミスはそれ以上の融資をする余地がないため、審査にも通らないのです。

関係するのは「貸金業者からの借入」のみ

総量規制というルールは、「貸金業者(消費者金融やクレジットカード会社など)が提供する融資サービス」のみが対象となっています。

そのため、「融資サービス」に該当しないクレジットカードのショッピング利用額(リボ払い残高も含む)や、「貸金業者」に該当しない銀行からの借入は関係しません。

原因3.信用情報がブラックになっている

俗に言われる「ブラック」とは、金融関連のトラブルを起こしてしまい、それが信用情報に記録されていることで審査が通らなくなっている状態を指します。

ブラックになっている方は、あらゆる金融機関から信用を得ることが難しくなっているため、プロミスの審査にも落ちてしまいます。

では、何をすると「ブラック」になるのか?一般的には、以下のようなトラブルがブラックの原因になるとされています。

  • 3ヶ月以上連続した返済遅延

    カードローンやクレジットカードの支払いに長期間遅延している方は、返済意思がないとみなされ、審査が通りにくくなります。

  • 債務整理

    任意整理や自己破産などを行い、通常通りの返済ができなかった方も、審査が通りにくくなります。

ブラック状態は解約後5年間続く

信用情報は、1度ブラックになったら二度と改善されないわけではありません。しかし、それには長い時間がかかります。

生じたトラブルによって具体的な期間に違いがありますが、基本的に「トラブルを起こした金融機関との契約が終了してから5年間」はブラックが続くと考えてください。

例えば、クレジットカードの支払いを3ヶ月連続で遅延した場合、清算してカードを解約してから5年経過しない限り、ブラックは解消されません。

ブラック化した信用情報は解約後5ねん経過しないと回復しない

しばらくプロミスへの再申込みはNG

審査に落ちたということは、プロミスの審査基準を満たせなかったということ。審査基準は、そう簡単に変更されることがありません。

そのため、現在の収入状況や他社借入状況、信用情報の改善が見られない限り、何度申込しても結果は変わらないでしょう。再申込みするなら、ご自身の状況が改善されてからにしましょう。

3ヶ月間は即審査落ちとなる

もし、転職のようなタイミングで収入状況に急激な変化があったとしても、審査落ち後3ヶ月間は再申込みを控えたほうが良いでしょう。申込みしたとしても、即審査落ちとなる可能性が高いです。

前提として、カードローンの審査にはある程度の費用がかかります。
そして、審査落ちの原因となるネガティブな情報というのは、一般的に短期間に改善することは難しいものばかりです。

そのため、一部の金融機関は、一定期間は1度否決した方について再審査しても同じ結果を出すのです。プロミスもそうであるとは限りませんが、少なくとも他に目を向けたほうが良いでしょう。

審査に落ちたがカードローンが必要な方の対処法

プロミスの審査には落ちてしまったが、どうしてもカードローンが必要だ。そういった方については、他カードローンへの新規申込みを検討してみてはいかがでしょうか。

カードローンの審査基準は各社で異なる

カードローンの審査基準というものは、金融機関が個別に設定しており、それぞれ違いや差があります。そのため、同じ人が申込みしたとしても、結果まで同じになるとは限りません。

審査基準そのものを公開している金融機関は無いため、具体的にどのカードローンなら審査が通るのかはわかりませんが、プロミスの審査に落ちたからといって他でも借りられないと決まったわけではないのです。

不安な方は借入診断のお試しを

大手のカードローン会社であれば、基本的に公式サイトで「借入診断ページ」を用意しています。
これは、年収や他社借入金額などから「借入できる可能性の有無」を簡易的に診断するツールで、無料で利用できます。

もちろん、診断結果がポジティブだったとしても、100%審査に通るとは言い切れませんが、参考にはなるでしょう。

不安な方は、ぜひ各社の借入診断を試したうえで、申込を検討してみてください。

アイフル

金利
3.0%~18.0%
借入限度額
1万円~800万円
融資スピード
WEBなら融資まで最短25分
アイフル
  • WEB申込なら融資まで最短25分も可能
  • 初めてのお借り入れなら30日間金利がゼロ円
  • 1秒診断でお借り入れ可能か事前に知れる

公式サイトはこちら

SMBCモビット

金利
3.0~18.0%
借入限度額
800万円
融資スピード
最短即日融資可能
SMBCモビット
  • 10秒簡易審査で事前審査可能
  • WEB完結申込で電話連絡&郵送物なし
  • モビットアプリを使えばカードレスで利用可

申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

公式サイトはこちら

【アンケート結果】銀行や消費者金融の審査に落ちた経験のある方

銀行や消費者金融の審査に落ちた方がお金を用意するために、どのようなな対応をしたのかアンケートを取りましたので、以下に紹介します。

お金 借りられない

調査期間:2022/05/20~2022/05/25
調査方法:インターネット
リサーチ実施:ポート株式会社

30代・パート、アルバイト【回答:他の金融機関に申込をした】

どうしても近日中に、お金が必要だったので、借りれそうな所をサイトで検索して消費者金融に申し込みしました。
色々検索して、借りられそうかもという所を見つけたので、ダメ元でもう一度審査の申し込みをしました。

30代・会社員【回答:友人や家族に借りた】

この月さえ乗り越えれば給料が入るのですが無収入になってしまい、今すぐにでも支払いがあったので家族に事情を話してお金を借りました。金融機関は利子があったりとかかりますけど家族はしっかりお金が入る時に返してくれればいいと言って返済も待ってくれました。

20代・パート、アルバイト【回答:諦めた】

働いて稼いで、また貯めてから欲しいものを買おうと決意したため、相談した上で、諦めました。でも諦めて良かったなと今では思っています。もし借りて買ったとしたら、きっと今頃後悔しているんだろうなと思ってます。

まとめ

今回は、プロミスの審査に落ちてしまう3つの原因と、再申込みは控えたほうが良いことについて解説し、代替案として他カードローンへの申込をご提案しました。

一言にまとめると、プロミスの審査は「返済能力があると認められた人」だけが通過できます。
しかし、判断基準は金融機関によって異なるため、プロミスで審査落ちしたからといって他でも借りられないと決まったわけではありません。

審査に落ちた方は焦りも大きいかと思いますが、まずは落ち着いてご自身の状況を振り返り、改めて返済計画を考えたうえで他社申込を検討してみてください。

監修者コメント

高橋 孝治 貸金業務取扱主任者有資格者・国会議員政策担当秘書有資格者・法学博士

審査に落ちないためにも信頼できる行動を

審査基準は非公開ながら存在していますが、一言で言えば返済能力に信頼が置けるか、という点が審査基準となっているはずです。審査に通過するためには、(金銭面も含めて)十分に信頼が置けるような行動をすることが重要です。

記事の編集責任者 小野原 慎也 Onohara Shinya

高校卒業後、様々な業界を経てポート株式会社へ。
数多くの金融メディアで、ライターとして1,000本以上の記事を執筆。
MONEY LEAFでは「お金に関するさまざまな知識が集まる情報ポータルサイト」として、最新の比較情報や賢く利用するためのノウハウ記事を発信している。

TOPへ戻る