キャッシング審査が甘い即日借りられる会社とは

キャッシング審査甘い

どうしてもお金を借りなければいけない状況で、「審査に通るか不安」「審査の甘い金融機関はないのか」と考える方もいるのではないでしょうか。

結論、どのようなキャッシングサービスも「申込者の返済能力」を判断するため厳正な審査を行っています。したがって審査甘く行う金融機関はないといってよいでしょう

一般的なキャッシングサービスの審査で重要視されている点や、スムーズに通過するため事前把握しておくべきべきポイントまで、わかりやすく解説します。

キャッシング審査が甘い会社はない

キャッシング審査が甘い会社はない

前提として、即日融資の可否とは関係なく、審査が甘いカードローンは存在しません。

カードローンなどのキャッシングサービスを取り扱う貸金業者は、貸金業法という法律に則って融資する必要があります。

貸金業法とは
貸金業法は、返済能力を超える借り入れの結果、多重債務者が増加するという社会問題を背景に、2010年に改正施行され、その際返済能力の調査義務が義務付けられました。

貸金業者は、申込者の収入などを審査し、返済能力を判断しなければ貸付を行うことができません。つまり、審査を甘く行う金融機関は存在しないのです。

キャッシング審査が甘い会社がないといえる理由は、主に以下の3つです。

  • 返済能力の調査義務がある

  • 返済能力を超える貸付けは禁止されている

  • 審査が甘いなどの表示は禁止されている

返済能力を調査する義務がある

貸金業法第13条により、貸金業者は個人に貸付の契約を締結しようとする場合、返済能力に関する事項の調査が義務づけられています。

申込者の返済能力の調査にあたっては、指定信用情報機関の信用情報を使用しなければなりません。

信用情報とは、融資の可否を判断するための指標となるデータで、主に以下のような内容が登録されています。

  • 各種キャッシングサービスの申込履歴

  • 各種キャッシングサービスの契約内容・支払状況・残高など

  • 長期延滞や債務整理などの金融トラブル

上記のような情報を保管しているのは、以下3つの指定信用情報機関です。

3つの信用情報機関は連携している

また、貸金業法第13条3項により、年収など「収入を証明する書類」の資料を取得し、返済能力を調査する必要があるのは以下の場合です。

  • 自社の借入残高が50万円を超える貸付け

  • 他社を含め個人の総借入残高が100万円超となる貸付け

このように、どの金融機関も返済能力の調査を避けることはできず、キャッシングの審査が甘くなることは絶対にないのです。

返済能力を超える貸付けの禁止

貸金業法第13条2項において、貸金業者は過剰な貸付を防止するため、返済能力を超える貸付を禁止されています。

原則として、貸金業者が個人融資できる上限は「年収の3分の1まで」です。

年収の三分の一以上は貸付禁止

例えば、年収300万円の人が借入できる総額は最大100万円となります。

これは総量規制というルールに基づいており、複数の貸金業者から借りている場合、全ての貸金業者からの借入の合計が年収の3分の1以内であることが必要です。

また、借入残高(借入れできる総額)が年収の3分の1を超えているかどうかの判断についてですが、貸金業者は以下のとおり行っています。

借入残高の把握

  • 指定信用情報機関を利用し、借り手の借入残高を把握します。

年収の把握

  • 自社の借入残高が50万円を超える貸付

    「源泉徴収票」「給与明細書」などの収入を証明する書類で年収を把握します。

  • 他社を含め個人の総借入残高が100万円超となる貸付

    「源泉徴収票」「給与明細書」などの収入を証明する書類で年収を把握します。

  • 上記以外の貸付け

    申込者の申告した年収に基づいて判断します。

このように、貸金業者は申込者の情報から基準を満たしているか、返済する余力があるかを確認し、融資の可否を厳正に判断しています。

審査が甘いなどの表示は禁止されている

貸金業法第16条では、借入が容易であると過度に強調することにより、お金を借りる人の借入意欲をそそるような表示又は説明が禁止されています。

従って、以下のような簡単に融資できると思わせるような表現をしている貸金業者は、違法業者の可能性がありますので絶対に利用しないでください。

  • ブラックOK

  • 審査なし

  • 簡単審査

上記はほんの一例ですが、「審査が甘い」と謳う貸金業者は法律遵守をしている適法な業者とはいえません。

上記のような点からも、審査が甘い正規の貸金業者はないといってよいでしょう。

違法業者かどうか事前に判断できる

多額の借り入れがあったり、信用情報に不安があったりすると、「審査なし」「ブラックOK」という言葉につられてしまうケースもあるでしょう。

しかし、法外な高金利を請求しされたり、精神的に追い詰める取立てを行ったりする業者もありますので、違法業者からは絶対に借りないでください。

例えば、借入契約の前に以下サイトで財務局長又は都道府県知事の登録を受けている業者かどうか確認するようにしましょう。

登録業者か登録業者でないかは、登録貸金業者情報検索入力ページで検索できます。

また、金融庁は違法な闇金業者に関する情報も公開しているので、そちらもご参考ください。

キャッシング審査通過率の不安は公式サイトの確認で解消

成約率を指標にするのも選択肢のひとつ

キャッシングの審査は決して甘くないと聞くと、「審査に通過するだろうか」「そもそも通過基準が高すぎるのでは」といった不安を持つ方も多いでしょう。

そういった審査に対する不安は、金融機関の公式サイト内にあるデータを活用することで一定解消可能です。

IR情報として公表している成約率を確認する

一部の金融機関は、IR情報として「成約率」を公開しています。

成約率とは
成約率とは、新規申込者のうち、契約にまで至った人の割合です。

主にカードローンを取り扱う消費者金融の多くが、上記のようなデータを公表しているため、目安のひとつとして参考になるかもしれません。

一例として、大手消費者金融のひとつであるアイフルの成約率についてまとめました。

2021年10月2021年11月2021年12月2022年1月
31.1%32.0%30.2%29.4%

参照:アイフルマンスリーデータ

上記のように、アイフルの成約率は直近30%前後で推移していることが分かります。

成約率が高い=審査が甘いという訳ではありませんが、審査に対して不安を抱えている方にとって指標のひとつにはなるでしょう。

申込前に簡易診断を受けてみる

すべての金融機関に該当するわけではありませんが、申込前に借入できるかどうかを簡易的に判断してもらえるケースもあります。

一般的な簡易診断サービスは、以下のような少ない項目で診断してくれるため便利です。

簡易診断サービスの入力項目例

  • 年齢

  • 年収

  • 他社借入状況

正式な審査を受けてみなければ正確な融資の可否はわかりませんが、借入できるか不安を抱えている方は、申込前に簡易診断サービスを活用してみてください。

実際のキャッシング審査の審査基準

キャッシング審査の基準は把握できない

キャッシング審査の正確な通過基準は、各社公表していないため把握することはできません。

しかし、審査で重要視されているポイントはある程度予測可能です。

一例として、一般的な消費者金融の審査では「スコアリングシステム」を採用しており、申込情報をもとに点数化しています。

スコアリング項目例

  • 申込者の属性

  • 個人の信用情報

上記のような項目をスコアリングし、規定点数を超えた人が審査を通過できる仕組みになっています。

つまり、申込条件や入力項目などをもとに重要項目を一定想定できるという訳です。

申込条件を満たしているか

一般的なキャッシングサービスの申込条件は、以下2つです。

  • 年齢条件を満たしている

    申込時の年齢が満20歳以上69歳まで等

  • 安定した収入がある

    定期的に一定の収入を得ている状態

まず、上記条件を満たしていなければ、審査を通過できません。

信用情報の金融事故情報

信用情報とは、クレジットやローンなどの返済や支払、利用残高などの履歴です。

クレジットカードで引き落としできなかったり、カードローンの返済が遅れたりすると信用情報に記録されます。

信用情報に一定期間記録されてしまうような大きな金融トラブルを起こしている場合、審査を通過できません。

審査落ちに繋がる金融トラブル例

  • 長期延滞

    2~3ヵ月以上の滞納行為

  • キャッシングサービスの強制解約

    クレジットカードやカードローンなど

  • 債務整理

    主に任意整理・民事再生・自己破産の3つ

信用情報は一定期間保管され、期間が経過すると消えます。事故情報と登録期間は以下のとおりです。

金融事故の種類内容登録期間
長期延滞2~3ヵ月以上の延滞5年
強制解約クレジットカード会社の判断による強制的な解約5年
債務整理任意整理、自己破産など5年~10年
代位弁済保証会社などの第三者が代わりに返済5年

信用情報に傷がある場合は、「これ以上支払いの滞納をしない」「複数のカードローンの申込みをしない」など、無計画なお金の使い方をしないようにし、信用情報が回復してから融資の申し込みをするようにしましょう。

申込フォームから見るキャッシングの審査項目

スムーズに審査を通過するポイント

一般的に一般的に申込フォームで入力する項目は以下のとおりです。

  • お客様情報

    (氏名、年齢、性別、既婚・未婚の別、扶養家族の有無など)

  • 自宅情報

    (マンション・戸建て・社宅などの種別、住宅ローン・家賃負担の有無)

  • 家族情報

    (世帯主であるか否か、家族との同居の有無)

  • 勤め先情報

    (会社名、会社の規模所属部署、職種、雇用形態、年収、給料日など)

  • 他社借り入れ状況

    (銀行カードローン、住宅ローン、自動車ローンなどを除いた、キャッシングやカードローンのお借入状況)

  • 希望極度額

    (カードの利用上限額)

入力したすべての情報が審査の判断材料ですが、なかでも、職業や勤続年数、年収は、安定した収入があるか、返済能力があるのかの重要な判断に使われます。

安定した収入があるか

各種キャッシングサービスの申込条件を見ると、ほぼすべてに「安定した収入」について記載されています。

なぜなら、金融機関は貸し倒れすることなく確実に返済してもらう必要があるからです。

この「安定した収入」とは、単に年収の多さを求めているのではありません。

もちろん年収が多いのはよいことですが、「毎月収入が安定して入ってくるか」つまり「毎月借りたお金を返していけるだけの収入を安定して得ているか」が重視されます。

いくら収入が多くても、以下のように収入に安定性がない場合、キャッシング審査の通過は難しいでしょう。

  • 給与が完全歩合制で変動が大きい

  • 契約形態形態が日雇である

逆に、収入が少なくても、安定した企業に長年勤めているような場合は、今後も継続して給与が得られ、「安定した収入」があると判断されるでしょう。

ただし、収入が少ないと、借入限度額も少なくなりますので注意してください。

他社借入状況

他ステータスにもよりますが、すでに他社からの借入がある場合、審査で不利になります。

他社の借入件数が多い人は、返済が滞ってしまう可能性があるため「無理なく返済してもらうのは難しい」と判断されやすいためです。

また、他社借入の金額は、さきほどご説明した総量規制にも関わります。他社からの借入額と希望融資額の合計が年収の3分の1を超えてしまう場合、総量規制によって借り入れできないので注意しましょう。

ただし、以下は他社借入として算入せず、総量規制の対象外です。

  • 住宅ローンや自動車ローン

  • 銀行からの借入(銀行カードローン)

  • クレジットカードのショッピング枠

以下記事にてさらに詳細を解説しておりますので、気になる方はご参照ください。

キャッシング審査で落ちてしまう理由

キャッシング審査で重要な項目をいくつか解説しましたが、もちろん審査落ちしてしまうケースもあります。

審査落ちしてしまう主な理由としては、主に以下4つです。

  1. 総量規制の影響を受けている

    すでに他社借り入れが年収の3分の1近くある

  2. 申込ブラックになっている

    複数の会社に申し込みをしている

  3. 信用情報に問題がある

    過去の金融取引において何らかのトラブルを起こしている

  4. 希望借入額が高すぎる

    申込者のステータスと、希望借入額のバランスが取れていない

総量規制の影響を受けている

他社借入があっても、年収が高く総量規制に引っかかっていなければカードローン審査に通る可能性はありますが、やはり不利になりやすいです。

収入対比の過剰な借入がある場合、審査に通りにくくなってしまうでしょう。

総量規制

たとえば、年収300万円の人の借入れ総額は100万円までですが、他社ですでに100万近くの借入れがあれば、貸付してもらえません。

他社借入額があまりにも大きい、件数が多い場合は総量規制に抵触したり、返済能力に問題があるとみなされたりするためご注意ください。

申込ブラックになっている

信用情報に記録される内容には、キャッシングサービスの申込履歴も含まれます。申込履歴は、少なくとも6ヶ月間は記録される仕組みです。

短期間に複数社のキャッシングサービスに申込みをすると、「現状かなりお金に相当困っている」と判断されてしまう可能性もあります。

このように、短期間に複数の金融機関に申し込みを行い、審査に通りにくくなっている状態を「申込ブラック」と呼ばれているので、複数社ではなく1サービスに絞って申し込むようにしてください。

信用情報に問題がある

先ほどご説明したように、金融機関は信用情報機関に登録されたデータも参考に、融資の可否を判断しています。

例えば、2~3ヵ月以上の延滞や債務整理など、大きな金融トラブルを起こしていればほぼ審査には通過しません。

大きな金融トラブルがなかったとしても、ローンやキャッシング等の残高不足や延滞の履歴が複数記録されている場合「支払いに対してルーズな人」「返済に計画性がない」「そもそも返済する意思がないのでは」と判断されかねません。

  • 銀行やクレジットカード、キャッシングなどの利用でお金を借り、返済がされない

  • クレジットカードの引き落とし日に、残高不足で支払いができない

上記のような短期的な金融トラブルでも、審査では不利に働くのでご注意ください。

希望借入額が高すぎる

前提として、キャッシングサービスに申込みする際、希望借入額を申込フォームに入力します。

この希望借入額が年収の3分の1を超えている場合は、総量規制により審査を通過できません。

申込みを行う際は、借入希望額をあまり高く設定せず、必要最低限の金額を入力しましょう。

キャッシング審査を即日スムーズに通過するポイント

ここからは、即日キャッシングをスムーズに行うためのポイントについて説明します。

年収や勤務先、勤続年数、信用情報に登録されている過去のローンやクレジットなどの利用履歴などの要素はすぐに変えられません。

とはいえ、審査落ちしないためにできる対策はあります。

キャッシングまでの流れは、以下のようなフローが一般的です。

  1. WEBや電話などから申込

  2. 簡易的な仮審査を実施後、メールなどで事前審査通過の連絡

  3. 必要書類を提出

  4. 書類チェックや在籍確認などの本審査

  5. 問題なければ契約手続き

  6. キャッシング開始

手続きの大まかな流れを事前に把握し、各所スムーズに通過できるよう準備しましょう。

申込書類に不備がないように準備する

申込書類に不備があったり、申告内容と提出書類の内容が異なる場合、審査に時間がかかるor最悪のケースでは落ちてしまいます。

多くのキャッシングサービスで共通する必要書類は、以下の通りです。

必要書類詳細
本人確認書類12・運転免許証(表・裏)
・保険証(表・裏)
・パスポート(写真・住所記載部分)
・マイナンバーカード(表のみ)
収入証明書類3
・50万円を超えるご契約を行う場合
・他社を含めたお借入総額が100万円を超える場合
・源泉徴収票
・給与明細書
・市民税
・県民税額決定通知書
・所得証明書
・確定申告書
・青色申告書
・収支内訳書

1 本人確認書類は有効期限内のもの、現住所が記載されているものを用意します。(点数などの詳細は各金融機関の公式サイトをご確認ください。)
2 現住所と異なる場合や、書類に現住所の記載がない場合は、現住所が記載されている公共料金の領収書か、住民票の記載事項などの提出が必要となります。
3 申し込み金額にかかわらず、審査の過程で必要と判断された場合も収入証明書類の提出を求められることがあります。

必要書類に不備があると、審査に時間がかかり、即日キャッシングが受けられなくなってしまうので、事前に各金融機関のサイトで確認してから準備しましょう。

また、Web申込でのアップロードの場合、「画像が鮮明であるか」「画像内に書類がすべて収まっているか」など提出時にもご注意ください。

Web完結型で申し込む

即日キャッシングを受けたい場合は、インターネットで各種手続きが完結できる金融機関を選ぶとよいでしょう。

例えば、Web完結申込に対応している消費者金融であれば、以下のようなメリットがあります。

  • スマホでいつでも、どこからでも申し込むことが可能

  • 申し込み書類を郵送する必要がない

  • 金融機関の窓口や無人契約機へ行く必要がない

時間のロスが少なく、審査時間にも余裕を持てますので、即日キャッシングに有利です。

在籍確認が当日とれるようにしておく

在籍確認は、基本的に勤務先への電話連絡という形で行われます。

在籍確認が取れないと、勤務先の確認・収入の安定性の裏付けが取れず、審査が完了しないため、融資を受けることができません。

即日キャッシングをご希望される場合は、連絡方法についての希望や不安を事前相談しましょう。

在籍確認の相談例

  • 電話連絡以外の方法にできないか伺う

  • 電話担当者の性別を指定する

  • 電話対応しやすい時間帯を指定する

その他、申込時には以下にも注意しましょう。

  • 勤務先が稼働している、連絡が取りやすい曜日に申し込む

  • 所属部署など在籍していることが確認しやすい電話番号を申告する

誰も電話に出なかったり、申込者のことを知らない人が電話に出てしまったりすると、その分在籍確認が遅れて、審査が翌日に持ち越されてしまう可能性もあります。

即日キャッシングしたい場合は、必ず在籍確認ができる日に申し込みをし、電話がつながりやすい番号を申告するようにしましょう。

審査可能な時間に申し込みをする

即日キャッシング可能な金融機関でも、審査を24時間行っているわけではありません。

例えば、即日融資も可能な大手消費者金融の審査は、一般的に9:00~21:00で行われています。この時間内に審査が終わらなければ、即日キャッシングできないのです。

21:00に申込みしても、当日中の審査対応にならない可能性がありますので、早めに手続きすることが必要です。どんなに遅くても、20:00までに申込みしましょう。

即日キャッシングができるカードローン2選

即日融資に対応しているカードローンの中から、大手消費者金融2社をご紹介します。

いずれも公式サイトで成約率を公表しており、簡易診断サービスも利用可能です。

カードローンによってはWEB申込なら最短25分で融資も可能なため、お急ぎでのキャッシングをご希望される方はご検討ください。

アイフル

アイフルは、WEB申込なら最短25分融資可能となっているため、他社と比べ融資スピードが早いです。

また、原則として申込時に自宅・勤務先への電話連絡を行わないなど、利用者のニーズに細かく応えてくれる消費者金融とも言えます。

アイフル

金利
3.0%~18.0%
借入限度額
1万円~800万円
融資スピード
WEBなら融資まで最短25分
アイフル
  • WEB申込なら融資まで最短25分も可能
  • 初めてのお借り入れなら30日間金利がゼロ円
  • 1秒診断でお借り入れ可能か事前に知れる

公式サイトはこちら

プロミス

大手消費者金融の中でも、貸付条件のバランスが取れているのがプロミスです。

上限金利の低さやインターネット申込なら最短30分のスピード融資、無利息期間の実施と、利用者が求める必要な条件の多くを満たしていると言えます。

オリコン顧客満足度調査において、4年連続でノンバンクカードローン初回利用満足度第1位を獲得しているのがその証でしょう。

プロミス

金利
4.5~17.8%
借入限度額
500万円
融資スピード
最短30分
プロミス
  • 初回借入から30日間は利息ゼロ円
  • WEBなら最短30分融資も可能
  • 2019年~2022年と4年連続でオリコン顧客満足度調査ノンバンクカードローン初回利用第1位を獲得

公式サイトはこちら

まとめ

お金に困ってしまうと、「審査が甘く、すぐにお金を貸してくれる消費者金融で借りたい」と思ってしまうこともあるでしょう。

しかし、審査が甘い金融機関はありません。

各金融機関によって独自の審査基準はありますが、どの金融機関も貸し倒れすることなく、確実に返済してもらえるかを重視しています。

特に重要なのは、「安定した収入」「他社の借入状況」「信用情報に基づいた過去の金融取引履歴」です。

本記事でご紹介した審査のポイントをセルフチェックし、お急ぎでも金融機関を選ぶ際は必ず正規の登録業者であることを確認してから利用するようにしてください。

記事の編集責任者 小野原 慎也 Onohara Shinya

高校卒業後、様々な業界を経てポート株式会社へ。
数多くの金融メディアで、ライターとして1,000本以上の記事を執筆。
MONEY LEAFでは「お金に関するさまざまな知識が集まる情報ポータルサイト」として、最新の比較情報や賢く利用するためのノウハウ記事を発信している。

TOPへ戻る