審査なしで使えるカードローンは?審査の仕組みや落ちてしまった時の対策をご紹介

/

審査なしで使えるカードローン

記事の監修者

高橋 孝治 貸金業務取扱主任者有資格者・国会議員政策担当秘書有資格者・法学博士

国家資格である、貸金業務取扱主任者の資格を保有しており金融領域に関しての専門家。金融の資格だけではなく、行政書士、特定社労士の資格も保有。多岐にわたる知見を活かしあらゆる法律を研究している。著書に『ビジネスマンのための中国労働法』(労働調査会、2015年)他多数の本も執筆。

カードローン審査に落ちてしまった人は、「審査なしで使えるカードローンがあれば申込したい」と考えているのではないでしょうか。

結論からいうと、カードローン審査は金融機関の独断で回避できないため、審査なしで使えるカードローンはありません。

この記事ではなぜ、審査が必須なのか疑問に思う方に、カードローン審査の審査の仕組みや、落ちてしまった場合の対策をご紹介します。

カードローンが審査なしでは使えない理由

カードローンは、審査なしで利用することができません。

審査なしで使えない理由は、以下の2つが挙げられます。

  1. 審査は法律で定められている
  2. 金銭トラブルを防止するため

金融機関各社は、これらの理由に基づいて、かならず厳正な審査を行っています

具体的に、どのような取り決まりがあるのかご紹介していきます。

審査は法律で定められている

審査なしでカードローンが使えない1つ目の理由は、消費者にお金を貸付する貸金業者を対象とした法律で定められているからです。

貸金業は誰でも自由にできるわけではなく、国、または都道府県知事の登録を受けて正式に行えます。登録を受けて貸金業の業務にあたる以上、定められた法律の遵守が必要です

カードローンを提供する消費者金融の場合、「貸金業法」という法律を遵守しています。借入前に審査を行うことは、資金業法で定められた明確な取り決まりです。もし、審査なしで融資した場合は、貸金業法違反に問われます。

第十三条 貸金業者は、貸付けの契約を締結しようとする場合には、顧客等の収入又は収益その他の資力、信用、借入れの状況、返済計画その他の返済能力に関する事項を調査しなければならない。
引用元:e-GOV(昭和五十八年法律第三十二号 貸金業法)

銀行カードローンの場合も、消費者金融と同様に審査を避けることはできません。銀行は貸金業者ではありませんが、反社会的勢力への融資を防止する目的でかならず審査を行っているからです

金銭トラブルを防止するため

審査なしでカードローンを使えない2つ目の理由は、金融機関各社が借りたお金をきちんと返せない人への融資を回避し、金銭トラブルに防止に努めているからです

カードローン審査は、「継続的な収入がどれくらいあるか」を根拠に、利用限度額を決めるために行われます。消費者金融の場合、収入がなければ申込条件すら満たしません。

担保ありのローンであれば、万が一の際、担保を処分して損失を回避することもできますが、カードローンは無担保・保証人なしの商品です。安定した収入がない人に審査なしで融資をすると、返済不能になる可能性があり、貸付する側は不利益を被ることになります。また、借入した人が多重債務などに陥り、生活が圧迫されるリスクも生じます。

融資する側、受ける側の双方にとって、金銭トラブルを防止するために審査は絶対に必要なものです。

審査なしで使えるローンは闇金

インターネットなどで、「審査なしお金を借りられる」といった宣伝文句を見たことがある方もいるのではないでしょうか。このような宣伝広告をする企業は俗に、「闇金」と呼ばれています。

闇金は、法律を無視した金利(利息)の設定や、過剰な取り立てをする可能性がある違法業者のことです。金融庁に登録された正規の業者ではないため、貸金業法を守らずに運営しており、審査なしを強調して融資をおこなっています。

審査なしで貸金業を行うのは違法業者(闇金)にあたるので、絶対に利用してはいけません。

もし、闇金を使ってしまった場合、以下のようなリスクが考えられます。

  • 法外な利息を請求される
  • 過剰な取り立てが行われる

闇金では、消費者金融や銀行のカードローンではありえない、高額な利息が発生する可能性を懸念しなければなりません。たとえば、「トイチ」という利率の闇金では、10日で1割の利息が発生します。

10万円をトイチで借入した場合、10日後には利息1万円が加わって返済総額は11万円になるという仕組みです。さらに10日が経過すると、11万円に対して10%の利率で計算されるため、1万1,000円が利息に加わります。このように、雪だるま式にどんどん利息が増えてしまうのが闇金の怖いところです

利息制限法では、年20%が上限になっています。しかし、闇金では20%を超える法外な利息の請求をされるケースもあります。

闇金は、過剰な取り立てを行うことで知られており、深夜でも勤務先でも関係なく、取り立てが行われるリスクも考えなければいけません。自分だけではなく、家族や勤務先にまで迷惑を被る可能性があるため、絶対に闇金は利用しないでください。

闇金以外に避けるべき借入方法

審査がないからといって、安易に利用するべきでないのは闇金だけではありません。

たとえば、以下のような借入方法は違法業者による貸付が多くみられるため、決して利用しないでください。

  1. 個人向けの給与ファクタリング
  2. クレジットカードを使った現金化

ではなぜ、これらの融資を避けるべきかを詳しくご説明していきます。

ファクタリング

本来のファクタリングは、企業の売掛債権をファクタリング会社が買い取り、管理や回収を代行するサービスのことです。

近年は、個人に対して「給与債券を売ることで金銭を受け取れる」と謳う、給与ファクタリングの被害が増大しています。給与債権とは、労働者が勤務先から給料を受け取れる権利のことです。

給与ファクタリングの仕組みをわかりやすく説明すると、以下のようになります。

  1. 給与債券を手放す代わりに、給与ファクタリング業者から手数料を差し引いたお金が受け取れる
  2. 勤務先から給料を受け取ったあと、手数料を加えた金額を業者に支払う

給与ファクタリングの実態は、違法な闇金です。法外な手数料を請求された」「強引な取り立てを受けた」などの被害を受ける可能性があります。

個人向けのファクタリング業者による、「ブラックOK」「融資ではない」という謳い文句に騙されないことが大事です。

クレジットカードのショッピング枠現金化

「クレジットカードのショッピング枠を使ってお金を借りられる」、と謳う業者も利用してはいけません。

ショッピング枠は、普段の買い物や公共料金の支払いなどを目的として利用する枠です。利用枠を使ったクレジットカードの現金化は、ほとんどのケースで規約違反にあたります。

利用が発覚した場合、クレジットカードが強制解約になるリスクがあります。また、違法業者とトラブルになるケースもあるため、絶対に使わないようにしましょう。

カードローンの審査に通過できない原因

カードローンは、審査を行った結果で融資の可否を決定します。

金融機関各社で厳正な審査が行われるため、審査基準を満たさない場合は、通過できない可能性があります。

しかし、各社の審査基準は非公表のため、なぜ落ちてしまったのか気になる方も多いのではないでしょうか。

そんな方に向けて、審査に通過できない原因と解消する方法を解説していきます。

原因1.収入がない・不安定

収入がない場合は、そもそもカードローンの申込条件を満たしません。

一部の消費者金融や銀行では、「配偶者貸付」といって配偶者の年収の3分の1まで借入できる場合もあります。ただし、ほとんどのカードローンでは本人の収入が必要です。また、収入が不定期な人や、収入額が不安定な人は審査に落ちてしまう可能性があります。

たとえば、「収入が安定していない人」は、以下のような仕事をしている人が該当します。

  • 専業の投資家
  • フリーランス・個人事業主
  • 日雇いのアルバイト
  • 完全歩合制の仕事 など

カードローンの審査落ちを避けたい場合は、毎月一定の収入がある仕事につくか、配偶者貸付を利用する必要があります。

原因2.現在他社から借入をしている

申込した時点で、すでに他社から多額の借金をしていると審査に落ちる可能性があります。

とくに、「総量規制」を上回る額の借入希望は、確実に審査に落ちるため注意が必要です。総量規制とは、貸金業法で定められた、「貸金業者は、利用者の年収3分の1を超える融資はしてはいけない」というルールのことです。

年収3分の1は、他社と合算した借入金額で判断されます。すでに他社で年収3分の1の借入をしている場合は、新しく融資を受けることはできないことを理解しておきましょう。また、短期間に複数社に同時に申込をしている場合も、多重債務者になる可能性があると判断され、審査に落ちる原因になります。

カードローンを利用するなら、1社に絞って申込するのが審査落ちしない1つのポイントです。

原因3.信用情報に問題がある

「信用情報」とは、過去のローンやクレジットの契約・申込・返済などに関する情報のことです。

過去にクレジットカードの返済を数ヶ月延滞していたり、返済に関して金融機関とトラブルがあったりした場合、信用情報に問題があるとみなされ、審査に落ちる可能性が高まります。

カードローンの審査では、信用情報機関にアクセスし、他社を含めて過去の金融商品の申込状況や返済状況をチェックされます。たとえば、61日以上(または3ヶ月以上)のローンの返済延滞を起こした場合、最長で5年間は事故情報の記録が残り続けるため、審査への影響は避けられません。

返済の延滞以外にも、以下のような状態が事故情報として記録されます。

  • 自己破産
  • 個人再生手続き
  • 任意整理
  • 過払い金の請求

信用情報に傷がある場合、いわゆる「ブラック」と呼ばれる状態になります。ブラックになると銀行や消費者金融カードローンの審査に悪影響を与えるため、ローンやクレジットの返済期日はきちんと守るようにしましょう。

カードローン審査に落ちてしまったときの対策

カードローンの審査に落ちてしまった場合でも、お金を借りられる手段は残っています。

たとえば、「他社のカードローン申込を検討する」「カードローン以外でお金が借りられる方法を探す」などの手段が考えられます。

もし審査に落ちてしまった場合、どのような対策をすべきかをご紹介していきますので、参考にしてください。

他社で申込をする(シミュレーションを活用)

カードローンの審査基準は、金融機関各社で異なります。もし、落ちてしまったのが1社〜2社程度であれば、他のカードローンの審査に通る可能性もあるでしょう。

カードローンによっては、簡易的な情報を入力することで、大体の融資の可否を判断できる簡易診断が使えます。あくまで目安ですが、簡易審査で「審査通過の可能性がある」と判断されたカードローンは、審査に通過できる可能性が高まります。

他社の申込を検討するのであれば、簡易審査を通過したカードローンに絞って申込をするのがおすすめです。

以下は、公式サイトで簡易審査できるカードローン情報となるためお役立てください。

プロミス

プロミスの「お借入シミュレーション」では、以下の3つの情報を入力するだけで、借入可能かどうかを最短3秒で診断できます。

  • 生年月日
  • 年収
  • 現在の他社お借入額

プロミスのカードローンのメリットに挙げられるのが、「30日間無利息サービス」です。

一般的な消費者金融の無利息サービスは、「契約の翌日」からのカウントされますが、プロミスの場合は、「初回出金日の翌日」からカウントされます。契約日から時間が経過していても、初回出金日の翌日から30日間の無利息期間が適用されるため、無駄なくサービスを利用可能です

プロミスは、上限金利が他の大手18%と比べて「17.8%」と低く、返済の負担をできるだけ軽減したい人におすすめされます。

>>プロミスへのお申込はこちら

アイフル

アイフルでは、事前に融資の可能性を図れる簡易審査、「1秒診断」を利用可能です。

以下の4つの項目を入力して「診断開始」をクリックすれば、約1秒で融資可能かどうかの結果が表示されます。

  • 年齢
  • 雇用形態
  • 年収
  • 他社借入金額

アイフルのメリットに挙げられるのが、振込による借入の利便性が高いところです。インターネットから24時間365日いつでも振込申込ができ、全国約1,200の金融機関で最短10秒の振込に対応しています。

WEB完結申込なら融資までのスピードも早く、営業時間内に契約を済ませられれば、最短25分の融資も実現します。スピーディーで利便性の高い借入を希望する方には、アイフルがおすすめです。

その他

銀行カードローンでも、手軽に融資の可否を診断できる簡易審査を利用できます。

たとえば、新生銀行のカードローンの「お借入診断」では、以下の4つの項目を入力することで簡単に診断可能です。

  • 生年月日
  • 本人年収
  • お勤め区分
  • 他社からのお借入れ金額

新生銀行の「スマートカードローンプラス」は、借入利率4.5~14.8%で、消費者金融と比較して低金利です。さらに、新生パワーダイレクト(インターネットバンキング)からの申込なら、深夜帯や土日でも借入や返済ができます。

三井住友銀行カードローンでは、簡易審査「お借り入れ10秒診断」が利用可能です。以下の3つの項目を入力するだけで、約10秒で融資の可能性を図ることが可能です。

  • 年齢
  • 年収
  • 他社カードーローンお借入金額

三井住友銀行カードローンは、自社ATMと提携ATMでの借入・返済の手数料が0円になるサービスがあります。手数料0円で取引可能なATMは以下のとおりです。

  • 三井住友銀行ATM
  • イーネットATM
  • セブン銀行ATM
  • ローソンATM
  • ゆうちょ銀行ATM

都合に合わせて返済方法と返済日を選択できるため、柔軟性の高い借入・返済を希望する方におすすめされます。

審査に不安がある方がやっておくと良い行動を担当者が解説

フタバ株式会社 貸付担当者

私たち金融機関では、申込前に「借入診断」や「返済シミュレーション」の利用を推奨しています。審査や返済の不安を少しでも軽減してもらいたいからです。審査結果や返済のペースなどは個々によって違いがあります。各金融機関では公式サイトに「シミュレーション機能」を準備していますのでぜひ活用してみてください。

カードローン以外の方法を検討する

審査に落ちる原因に複数当てはまる人や、簡易診断の結果が振るわなかった人は、現時点でローンを利用できない可能性が高いため、カードローン以外の方法を検討しましょう。

具体的に、ローン以外のサービスでお金が借りられる方法をご紹介しますので参考にしてください。

クレジットカードキャッシング

クレジットカードには、ショッピング枠が設けられていますが、一部のクレジットカードには、さらにキャッシング枠が付帯しています。

キャッシング枠とは、現金の借入ができる利用枠のことです。すでにキャッシング枠がクレジットカードに付帯している場合、申込と審査なしで利用できます。

クレジットカードのキャッシング機能は、カードローンと同じ要領でコンビニATMなどからお金を引き出せます。ただし、キャッシング枠はショッピング枠の一部であるため、利用する場合は限度額に注意しましょう。

たとえば、ショッピング枠の利用可能額が40万円だったとします。この場合、キャッシング枠で5万円借入すると、ショッピング枠から5万円減少し、残りの利用可能額は35万円になる仕組みです。

また、クレジットカードにキャッシング枠が付帯していない場合もあります。付帯されていない場合は、申込と審査が必要になるため、即日お金を借りることはできません。

質屋

質屋は、品物を担保として預け、担保の査定額を限度にお金を借入できる業者のことを指します。担保にできる品物は、貴金属のほか、電化製品やブランドバッグまでさまざまです。

お金を借りたあとは、決まった期限までに元金と利息を返済すれば、品物は返却されます。逆に、品物を完全に手放すなら、返済不要になるのも質屋のメリットです。

デメリットを挙げるなら、消費者金融と比較して金利が高いことでしょう。消費者金融が守るべき貸金業法と比較すると、その違いは一目瞭然です。

貸金業法の上限金利年20%
質屋制限法の上限金利年109.5%

スムーズに返済できない場合は、利息負担がかなり大きくなります。そのため、次の給料日に完済するなどの計画がない場合は、利用に注意しましょう。

社内貸付制度

社内貸付制度とは、会社の福利厚生の一環として社員に現金の貸付を行う制度のことです。

一般的には無利息での貸付や、カードローンの相場よりもだいぶ低い金利で貸付が行われるため、返済にかかる負担が少ないというメリットがあります。

基本的に正社員向けの制度ですが、アルバイトでも利用できる場合もあります。ただし、社内貸付制度が会社で設定されているかどうかは、会社ごとに異なるため、確認が必要です。

貸付条件も会社ごとに異なるため、必ずしも借入できると限らない点は理解しておきましょう。

公的融資

国や自治体が設けた公的な制度を利用して、お金を借入することもできます。

たとえば、総合支援資金」は、生活福祉貸付制度の1つで、生活を経済的に支えることが目的の公的な融資制度です。総合支援資金は、以下の4つの資金に分かれており、目的に応じて融資される内容が異なります。

総合支援資金資金の種類目的融資上限
生活支援費生活再建に必要な費用原則3ヶ月間(最大12ヶ月まで延長可能)月20万円まで原則3ヶ月(最大12ヶ月まで延長可能)
20万円まで
住宅入居費敷金・礼金など住宅の賃貸契約に必要な費用40万円40万円
一時生活再建費生活を再建するために必要で、日常生活費でまかなうことが困難な費用60万円60万円

出典:政府広報インライン|暮らしに役立つ情報

総合支援資金の申込をする場合は、お住まいの市区町村社会福祉協議会に相談しましょう。その際、借入申込書や収入の減少状況に関する申立書を作成する必要があります。

新型コロナウイルスの影響で、収入が減少してしまった方も多いのではないでしょうか。そんな方には、新型コロナの影響による失業や収入の減少で、緊急性を要する生計維持の貸付が必要な人に向けた「緊急小口資金貸付」も融資を受ける手段として挙げられます。

カードローンの審査に関する質問

  • 一度落ちてカードローンに再申込はできる?

    カードローンの審査に落ちた直後でも、再度申込することは可能です。
    ただし、状況が変わらなければ、再審査してもあまり意味がありません。審査に落ちてしまうと、信用情報に半年間は記録されます。別の金融機関のカードローンに申込した際に、他社で審査落ちした情報を確認されるため、審査に悪影響を与える可能性があります。
    審査落ちすること自体が信用情報に記録されるため、むやみに再申込しないほうがいいでしょう。

  • 審査の甘いカードローンはある?

    審査が甘いと断言できるカードローンはありません。
    なぜなら、具体的な審査基準が公開されていないためです。ただし、成約率を見てある程度の審査難易度を判断することはできます。成約率とは、消費者金融や銀行のカードローンに申込した人のうち、審査を通過した人が新しく契約する割合のことです。
    消費者金融の成約率は、公式WebサイトIR情報に記載があるため、参考にしてみてください。

  • 無職でもカードローンは使える?

    銀行でも消費者金融でも、無職が利用できるカードローンは存在しません。
    なぜなら、どの金融機関でも「年齢制限」「定期的な収入があること」の2つが申込条件として設定されているためです。ただし、毎月一定の収入さえあれば、学生アルバイトやパート主婦でも借入できます。また、配偶者貸付が行われる金融機関であれば、例外的に配偶者の年収の3分の1までの融資も可能です。無職や専業主婦の場合は、申込前に配偶者貸付の有無をチェックしましょう。

まとめ

銀行でも消費者金融でも、審査なしで融資できるカードローンは存在しません。

正規の貸金業者であれば、法律に基づいてかならず厳正な審査を行い、金銭トラブル防止に努めているからです。

「審査なし」「ブラックOK」と謳う業者を見かけた場合、それは間違いなく闇金です。闇金は違法な融資や取り立てを行っているため、トラブルに巻き込まれないよう絶対に利用を避けましょう。

審査落ちする原因は、「収入が安定していない」「他社借入から多額の借り入れをしている」などが考えられます。また、過去にローンやクレジットの返済を延滞した履歴などがあると、信用情報に問題があるとみなされ、審査に落ちてしまいます。

もし審査落ちした場合、「他の業者を探す」「カードローン以外の融資方法を選ぶ」などの方法で、借入先を探しましょう。まさに今その状況でお困りの方は、この記事の情報を参考にして状況を打開していただけると幸いです。

監修者コメント

高橋 孝治 貸金業務取扱主任者有資格者・国会議員政策担当秘書有資格者・法学博士

審査なしで金銭貸出をするのは「闇金」。。。ならば

審査なしで貸し出してくれる貸金業者、というのはいわゆる「闇金」である、とは以前の記事でも同じことを述べていましたが、それくらい重要なポイントです。審査なしで金銭の貸出を受けたいと考えている方は、再度この記事を読み直してください。

記事の編集責任者 小野原 慎也 Onohara Shinya

高校卒業後、様々な業界を経てポート株式会社へ。
数多くの金融メディアで、ライターとして1,000本以上の記事を執筆。
MONEY LEAFでは「お金に関するさまざまな知識が集まる情報ポータルサイト」として、最新の比較情報や賢く利用するためのノウハウ記事を発信している。

TOPへ戻る