今すぐお金を借りたい!即日融資対応のカードローン5選を解説

/

即日融資可能なカードローン

記事の監修者

高橋 孝治 貸金業務取扱主任者有資格者・国会議員政策担当秘書有資格者・法学博士

国家資格である、貸金業務取扱主任者の資格を保有しており金融領域に関しての専門家。金融の資格だけではなく、行政書士、特定社労士の資格も保有。多岐にわたる知見を活かしあらゆる法律を研究している。著書に『ビジネスマンのための中国労働法』(労働調査会、2015年)他多数の本も執筆。

今すぐにお金が必要な場面で役立つのが、消費者金融が提供する即日融資対応のカードローンです。

カードローンの利用を検討されている方は、「どれを選んでいいかわからない」と悩むことも多いのではないでしょうか。

本記事では、即日融資に対応するカードローン7つをご紹介。また融資を成功させるポイントについて詳しく解説しますので、お急ぎの方はぜひご覧ください。

即日融資対応のカードローン5選

お金を借りる方法はさまざまですが、消費者金融のカードローンなら即日融資が可能です。

ただし、カードローン各社で融資までの最短時間が異なるため、申込前に一度確認しておきましょう。

まずは、即日融資に対応しているカードローン5社をまとめた以下の表をご覧ください。

社名金利限度額融資までの最短時間無利息期間
プロミス4.5%〜17.8%500万円最短30分30日間
アイフル3%〜18.0%800万円最短25分最大30日間
SMBCモビット3%〜18.0%800万円最短即日なし
レイクALSA4.5%〜18.0%500万円最短1時間最大180日間
アコム3%〜18.0%800万円最短1時間30日間

プロミス

プロミスは、最短30分の即日融資に対応した大手消費者金融会社のカードローンです。

最短15秒事前審査(1)で、WEB申込であれば、申込から最短30分で融資を受けることもできます。(2

土日夜間でもインターネットから24時間振込可能になる、瞬フリ(振込キャッシング)という会員サービスが用意されているため、平日お仕事で忙しい方でも時間を気にせずお金を借りられます。

金利は4.5%〜17.8%で、はじめて利用する方は30日間の無利息期間サービスも利用可能です。

プロミスは2020年2021年と2年連続でオリコン顧客満足度ランキングノンバンクカードローン第1位を獲得しまし、人気の高いカードローンとして広く知られています。

プロミス

金利
4.5~17.8%
借入限度額
500万円
融資スピード
最短25分
プロミス
  • 初回借入から30日間は利息ゼロ円
  • WEBなら最短25分融資も可能
  • 2019年~2022年と4年連続でオリコン顧客満足度調査ノンバンクカードローン初回利用第1位を獲得

公式サイトはこちら

1.事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります。
1.新規契約のご融資上限は、本審査により決定となります。
2.銀行の営業時間外や休業日などの場合は、翌営業日以降の振込になる可能性があります。

アイフル

アイフルでは、申込から融資までのすべての手続きを、WEBでスピーディー且つスマートに完結できます。

WEB申込なら最短25分での融資が可能で、もちろん店舗に直接足を運ぶ必要もありません。

契約後は、インターネットから24時間365日即時振込も可能なため、スマートフォンひとつで手軽に取引できます。

急いで融資を受けたい方のために、申込後に電話をかけると審査を優先的に進めてくれるサービスや、融資可能かどうかの仮診断をたった1秒でできるサービスなども用意されています。

金利は3.0%〜18.0%で、初回借入から最大30日間の無利息期間が利用可能です。

アイフル

金利
3.0%~18.0%
借入限度額
1万円~800万円
融資スピード
WEBなら融資まで最短25分
アイフル
  • WEB申込なら融資まで最短25分も可能
  • 初めてのお借り入れなら30日間金利がゼロ円
  • 1秒診断でお借り入れ可能か事前に知ることができる

公式サイトはこちら

1:銀行の営業時間外や休業日などの場合は、翌営業日以降の振込になる可能性があります。

SMBCモビット

SMBCモビットは、来店不要で最短即日融資を受けられるカードローンです。

WEB申込なら本審査完了まで最短30分で、契約後、最短3分での振込に対応しています。(※1)

無利息期間サービスはありませんが、WEBサイトの会員に向けたお得なサービスが充実しています。たとえば、手数料無料のインターネット決済や、返済した利息に応じてTポイントが自動で貯まるサービスなどが利用可能です。

また、WEB完結申込限定で、指定する銀行口座、もしくは社会保険証・組合保険証の何れかを持っている場合に、審査時の在籍確認の電話連絡を省略できるようになるのもSMBCモビットの特徴です。

SMBCモビット

金利
3.0~18.0%
借入限度額
800万円
融資スピード
最短即日融資可能
SMBCモビット
  • 10秒簡易審査で事前審査可能
  • WEB完結申込で電話連絡&郵送物なし
  • モビットアプリを使えばカードレスで利用可

申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

公式サイトはこちら

1:銀行の営業時間外や休業日などの場合は、翌営業日以降の振込になる可能性があります。

レイクALSA

レイクALSAは、選べる2種類の無利息期間サービスが利用できる、即日融資に対応したカードローンです。

WEBからの申込であれば、最短15秒で審査結果がわかります。(※1)

無利息期間サービスは60日間と180日間の2種類あり、WEB完結申込限定の60日間利息0円(契約額200万円まで)と、180日間利息0円(借入額5万円まで)のどちらかを選べるようになっています。

また、運転免許証とスマートフォンでスムーズに本人認証ができるサービスや、返済日を忘れないようにメールで事前通知してくれるリマインドサービスなども利用可能です。

レイクALSAは、2018年に新生銀行レイクからリニューアルする形で誕生しました。スマートフォンでも手軽でスピーディーに借入できるのが特徴です。

レイクALSA

金利
4.5~18.0%
借入限度額
1万円~500万円
融資スピード
WEBなら最短25分融資も可能
レイクALSA
  • 選べる無利息期間(60日間、180日間、30日間)
  • WEBなら最短25分で融資も可能
  • 公式アプリ「e-アルサ」でカードレス可能

公式サイトはこちら

1:銀行の営業時間外や休業日などの場合は、翌営業日以降の振込になる可能性があります。

アコム

アコムは、最大800万円までの融資に対応している大手消費者金融のカードローンです。

申込は24時間365日受け付けており、WEB申込からなら最短30分で審査が完了します。融資にまでにかかる時間は最短30分 となるため、急遽お金が必要になって困っている人でも安心です。

審査が通るかどうか心配な方は、「3秒診断」を利用すれば、借入可能かどうかを簡単に仮診断できます。

金利は3%〜18.0%で、はじめての利用なら30日間金利0円で借入可能です。

セブン銀行やローソン銀行ATM、インターネットATMなど、ATM提携数が多いのもアコムの特徴です。

アコム

金利
3.0%~18.0%
借入限度額
1万円~800万円
融資スピード
最短30分
アコム
  • 「はじめてのアコム」でおなじみ!
  • 審査は最短30分で即日融資も可能!
  • 利用者数は業界トップクラス!

公式サイトはこちら

即日融資を受けるまでの流れ

カードローンで即日融資を受ける場合、基本的にどの会社でもある程度共通する流れがあります。

即日融資を受けるまで、どのような手続きの流れになるのかをご紹介していきます。

1.申込

申込方法は主に、「WEB申込」「電話申込」「郵送」「店舗での申込(無人契約機)」などの用意されている方法の中から、任意の方法を選んで申込できます。

最近ではWEB申込が主流で、スマートフォンやパソコンから申込が簡潔且つスムーズな手続きが可能となっています。

2.審査

本人確認書類や収入証明書などの必要書類を提出して、審査が行われます。

審査でチェックされる項目は、申込情報や他社借入状況、信用情報などです。また、多くのケースでは、勤め先に在籍しているかどうかを電話連絡などで確かめる「在籍確認」もこのタイミングで行われます。

3.契約

契約手続きは、申込方法に応じて「WEB手続き」「書類の郵送」「店舗での手続き」の何れかで行います。

即日融資を受けたい、周囲の人にカードローンの利用がバレれたくないといった方は、WEB手続きがおすすめです。

4.借入

契約完了後は、利用限度額内での借入ができるようになります。

借入方法は、主に以下の方法が挙げられます。

  • 口座振込

  • 契約会社のATM

  • 提携先のATM(コンビニ・銀行)

  • スマートフォンアプリ

カードローン商品によって借入方法が異なるため、即日融資を受けられるかどうかを事前にチェックしておきましょう。

【要確認】即日融資を成功させる5つのポイント

即日融資を成功させるために、抑えておきたい重要なポイントがあります。

たとえば、カードローン会社が即日融資に対応できる営業時間の確認や、申込方法の選択などは重要ポイントになります。

これからご紹介する5つのポイントを抑えることで、即日融資の成功に近づけるため、ぜひ参考にしてください。

1.即日対応できる時間を確認しておく

即日融資に対応していても、営業時間内に契約手続きが間に合わなければ、その日にお金を受け取ることはできません。

そのため、何時までに手続きを完了すると即日融資を受けられるかを事前に確認しておくことが大事です。

以下の表は、カードローン各社の営業時間をまとめたものになります。

営業終了時間から逆算して、遅くとも終了時刻1時間前には申込が完了している状態を目指すことで、即日融資を受けられる可能性が高くなります。

カードローン会社営業時間
プロミス9:00〜21:00(土日祝を含む)
アイフル9:00〜21:00(土日祝を含む)
SMBCモビット9:00〜21:00(土日祝を含む)
レイクALSA10:00〜20:00(日曜は19:00まで)
アコム9:00〜21:00(土日祝を含む)

2.WEB申込を選ぶ

カードローンのう申込方法は複数ありますが、中でも即日融資を受けたい場合は「WEB申込」を選びましょう。

スマートフォンやパソコンを使って行うWEB申込は、比較的手続きが簡単で、審査時間を短縮できるカードローン会社が多いためです。

電話や郵送、店舗に直接足を運ぶ方法は、書類の郵送や店舗に足を運ぶ手間と時間がかかります。そのため、WEB申込が一番早く手続きを終えられる方法になります。

3.提出する書類を事前に準備しておく

カードローン契約には、本人確認書類や収入証明書類などが必要になるため、事前に用意しておくことで即日融資の成功に近づきます。

たとえば、本人確認書類では運転免許証やパスポート、収入証明書類では源泉徴収票や確定申告書などが必要になります。

提出する書類はカードローン各社で多少異なるため、あらかじめ、どのような書類が必要になるのかを公式サイトで確認しておきましょう。

4.申込内容を正確に入力する

申込内容に不備があった場合、確認のために電話やメール連絡が発生し、時間のロスになります。

即日融資を妨げる可能性があるため、申込内容に誤りがないか送信前に二重にチェックしましょう。

また、虚偽申告は審査に落ちるだけではなく、私文書偽造などの罪に問われるケースもあるため厳禁です。

5.電話による在籍確認に対応できるようにしておく

多くのカードローン会社では、審査の一貫として「在籍確認」が行われます。

在籍確認とは、申告した勤め先で本当に働いているのかどうかを確認するための作業で、勤め先に電話連絡をするカードローン会社もあります。

勤め先の営業時間によっては電話対応ができず、在籍確認が完了しないので、あらかじめ対応できるように準備しておきましょう。

ただし、先にご紹介したアイフルとSMBCモビットでは、原則、電話での在籍確認はありません。必要書類の提出で在籍確認が済むため、勤め先への電話連絡をどうしても避けたい方にも安心です。

カードローンを申込するときの注意点

即日融資を受けるために、カードローン申込に関していくつか注意すべき点があります。

具体的に、どのようなポイントに注意すればよいのか解説していきます。

申込条件を満たしているか事前に確認

カードローンは、申込条件を満たしていないと利用すらできません。そのため、自分が本当に利用条件を満たしているのかどうかを事前に確認しましょう。

基本的に、「年齢制限をクリアしていること」と「定期的な収入があること」が申込条件になっています。

一般的なカードローンの年齢制限は、満20歳以上から65歳〜69歳までです。定期的な収入については、個人的な収入が毎月一定以上あるかどうかがポイントです。

審査なしと謳うカードローンは使わない

正規の消費者金融会社は、「貸したお金をきちんと返せるかどうか」を見極めるため、かならず審査を行っています。

審査なしと謳うカードローンは闇金の可能性が高いため、利用はNGです。

消費者金融会社は、多重債務者の増加を抑えるために定められた「貸金業法」という法律に基づいて運営をしています。審査なしでカードローンを利用することはできません。 

闇金を使ってしまうと、法外な利息の請求や苛酷な取り立てなどの金銭トラブルに巻き込まれるリスクがあるため、かならず利用を避けましょう。

審査落ちする原因に該当していないかチェック

一般的なカードローンにおいて、審査落ちする原因に多く該当している方は、申込をしても即日融資を受けるどことか、審査に通ることもできません。

確実に即日融資を受けるためには、審査落ちする原因をあらかじめ把握しておくことが大事です。

たとえば、以下のような原因に当てはまる場合、カードローン審査で落とされてしまう可能性が高くなります。

  • 無職や専業主婦のため収入がない

  • 毎月の収入が不安定である

  • 信用情報に問題がある

カードローンの審査落ちするさらに詳しい原因を知りたい方は、こちらの記事内で詳しく解説していますのでぜひご覧ください。

カードローン以外でその日中にお金を用意する方法

審査落ちする原因に多く当てはまった場合は、ローン自体の利用が難しくなります。

そのため、ローン以外に即日お金を用意できる方法を検討しなければなりません。

具体的に、どのような方法があるのかをご紹介していきます。

クレジットカードのキャッシング

クレジットカードのキャッシング機能を利用すれば、即日お金を借りることが可能です。

キャッシング機能付きのクレジットカードには「キャッシング利用枠」が設けられており、キャッシング利用枠内に収まるお金をATMなどから借りられます。

カードローンよりも利用枠が小さく、金利が高い傾向にあるため、計画的に利用しましょう。

質屋

質屋は、自分の所有物を担保にして預けることで、お金を借りられる仕組みになっています。

借入限度額は物品の査定額の7割〜8割くらいになる傾向にあり、カードローンと同じように金利が発生します。

質屋の場合、お金を借りるために店舗へ足を運ばなければなりませんが、即日融資を受けられる方法として覚えておきましょう。

家族・友人

カードローンの利用条件を満たせない、審査落ちの原因を改善できないという方には、家族や友人からお金を借りるという選択肢もあります。

ただし、人からお金を借りる場合、利子や返済期日をなくせますが、信頼関係を失うかもしれない大きなリスがあることを理解しておかなければなりません。

家族や友人からお金を借りるのは、どうしても即日融資を受けられない場合の最終手段として考えましょう。

即日融資に関するFAQ

  • 消費者金融のカードローンとは?

    口座開設が不要で、ATMなどからお金を借りられるのが消費者金融のカードローンです。銀行カードローンなどよりも融資のスピードが早く、最短即日融資を受けられるカードローン会社も複数あります。

  • 今すぐお金を借りたいが、審査が甘いカードローンはある?

    審査が明確に甘いといいきれるカードローン会社は存在しません。なぜなら、各社の審査基準は非公開であり、さらに「貸金業法の16条」で、審査が甘いと誤解させるような表現が禁じられているからです。

  • 銀行カードローンは即日融資できない?

    銀行が発行するカードローンでは原則、即日融資を受けられません。審査で行う警視庁データベースの情報照会に最低でも1日かかるため、最短翌営業日の融資になります。

まとめ

消費者金融のカードローンは融資のスピードが早く、即日融資を受けることも可能です。

「今すぐにお金を借りたい」という方は、各社の融資までの最短時間と、融資可能な時間を確認しましょう。

即日融資を成功させるためには、手続きが比較的早いWEB申込を選び、営業時間内で手続きが終わるように申込することが大事です。

急遽お金が必要になってお困りの方は、ご紹介した即日融資対応にカードローン会社の特徴や、即日融資を少しでも成功に近づけるポイントを、ぜひ参考にしてみてください。

即日融資を受けるためのポイントを担当者が解説

フタバ株式会社 貸付担当者

即日融資を希望する場合は「申込時間」に注意をしましょう。申込時間の終了間際や混雑時の申込の場合は、翌日以降の融資になる可能性があるからです。私たち最短即日融資が可能な消費者金融では、できる限りお客様の要望にお応えしたいと考えています。そのため、申込時間には注意するようにしましょう。

この記事で紹介したおすすめのカードローン

最後に、最短即日融資ができるおすすめ3社をご紹介いたします。お急ぎの際は、ぜひこちらのカードローンに目を向けてみてください。

プロミス

金利
4.5~17.8%
借入限度額
500万円
融資スピード
最短25分
プロミス
  • 初回借入から30日間は利息ゼロ円
  • WEBなら最短25分融資も可能
  • 2019年~2022年と4年連続でオリコン顧客満足度調査ノンバンクカードローン初回利用第1位を獲得

公式サイトはこちら

アイフル

金利
3.0%~18.0%
借入限度額
1万円~800万円
融資スピード
WEBなら融資まで最短25分
アイフル
  • WEB申込なら融資まで最短25分も可能
  • 初めてのお借り入れなら30日間金利がゼロ円
  • 1秒診断でお借り入れ可能か事前に知ることができる

公式サイトはこちら

SMBCモビット

金利
3.0~18.0%
借入限度額
800万円
融資スピード
最短即日融資可能
SMBCモビット
  • 10秒簡易審査で事前審査可能
  • WEB完結申込で電話連絡&郵送物なし
  • モビットアプリを使えばカードレスで利用可

申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

公式サイトはこちら

監修者コメント

高橋 孝治 貸金業務取扱主任者有資格者・国会議員政策担当秘書有資格者・法学博士

即日融資をするからこそ、必要な借入が熟慮を

即日融資をすると、すぐ金銭が手元に来ますが、逆に借入を受けることに熟慮する時間も少ない場合があります。金銭を借りたら、必ず返済の義務が生じることを念頭に置き、即日融資を受ける場合でも、本当にその借入が必要なのかをしっかりと考えてから即日融資を受けましょう。

記事の編集責任者 小野原 慎也 Onohara Shinya

高校卒業後、様々な業界を経てポート株式会社へ。
数多くの金融メディアで、ライターとして1,000本以上の記事を執筆。
MONEY LEAFでは「お金に関するさまざまな知識が集まる情報ポータルサイト」として、最新の比較情報や賢く利用するためのノウハウ記事を発信している。

TOPへ戻る