【2022年最新版】カードローンおすすめランキングTOP10

/

オススメのカードローン

記事の監修者

高橋 孝治 貸金業務取扱主任者有資格者・国会議員政策担当秘書有資格者・法学博士

国家資格である、貸金業務取扱主任者の資格を保有しており金融領域に関しての専門家。金融の資格だけではなく、行政書士、特定社労士の資格も保有。多岐にわたる知見を活かしあらゆる法律を研究している。著書に『ビジネスマンのための中国労働法』(労働調査会、2015年)他多数の本も執筆。

カードローンを検討している方は、どの商品を選ぶべきか悩みどころですよね?

そんな方のために、MONEYLEAFが自信を持っておすすめするカードローンを、ランキング形式で紹介します。

金利や限度額、融資スピード、審査難易度、取扱先の金融機関ならではの特徴的なサービスに至るまで、様々なポイントを総合的に評価しました。

どのカードローンを選ぶべきかお悩みの方は、おすすめカードローンTOP10をぜひご覧ください。

カードローンおすすめランキング

カードローンを展開する金融機関や貸金業者は1,900社以上あるため、1社を簡単選べない方も多いのではないでしょうか。

そんな方は、各社の基本スペックや特徴を総合的に評価した、MONEYLEAFのおすすめカードローンTOP10を参考にしてみてください。

【1位】アイフル【2位】プロミス【3位】レイクALSA【4位】SMBCモビット【5位】アコム【6位】みずほ銀行カードローン【7位】楽天銀行スーパーローン【8位】三菱UFJ銀行カードローンバンクイック【9位】三井住友銀行カードローン【10位】auじぶん銀行カードローン
金利3%〜18.0%4.5%〜17.8%4.5%~18.0%3.0%~18.0%3.0%~18.0%2.0%〜14.0%1.9%~14.5%1.8%~14.6%1.5%~15.0%1.48〜17.5%
利用限度額800万円500万円500万円800万円800万円800万円800万円500万円900万円800万円
審査時間最短25分最短25分最短15秒10秒簡易審査最短30分最短3営業日最短翌営業日最短翌営業日最短翌営業日最短翌営業日
融資スピード最短25分最短25分最短25分最短即日最短30分最短1週間前後最短翌営業日最短翌営業日最短1週間前後最短翌営業日
無利息期間30日間30日間最大180日間×30日間×××××
バレにくさ×××××
返済しやすさ

各社のカードローンの特徴的なサービスや商品について、さらに詳しくご説明していきます。

1位|アイフル

カードローンを選定する際に、優先順位を高く設定されやすい項目が「融資スピード」です。

アイフルは、数あるカードローンのなかでも即日性に優れており、1分1秒でも早く融資を受けたい方におすすめされます。

アイフルの特徴・サービス

  • WEB申込なら最短25分で融資も可能

  • 融資の可否を簡易的に1秒診断

  • 申込時に自宅や勤務先への連絡は原則不要

消費者金融のなかでも比較的スピーディーに即日融資を受けられるのは、アイフルです。

申込や審査は、すべてWEBで完結できます。書類の郵送受渡や在籍確認時の電話連絡も原則不要なのも、利用者にとって大きなメリットです。

WEB申込後に急いでいる旨を電話で伝えることで、審査を優先的に進めてもらえるサービスもあります。

「今すぐに、家族にバレずお金を借りたい」という方の希望に応える姿勢がみられるのも、多くの利用者から評価されている理由のひとつでしょう。

金利年3.0%〜18.0%
利用限度額800万円
審査時間最短25分
融資スピード最短25分
無利息期間はじめてのご利用なら30日間利用可能
バレにくさ・WEB完結申込なら来店不要
・WEB完結申込なら郵送物なし
・原則、電話連絡による在籍確認はない
返済しやすさ・銀行振込
・口座振替
・自社ATM
・提携ATM
・インターネットバンク
・店頭窓口
・コンビニマルチメディア端末

アイフル

金利
3.0%~18.0%
借入限度額
1万円~800万円
融資スピード
WEBなら融資まで最短25分
アイフル
  • WEB申込なら融資まで最短25分も可能
  • 初めてのお借り入れなら30日間金利がゼロ円
  • 1秒診断でお借り入れ可能か事前に知ることができる

公式サイトはこちら

2位|プロミス

プロミスは、大手消費者金融の中でも若干金利が低めに設定されているカードローンです。

プロミスの特徴・サービス

  • 大手消費者金融の中では上限金利が若干低い

  • お申込から融資まで最短25分

  • 顧客満足度が高い

大手消費者金融4社の上限金利は18.0%ですが、プロミスの場合は17.8%です。カードローンは、少額の借入になるほど上限金利に近づくため、少額融資を希望の場合に低金利のメリットが活かされます。

また、顧客の満足度を可視化した「オリコン顧客満足度ランキング(ノンバンクカード部門)」で、2020年と2021年に2年連続1位を獲得していることも、プロミスをおすすめする理由のひとつです。

金利年4.5%〜17.8%
利用限度額500万円
審査時間最短25分
融資スピード最短25分
無利息期間はじめてのご利用なら30日間利用可能
バレにくさ・WEB完結申込なら来店不要
・WEB完結申込なら郵送物なし
・原則、電話連絡になる在籍確認がある
返済しやすさ・銀行振込
・口座振替
・自社ATM
・提携ATM
・インターネットバンク
・コンビニマルチメディア端末

プロミス

金利
4.5~17.8%
借入限度額
500万円
融資スピード
最短25分
プロミス
  • 初回借入から30日間は利息ゼロ円
  • WEBなら最短25分融資も可能
  • 2019年~2022年と4年連続でオリコン顧客満足度調査ノンバンクカードローン初回利用第1位を獲得

公式サイトはこちら

3位|レイクALSA

少額キャッシングを利用したくても、金利の高さが気になるという方も多いのではないでしょうか。

そんな方には、最大180日間無利息で借入できるレイクALSAがおすすめです。

レイクALSAの特徴・サービス

  • 5万円まで最大180日間無利息可

  • 最短15秒の仮診断サービス

  • WEB申込なら最短60分融資も可能

はじめて契約する方は、5万円までの借入なら最大180日間金利がかかりません。また、WEB申込なら1万円〜200万円までの契約に60日間の無利息期間が利用可能です。

借入後は、インターネットバンキングでの返済にも対応しているため、スマホからでも簡単に変更できます。

数万円程度のお金をなるべく早く借りたいという方に、レイクALSAがおすすめされます。

金利年4.5%〜18.0%
利用限度額500万円
審査時間最短15秒 (WEB)
融資スピードWEB申込なら最短25分融資も可能
無利息期間・はじめてのご利用でWEB申込なら最大60日間利用可能
・はじめてのご利用で5万円以内の契約なら最大180日間利用可能
バレにくさ・WEB完結申込なら来店不要
・WEB完結申込なら郵送物なし
・原則、電話連絡による在籍確認がある
返済しやすさ・銀行振込
・口座振替
・自社ATM
・提携ATM
・インターネットバンク

レイクALSA

金利
4.5~18.0%
借入限度額
1万円~500万円
融資スピード
WEBなら最短25分融資も可能
レイクALSA
  • 選べる無利息期間(60日間、180日間、30日間)
  • WEBなら最短25分で融資も可能
  • 公式アプリ「e-アルサ」でカードレス可能

公式サイトはこちら

4位|SMBCモビット

カードローンの利用が、家族や周囲の人にバレたくないという方には、電話連絡をなしにできるSMBCモビットがおすすめです。

SMBCモビットの特徴・サービス

  • WEB完結申込なら郵便物、電話連絡なし

  • 最短10秒で簡易審査してもらえる

  • Tポイントカードで返済も可能

一般的なカードローンの審査では、勤め先で申込者本人が本当に働いているかどうかを確認する手続きがあり、原則電話連絡で行われます。

しかし、SMBCモビットはWEB完結申込なら電話連絡なしなので、職場の人にバレにくくすることが可能です。

審査落ちが心配な方に向けた10秒でできる簡易審査や、Tポイントを返済に充てられるサービスも特徴的なサービスと言えるでしょう。

金利年3.0%~18.0%
利用限度額800万円
審査時間10秒簡易審査
融資スピード最短即日
無利息期間なし
バレにくさ・WEB完結申込なら来店不要
・WEB完結申込なら郵送物なし
・WEB完結申込なら電話連絡なし
返済しやすさ・銀行振込
・口座振替
・提携ATM
・インターネットバンク
・コンビニマルチメディア端末

SMBCモビット

金利
3.0~18.0%
借入限度額
800万円
融資スピード
最短即日融資可能
SMBCモビット
  • 10秒簡易審査で事前審査可能
  • WEB完結申込で電話連絡&郵送物なし
  • モビットアプリを使えばカードレスで利用可

申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

公式サイトはこちら

5位|アコム

はじめてカードローンを利用する方におすすめされるのが、サポート体制が充実しているアコムです。

アコムの特徴・サービス

  • 三菱UFJフィナンシャルグループの傘下でサポート体制が充実

  • 借入可能かどうかを3秒で仮診断可能

  • アコムATMでの振込手数料が無料

アコムは、はじめての方でも安心して利用できるように24時間365日電話対応をしています。大手金融グループの傘下のため、安心して取引が可能です。

WEB申込で最短1時間のスピード融資を受けられますが、最終的にカードを郵送・自動契約機・来店の何れかで受け取る必要があります。

契約後、楽天銀行の口座があれば最短1分で借入可能となっており、アコムATMを利用すれば手数料が無料になります。

カードレス契約は非対応ですが、融資スピードと安心のサポートを希望する方に選ばれているカードローンです。

金利年3.0%~18.0%
利用限度額800万円
審査時間最短30分
融資スピード最短30分
無利息期間・はじめてのご利用で30日間利用可能
バレにくさ・カードを「郵送」「自動契約機」「来店」の何れかで受け取る必要あり
・WEB完結なら書類の郵送なし
返済しやすさ・銀行振込
・口座振込
・自社ATM
・提携ATM
・インターネットバンク
・店頭窓口

アコム

金利
3.0%~18.0%
借入限度額
1万円~800万円
融資スピード
最短30分
アコム
  • 「はじめてのアコム」でおなじみ!
  • 審査は最短30分で即日融資も可能!
  • 利用者数は業界トップクラス!

公式サイトはこちら

6位|みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは、融資スピードよりも金利の低さを優先したい方におすすめです。

みずほ銀行カードローンの特徴・サービス

  • 銀行カードローンの中でも比較的低めな金利設定

  • みずほ銀行の住宅ローン利用で金利が割引可能

  • キャッシュカードでもカードローンが利用可能

みずほ銀行カードローンは比較的金利が低めに設定されていますが、みずほ銀行の住宅ローンを利用している方は、さらに金利を0.5%引き下げてもらうことも可能です。

その他、みずほ銀行の普通預金キャッシュカードとローンカードを兼用できるサービスや、カードローンのステージに応じて振込手数料が無料になるサービスなども用意されています。

融資はお申込から最短3営業日以降となりますが、みずほ銀行をメインバンクとして利用する方におすすめのカードローンと言えるでしょう。

金利年2.0%〜14.0%
利用限度額800万円
審査時間最短3営業日
融資スピード最短3営業日
無利息期間なし
バレにくさ・原則、電話連絡による在籍確認がある
・契約後、自宅宛に郵便物が届く
返済しやすさ・口座振替
・自社ATM
・インターネットバンク

>>みずほ銀行カードローンへのお申込はこちら

7位|楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンは、スマホひとつで融資に関するさまざまな手続きができる、ネット銀行系カードローンです。

楽天銀行スーパーローンの特徴・サービス

  • スマホから24時間、申込や借入が可能

  • 最短翌営業日の融資に対応

  • 入会で楽天ポイントプレゼント

24時間365日いつでもWEB申込に対応しており、スマホの簡単な操作で審査や借入等の手続きが対応可能です。

融資までのスピードは、銀行系カードローンのなかでは早いほうで、最短翌営業日以降。契約後はセブン銀行ATMやローソンATMで取引できるようになります。

入会後、楽天ポイントが1,000ポイント追加される独自サービスや、金利が半額になる期間限定キャンペーンなどもあり、楽天ユーザー向けの特典が豊富なカードローンと言えるでしょう。

金利年1.9%~14.5%
利用限度額800万円
審査時間最短翌営業日
融資スピード最短翌営業日
無利息期間なし
バレにくさ・原則、電話連絡による在籍確認がある
・契約後、自宅宛に郵便物が届く
返済しやすさ・口座振替
・提携ATM
・インターネットバンク

>>楽天銀行スーパーローンへのお申込はこちら

8位|三菱UFJ銀行カードローン バンクイック

メガバンクによる信頼性の高い銀行カードローンを利用したい場合におすすめされるのが、三菱UFJ銀行によるカードローンの「バンクイック」です

三菱UFJ銀行カードローン バンクイックの特徴・サービス

  • メガバンクによる信頼性の高さ

  • 提携ATMなら手数料無料で利用可能

  • 三菱UFJ銀行の口座なしでも取引可能

バンクイックは、三菱UFJ銀行が直接関わっているサービスのため、サポート体制やアフターケアが充実しています。

カードローンを利用する際、手数料を気にする方も多いですが、バンクイックなら全国各地にある三菱UFJ銀行のATMや、セブン銀行ATM、ローソンATMでの取引手数料が無料になるため、返済時の負担も軽減できます。

また、三菱UFJ銀行の普通預金口座がなくても借入可能で、WEB申込で融資まで済ませたい方にもおすすめと言えるでしょう。

金利年1.8%~14.6%
利用限度額500万円
審査時間最短翌営業日
融資スピード最短翌営業日
無利息期間なし
バレにくさ・審査時の在籍確認は、必要に応じて電話連絡が発生する
・テレビ窓口設置店を利用すれば、郵便物なしで契約まで可能
返済しやすさ・銀行振込
・口座振替
・自社ATM
・提携ATM
・インターネットバンク

>>三菱UFJ銀行カードローン バンクイックへのお申込はこちら

9位|三井住友銀行カードローン

銀行カードローンを郵便物なしで契約したい方におすすめするのが、「三井住友銀行カードローン」です。

三井住友銀行カードローンの特徴・サービス

  • 郵便物なしで契約可能

  • アプリなら24時間365日申込可能

  • 最大金利14.5%のため比較的低金利

銀行カードローンの多くは、自宅宛てにローンカードや契約証明書が郵送されますが、三井住友銀行カードローンなら郵送なしにできます。

契約後の取引明細書の郵送もないため、家族にバレずにお金を借りることが可能です。

専用アプリを利用すれば24時間365日、インターネットで取引可能。最大金利も銀行カードローンのなかでは比較的低めの14.5%となっていますが、最短融資まで1週間前後かかることを考えた上で利用を検討しましょう。

金利年1.5%~15.0%
利用限度額900万円
審査時間最短翌営業日
融資スピード最短1週間前後
無利息期間なし
バレにくさ・原則、電話連絡による在籍確認がある
・郵便物なしで契約可能
返済しやすさ・口座振替
・自社ATM
・提携ATM
・インターネットバンク

>>三井住友銀行カードローンへのお申込はこちら

10位|auじぶん銀行カードローン

他社のローンを利用されている方のなかには、リボ払いで返済で悩んでいる方もいるのではないでしょうか?

そんな方におすすめされるのが、借り換えで返済額や金利を軽減できる「auじぶん銀行カードローン」です。

auじぶん銀行カードローンの特徴・サービス

  • 借り換えでリボ払いの負担軽減が可能

  • 返済日を35日間ごと、または期日指定返済に設定可能

  • au IDがあれば金利を最大0.5%割引可能

他社借入の状況次第にもよりますが、借り換えでリボ払いの返済額を3分の1にすることもできます。また、返済日を自由に指定できるため、計画的な返済スケジュールを立てたい場合も便利です。

auじぶん銀行カードローンには、au限定割引が用意されており、auIDがあれば金利を最大0.5%まで割引できます。

ただし、最大金利17.5%は銀行カードローンのなかでは高めなので、金利以外の部分で魅力を感じた場合に利用を検討しましょう。

金利年1.48〜17.5%
利用限度額800万円
審査時間最短翌営業日
融資スピード最短翌営業日
無利息期間なし
バレにくさ・原則、電話連絡による在籍確認がある
・郵便物なしで契約可能
返済しやすさ・銀行振込
・口座振替
・自社ATM
・提携ATM
・インターネットバンク

auじぶん銀行じぶんローン

金利
1.380%~17.400%
借入限度額
10万円~800万円
融資スピード
翌日以降
auじぶん銀行じぶんローン
  • auユーザーは金利優遇
  • 申込~契約までネットで完結
  • 借り換えはさらに金利優遇

公式サイトはこちら

カードローンを選ぶ際の重要なポイント

カードローンは、提供先が消費者金融系か銀行系かで特徴が異なり、各社の独自サービスも多岐にわたります。

1社を選べない方は、自分が置かれている状況から「金利が低い商品を選ぶべきか?」「返済しやすい商品を選ぶべきか?」などの優先順位を考えてみましょう。

カードローン選定の際に注目すべきポイントと、おすすめの商品をご紹介していきますので、お悩みの方は参考にしてください。

金利の低さ

金利とは、借入額に対する利息の割合のことで、金利が低いほど毎月の返済にかかる利息が軽減されます。

50万円を借入して12ヶ月で完済したときの利息

消費者金融の上限金利相場は年18.0%で、銀行カードローンの場合は年15.0%です。金利の低さを重視するのであれば、相場よりも低いかどうかをチェックしましょう。

はじめてカードローンを利用する場合は、上限金利が適用されやすい傾向にあるため、上限金利を選定の材料するのがポイントです。

おすすめはみずほ銀行カードローン

金利重視で1社を決めるなら、上限金利が年14.0%のみずほ銀行カードローンがおすすめです。

銀行カードローンの金利相場は、消費者金融のカードローンと比べて低めに設定されているため、毎月の返済の負担をできるだけ軽減したい方に選ばれています。

金利優遇サービスも充実しているので、金利重視且つ、みずほ銀行をメインバンクとして使っている方はこちらを選ぶべきでしょう。

>>みずほ銀行カードローンへのお申込はこちら

審査難易度

審査難易度を重視する場合、銀行系よりも消費者金融系のほうがおすすめです。ただし、審査基準は各社で非公表のため、明確に審査が甘いか厳しいかという評価はできません。

消費者金融の場合、個人的な安定した収入があるかどうかがチェックされます。アルバイトでも一定の定期収入があれば借入できますが、収入がまったくない無職や専業主婦は申込条件を満たせません。

一方で銀行カードローンは、消費者金融よりも審査のハードルが高いといわれていますが、配偶者収入があれば専業主婦でもお金を借りられるという特徴があります。

おすすめはプロミス

各社の審査難易度を比較するのは困難です。敢えておすすめするカードローンを挙げるのであれば、業界最高水準の利用者数を誇り、顧客満足度も高いプロミスになります。

消費者金融各社は、新規獲得件数の割合となる成約率を公開しており、大手5社はどこも40%前後の数字です。

大手消費者金融から1社選ぶ場合には、審査難易度だけではなく、その他の項目も含めて判断すると良いでしょう。

プロミス

金利
4.5~17.8%
借入限度額
500万円
融資スピード
最短25分
プロミス
  • 初回借入から30日間は利息ゼロ円
  • WEBなら最短25分融資も可能
  • 2019年~2022年と4年連続でオリコン顧客満足度調査ノンバンクカードローン初回利用第1位を獲得

公式サイトはこちら

融資スピード

1日でも早くお金を借りたい場合、最短即日融資に対応している消費者金融のカードローンを選びましょう。

銀行カードローンの場合、最短でも翌営業日以降の融資となるため、申込したその日にお金を借りることはできません。なぜなら、審査時に反社会的勢力への融資を防止する目的で、警視庁のデータベースへ照会を1日かけて行っているからです。

融資のスピードは消費者金融のほうが優れているため、「申込から融資まで最短何分で完了するのか」に注目して選ぶのがポイントです。

おすすめはアイフル

カードローン各社が公表している融資スピードのなかでも特に目を引くのがが、WEB申込なら最短25分の融資も可能なアイフルです。

最短25分で融資を受けるには、WEB申込みをする必要があります。申込〜審査〜融資までにかかる時間が最短25分で、アイフルの営業時間内に契約が完了することで即日お金を借りられます。

アイフルの営業時間原則9:00〜21:00(土日祝日を含む)

即日融資を成功させたい場合、営業終了時間の1時間前となる20時までに申込をすと良いでしょう。

アイフル

金利
3.0%~18.0%
借入限度額
1万円~800万円
融資スピード
WEBなら融資まで最短25分
アイフル
  • WEB申込なら融資まで最短25分も可能
  • 初めてのお借り入れなら30日間金利がゼロ円
  • 1秒診断でお借り入れ可能か事前に知ることができる

公式サイトはこちら

バレにくさ

カードローンのバレにくさは、一般的に自宅宛ての郵便物があるかどうか、電話連絡による在籍確認があるかどうか等が大きく影響します。

家族や勤め先の人にバレたくない場合は、WEB完結申込に対応しているカードローンを選びましょう。

中でも契約証明書やローンカードの郵送がなく、在籍確認などの電話連絡なしで借入も可能なカードローンがおすすめです。

おすすめはSMBCモビット

SMBCモビットは、WEB完結申込なら郵便物と電話連絡をなしにできます。

WEB完結申込をするにあたり、対象の口座と健康保険証を持っていることが条件になります。

必要な口座三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行の何れか
必要な健康保険証社会保険証、組合保険証の何れか

ただし、申込内容によっては電話連絡が必要になるケースがあるため、確実に電話連絡をなしにできるわけではありません。

あくまでも他のカードローンより周囲にバレる可能性を軽減できる、といった程度に捉えておきましょう。

SMBCモビット

金利
3.0~18.0%
借入限度額
800万円
融資スピード
最短即日融資可能
SMBCモビット
  • 10秒簡易審査で事前審査可能
  • WEB完結申込で電話連絡&郵送物なし
  • モビットアプリを使えばカードレスで利用可

申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

公式サイトはこちら

返済しやすさ

返済しやすさを重視する場合は、返済方法の豊富さや手数料、繰り上げ返済の可否に注目しましょう。

返済方法は、インターネットバンクに対応していると24時間自由に返済可能になるためおすすめです。また、取引手数料が無料になる返済方法が用意されているかどうかもチェックしましょう。

カードローンは、契約で決められた日に決められた返済額を支払う「約定返済」と、任意のタイミングで任意の返済額を支払える「繰り上げ返済」があります。

繰り上げ返済は、約定返済よりも借入残高と利息を減らせるため、ボーナスなどでお金に余裕ができた際に活用しましょう。

おすすめはレイクALSA

レイクALSAでは、選べる複数の返済方法と繰り上げ返済が用意されています。

  • 口座振替(自動引落し)

  • 新生銀行カードローンATM

  • 提携ATM(セブン銀行ATM・ローソン銀行ATM・イーネットATM)

  • 銀行振込

  • インターネットバンク

毎月の自動引落し、または新生銀行カードローンATMであれば手数料無料で返済可能です。

インターネットバンク返済にも対応しているため、口座を指定すれば24時間深夜でも振込手数料が無料になります。

繰り上げ返済にも対応しているため、返済に関する柔軟性の高いおすすめのカードローンです。

レイクALSA

金利
4.5~18.0%
借入限度額
1万円~500万円
融資スピード
WEBなら最短25分融資も可能
レイクALSA
  • 選べる無利息期間(60日間、180日間、30日間)
  • WEBなら最短25分で融資も可能
  • 公式アプリ「e-アルサ」でカードレス可能

公式サイトはこちら

カードローン選びに関するQ&A

  • カードローンとクレカキャッシングはどちらがおすすめ?

    借入の際はカードローンがおすすめです。
    クレジットカードは、あくまでもショッピングがメインのサービスで、キャッシング機能はあくまでも付帯サービスのひとつとなります。対してカードローンは借入に特化したサービスのため、クレジットカードのキャッシング機能よりも利便性が高いことがおすすめされる大きな理由と言えるでしょう。

  • カードローンとフリーローンはどちらがおすすめ?

    追加借入する可能性がある場合は、カードローンのほうがおすすめです。
    フリーローンは、カードローン同様に自由な用途で借入できるものの、金額を一括借入後に返済していく仕組みとなっています。借入後に「あともう少し借りておこう」となっても、再度新規申込をする必要があります。対してカードローンは、契約時に設定された利用限度額の範囲内であれば、何度でも借入可能です。追加借入する可能性がある場合は、カードローンを選ぶと良いでしょう。

  • 出来る限り利息を払いたくないときは?

    カードローンの各種サービスを活用しましょう。
    一部のカードローンに付帯する一定期間金利が0円になる「無利息期間」や、任意のタイミングで任意の金額を返済できる「繰り上げ返済」を活用すれば、利息を効率よく軽減できます。借入前にきちんと返済プランを立て、カードローン各社のサービスを活用しつつ効率的に完済を目指していきましょう。

  • カードローンで審査落ちするのを防ぐには?

    重要項目を事前にセルフチェックしておきましょう。
    カードローンの審査では、いくつか重要視されている項目があります。下記の項目を満たしているかどうか、まずはセルフチェックしてみることをおすすめします。

  • 安定した収入がある

    毎月一定以上の収入がある

  • 他社借入状況に問題がない複数社への申込をしている状態はマイナス

    複数社への申込をしている状態はマイナス

  • 信用情報に傷がない

    過去5年以内にローン返済の遅延やトラブルがない

  • 借入希望額を多くしすぎない

    他社借入も含めて年収の3分の1以下にする

これらの条件をすべて満たすことが、審査落ちを防ぐポイントになるでしょう。

カードローンの選び方を担当分が紹介

フタバ株式会社 貸付担当者

私たちを含むカードローンの種類は多いため、1つに絞ることは難しいかもしれません。実際に、闇雲に申込をされる方も多く見られます。そのため、「いつまでに必要か」「どのようなサービスを利用したいのか」「返済がしやすいか」などの条件を前もって考えておくといいでしょう。

まとめ

各社の特徴やサービスを総合的に評価した「カードローンおすすめTOP10」をご紹介しました。

カードローンは、自分が置かれている状況に応じて重要視するポイントを絞ると選定しやすくなります。

たとえば、返済の負担をできるだけ抑えたい状況では、低金利の銀行カードローンや無利息期間のある消費者金融のカードローンがおすすめされます。

とにかく早くお金を借りたいという状況では、申込から融資までのスピードが早いカードローンが選択肢になるでしょう。

カードローンを使いたいのに1社を選びきれないという方は、MONEYLEAFが厳選したカードローンTOP10を、ぜひ参考にしてみてください。

監修者コメント

高橋 孝治 貸金業務取扱主任者有資格者・国会議員政策担当秘書有資格者・法学博士

カードローンを利用しないことも選択肢の一つ

カードローンも、金融業者という私企業が行う以上、一定の規制はあるものの、契約自由の原則に基づき、利率など様々です。しかし、利子を含めて将来は返済しなければならないことはどのカードローンでも同じです。返済のことも考えて慎重に、カードローンの利用をしないことも含めてどうするのか考えましょう。

記事の編集責任者 小野原 慎也 Onohara Shinya

高校卒業後、様々な業界を経てポート株式会社へ。
数多くの金融メディアで、ライターとして1,000本以上の記事を執筆。
MONEY LEAFでは「お金に関するさまざまな知識が集まる情報ポータルサイト」として、最新の比較情報や賢く利用するためのノウハウ記事を発信している。

TOPへ戻る