【消費者金融57社一覧】大手・中小から地域密着、新興の消費者金融まで特徴紹介!

/

アイキャッチ

記事の監修者

山内 真由美 ファイナンシャルプランナー(CFP認定者) 住宅ローンアドバイザー DCプランナー2級

北海道出身 国立大学法人 小樽商科大学 商学部卒。大学卒業後、10年間食品メーカー勤務。夫の転勤を期に退職し、北海道から東京へ。都市銀行の運用相談部門勤務後、地域の家族のお金のアドバイザーとして「FPオフィスライフ&キャリアデザイン」を開所。家計の見直し相談や家族のライフプラン相談を得意とする。自身の経験に基づきアドバイスを必要としているご家族へ発信中。

>>FPオフィスライフ&キャリアデザイン

消費者金融会社は、CMなどでよく聞く大手から中小、エリアを限定した地域密着型のものまで、全国に数多く存在します。

さらには、新しいスタイルの新興会社も台頭しています。

どんな特徴があるのかを知りたいと思っても、一つひとつの消費者金融を調べるのは大変です。

そこで、こちらの記事では、それぞれの消費者金融の金利や限度額、即日融資が可能かどうかなどを一覧でご紹介していきます。

消費者金融とは

消費者金融は最短即日融資が可能

消費者金融とは、一般の個人に対して小口融資を行っている業者を指します。

急にお金が必要になった時に、無担保・無保証、最短即日借りることができる消費者金融は、借りる際のポイントを押さえれば私たちの生活の味方になってくれる便利な金融機関です。

貸金業の一形態である消費者金融は、財務局または都道府県に登録をする必要があります。(貸金業法第3条)

また、登録がなされた正規の消費者金融は、以下のような規制があるため、安心して利用できるようになっています。

  • 総額で年収の3分の1以上の借り入れができない(総量規制)

  • 利息制限法に基づき、貸付額に応じて上限金利は15~20%

  • 脅迫めいた不当な取り立ては一切禁止されている

大手消費者金融一覧

大手消費者金融一覧

知名度の高い大手消費者金融は、利用者実績も多く、また過去のデータから審査スピードも最短で25分と速いのが特徴です。

実質金利限度融資額即日融資
アコム3.0%~18.0%800万円最短30分
プロミス4.5%~17.8%500万円最短25分
レイクALSA4.5%~18.0%500万円最短15秒で審査結果表示
WEB申込なら最短25分融資も可能
アイフル3.0%~18.0%800万円WEB申込なら最短25分
SMBCモビット3.0%~18.0%800万円本審査完了まで最短30分

アコム

アコムは、三菱UFJファイナンシャルグループの大手消費者金融です。消費者金融の中でも高い知名度と人気があります。

2022年6月末現在、アコムの消費者向け無担保ローンの利用者数は152万7千件と利用実績が多く安心して利用できるカードローンです。最大30日の無利息期間を設けているのも特徴のひとつです。

アコム

金利
3.0%~18.0%
借入限度額
1万円~800万円
融資スピード
最短30分
アコム
  • 「はじめてのアコム」でおなじみ!
  • 審査は最短30分で即日融資も可能!
  • 利用者数は業界トップクラス!

公式サイトはこちら

プロミス

プロミスは、オリコン顧客満足度4年連続1位と利用者からの評価が高い大手消費者金融です。9:00~21:00の間にスマホから申し込めば、最短25分で融資を受けられます。

WEB完結で郵送物もないので、誰にも知られずに借りたいという方にも向いています。また、借入や返済時にポイントが貯まる、Vポイントというポイントサービスがあります。

プロミス

金利
4.5~17.8%
借入限度額
500万円
融資スピード
最短25分
プロミス
  • 初回借入から30日間は利息ゼロ円
  • WEBなら最短25分融資も可能
  • 2019年~2022年と4年連続でオリコン顧客満足度調査ノンバンクカードローン初回利用第1位を獲得

公式サイトはこちら

レイクALSA

新生銀行グループの消費者金融会社で、2018年に銀行カードローンから消費者金融に切り替わりました。

レイクALSAと初めて契約した人を対象とした、複数の選べる無利息期間(60日間・180日間・30日間)があり、他の大手消費者金融と比べて無利息サービスが充実しているのが特徴です。

レイクALSAは、申込後、最短15秒で審査結果が表示され、WEB完結申込なら最短25分融資も可能です。

レイクALSA

金利
4.5~18.0%
借入限度額
1万円~500万円
融資スピード
WEBなら最短25分融資も可能
レイクALSA
  • 選べる無利息期間(60日間、180日間、30日間)
  • WEBなら最短25分で融資も可能
  • 公式アプリ「e-アルサ」でカードレス可能

公式サイトはこちら

アイフル

1967年創業と消費者金融の中でも長い歴史のある、独立系の消費者金融会社です。

アイフルのキャッシングローンはWEB申込なら最短25分で融資も可能と大手消費者金融の中でトップクラスの速さです。とにかく急いでお金を借りたいという人はアイフルのWEB完結がおすすめです。

女性向けに、限度額10万円の「SuLaLi」(スラリ)という商品も揃えています。

アイフル

金利
3.0%~18.0%
借入限度額
1万円~800万円
融資スピード
WEBなら融資まで最短25分
アイフル
  • WEB申込なら融資まで最短25分も可能
  • 初めてのお借り入れなら30日間金利がゼロ円
  • 1秒診断でお借り入れ可能か事前に知ることができる

公式サイトはこちら

SMBCモビット

SMBCグループの会社のノンバンク系消費者金融です。店舗や直営ATMはありませんが、全国 約120,000台 (※2022年4月現在) の 提携ATMネットワークがあります。

WEB完結申込による「本人確認などの電話連絡なし」「郵送物なし」を公式サイトで明記しているのが最大の特徴で、誰にもバレずに契約できる点が人気を集めています。

WEB完結での申込は、三井住友銀行または三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行の口座のうち、いずれかの口座を持っていることが条件です。

SMBCモビット

金利
3.0~18.0%
借入限度額
800万円
融資スピード
最短即日融資可能
SMBCモビット
  • 10秒簡易審査で事前審査可能
  • WEB完結申込で電話連絡&郵送物なし
  • モビットアプリを使えばカードレスで利用可

申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

公式サイトはこちら

中小消費者金融一覧

中小消費者金融の一例

続いて、中小消費者金融の特徴を比較してみましょう。

大手消費者金融と同様に厳正な審査を行っていますが、中小消費者金融の場合は対面審査を実施したり、独自の審査基準を設けているなど、柔軟な対応をしてもらいやすい傾向があります。

実質金利限度融資額即日融資
アロー15.00%~19.94%200万円まで
お送りいただいた書類に問題がなければ最短で即日お振込み
いつも4.8%~20.0%1万円~500万円
エイワ・10万円未満 19.9436%
・10万円以上 17.9507%
50万円
ダイレクトワン4.9%~18.0%1万円~300万円
ユニーファイナンス12.00%~17.95%1万円~300万円×
キャネット15.0%~20.0%新規:5万円~50万円
既存:300万円まで
しんわ7.0~18.0%1万円~300万円
セントラル・実質年率4.8%~18.0%
(100万円未満)
・実質年率4.8%~15.0%
(100万円以上)
1万円~300万円
フタバ・1~10万円未満 14.959%~19.945%
・10~50万円 14.959%~17.950%
1万円~50万円
フクホー・5~10万円未満 7.3~20%
・10~100万円未満 7.3~18%
・100万円以上 7.3~15%
5万円~200万円
新規のお客様の場合は、初回50万円までのご契約
ライフティ8.0%~20.0%1,000円~500万円×
ご契約後、最短3営業日でカードを発送

アロー

日本全国どこからでも利用できます。書類に不備がなければ最短45分で審査が完了し即日融資を受けることができます。急いでお金を借りたい人には大きなメリットでしょう。

専用アプリから申込が可能で、自宅に郵便物が届かないのもメリットのひとつです。

また、アローでは貸金業法に基づく借換ローンも用意されています。

いつも

高知県高知市に拠点を置く中小消費者金融ですが、全国どこからでも申込・利用することができます。パソコン・ケータイ・スマートフォンから24時間申込を受けつけており、平日18時までに申込ができれば、最短即日融資にも対応しています。

また、契約が初めてかつ60 万円以上という2つの条件で60日間無利息サービスが用意されています。

エイワ

「融資するのは返済可能な金額ではなく、必要最低限の金額」と、限度額50万円の小口融資と対面での審査の姿勢を守っています。

また、「他社で断られた方も現在の状況を確認し、ご融資を検討します」と公式サイトで明記しているように、一人ひとりの状況を丁寧に審査する消費者金融です。

ダイレクトワン

スルガ銀行グループの中小消費者金融です。来店なら最短30分でキャッシング専用カードが発行され、全国のコンビニATMで借入・返済に利用できます。

ダイレクトワンと初めて契約した人を対象に、中小消費者金融の中では、55日間と長期の無利息期間を取り扱っています。

ユニーファイナンス

東京千代田区に本社がある中小消費者金融です。

大手消費者金融のプロミスと提携しており、プロミスのATM機で借入・返済が可能です。プロミスATM機が近くにある方にとっては利便性が高い消費者金融です。

キャネット

札幌に本店を置く北海道を中心とした中小消費者金融です。最大で500万円の融資金額は大手消費者金融並みです。

キャネットのフリーローンの審査にかかる最短時間は15分、振込融資実施まで30分と融資スピードが早いのも特徴です。お急ぎの場合は即日融資を受けることができるのも大きなメリットです。

しんわ

来店が不要で、全国どこからでもWebで申込が可能です

しんわで即日融資を受けたい場合には、対面での契約となります。本人確認書類を用意し、当日9:30から18:00までに福岡本店、もしくは大阪の店舗まで来店する必要があります。

審査時間は、申込から最短30分です。

セントラル

愛媛県松山市に本社を置く1973年創業の老舗消費者金融です。

平日14時までの申込で、急いで借入れたい場合は電話をすれば希望口座への即日振込をしてくれます。振込以外は、後日郵送される「セントラルカード」にて、セントラルATMから引き出し可能です。

また、はじめて利用する方には契約日から30日間金利0円が適用されます。

フタバ

10万円以上借り入れるときの金利が14.959%~17.950%と、他社に比べて金利が少し低いです。さらに、はじめて利用する人に、30日間の無利息期間サービスが用意されているのが特徴です。

利息を少しでも減らしたいという方に、おすすめです。

さらに、平日16時までの審査完了で即日振込が可能です。

フクホー

フクホーの特徴は「証書貸付」にあります。これは借入と返済を繰り返すカードローンと異なり、融資額が提示されたらその後は返済のみを繰り返すキャッシングです。確実に返済期間が決まっているので、元金がなかなか減らないという不安がありません。

また、100万円以上の借入の場合、最大利息が15.0%と、借入金額が多くなりそうなときには検討するとよいでしょう。

ライフティ

初めての利用に限り35日間の無利息期間サービスが用意されています。

申込は、パソコンやスマホを使ったインターネット申込のみで、365日24時間受付しています。借入・返済はキャッシングカードでセブン銀行ATMを利用できます。

返済については、キャッシングカードの他にインターネットバンキングに対応しているので、インターネットバンキング利用可能時間内であれば、24時間返済手続きが可能です。

大手消費者金融と中小消費者金融の違い

消費者金融

抜群の知名度と利用実績のある大手消費者金融と、知名度は低いながらもさまざまなサービスに対応している中小消費者金融。両者を比較してみてどんな違いがあるでしょうか。

大手消費者金融

総合的なサービス面では、やはり大手消費者金融に分があります。

これまでに多数の利用実績があり、安心感があることに加え、各社とも最短30分で借入可能といったスピード融資に対応しています。

また、無利息期間を設定しているカードローンも備えています。

中小消費者金融

対する中小消費者金融ですが、大手に比べて審査が柔軟である会社が多いのが特徴です。たとえば、貸付制限内であれば、過去に自己破産などをしていても現在の収入状況や生活状況から判断し、返済が可能と判断すれば融資してもらえる可能性があります。

また、対面形式の審査を徹底するなど、申込者が返済に困らないように手間をかけて融資の相談に乗ってくれる会社もあります。

サービスや対応はそれぞれの消費者金融会社によって異なるので、各社のサービス内容をサイトなどを見て理解してから利用する必要があります。

地方の消費者金融一覧

地方にも、地域に根ざして独自の金融サービスを展開する消費者金融会社が数多くあります。

地方の消費者金融は、インターネット申込によって全国対応可能な会社や、融資の対象エリアが限定されているなど会社によって異なります。

利用にあたっては各社の公式サイトを確認するようにしてください。

北海道・東北エリア

北海道・東北地方に貸金業登録をしている消費者金融4社をご紹介します。

実質金利限度融資額即日融資
ビアイジ株式会社12.00%〜18.00%1万円 ~ 200万円
当日14時までに審査が完了した場合(ゆうちょ銀行への振替は15時までに審査が完了した場合)
平和興産5.0%~20.0%50万円以内又は年収の3分の1以内公式サイト記載なし
グッドファイナンス10.00%〜20.00%1万円~1,000万円
来店契約の場合
日専連プライムカード7.2%〜16.8%1万円~300万円
平日0:00~11:59までの申込で当日中

関東エリア

関東地方に貸金業登録をしている消費者金融6社をご紹介します。

実質金利限度融資額即日融資
エース株式会社7.0%~20.0%100万円以内×
はじめての場合、審査に通常1日~3日前後。審査通過後、融資実行まで10日から2週間程度。
株式会社関東信販年16.98%5万円~99万円
株式会社アークファイナンス7.7%~18.0%5万円~100万円
サンワフィナンシャル株式会社6.8%~18.0%5万円~200万円
窓口受付の場合、初めての方は30分、再度の方は10分、利用中の方は5分程度でご契約
アルバクレジット18.00~20.00%5万円~50万円公式サイト記録なし
筑波リース14.95~20.00%50万円もしくは年収の1/3まで公式サイト記録なし

中部エリア

中部地方に貸金業登録をしている消費者金融7社をご紹介します。

実質金利限度融資額即日融資
ライオンズリース15.0~20.0%1万円~300万円
アクアファイナンス7.0%~19.94%
ご利用金額100万円以上の場合は7.0%~14.95%以下
5万円~300万円公式サイト記録なし
北陸商事14.60%~17.885%50万円もしくは年収の3分の1以内まで
三県商事14.60%〜17.885%50万円まで(もしくは年収の3分の1以内)×
アイ信販15.0%~20.0%1万円~50万円
審査時間により翌日
エレガンス10.0%~18.0%1万円~50万円まで
大国屋10.0%~20.0%1,000万円まで

近畿エリア

近畿地方に貸金業登録をしている消費者金融8社をご紹介します。

実質金利限度融資額即日融資
ニチデン7.3%~17.52%50万円
アルク10.00%~18.00%1万円~50万円まで
ハローハッピー10.00%~18.00%100万円
来店可能な方
スピリッツ15.0~20.0%5万円~50万円
条件に応じて300万円まで可
アルコシステム15.000%~20.000%
50万円
ただし、お借入総額が年収の3分の1以内の範囲
AZ株式会社7.0%~18.0%
ご利用金額100万円以上の場合は7.0%~15.0%以下
1万円~200万円
こくしん5.00%~18.00%1万円~100万円
又は年収の3分の1まで

契約時の来店
ローンズマルキ10.0%~20.0%5万円~50万円来店のみ

中国・四国エリア

中国・四国地方に貸金業登録をしている消費者金融5社をご紹介します。

実質金利限度融資額即日融資
いつも4.8%~20.0%1万円~500万円
アンサー15.0%~20.0%1万円~50万円公式サイト記載なし
プラス10.00~20.00%3万円~50万円来店
アスト14.9285%~17.9215%5万円~100万円
プライ8.0%~20.0%1万円~150万円

九州・沖縄エリア

九州・沖縄地方に貸金業登録をしている消費者金融9社をご紹介します。

実質金利限度融資額即日融資
スカイオフィス15.0~20.0%
新規契約の場合は 20.0% 以下
1万円~50万円
当日9時~14時までの申込
アムザ15.0%~20.0%5万円~100万円
ショーエイ15.0%~20.0%1万円~100万円×
しんわ7.0~18.0%1万円~300万円まで来店
アイアム18.00%10万円~50万円
ソフトファイナンスキャッスル(有限会社勘和)10.95~20.0%1万円~50万円
レンツ15.0%~20.0%5万円〜100万円
キャネット12.0%~20.0%1万円~50万円
OCS3.90%~17.90%5,000円~300万円
来店の場合可能

AIや信用スコアなど新しいスタイルの消費者金融

近年では、AIなどの最新テクノロジーを活用して信用スコアを算出するなど、新しいスタイルの消費者金融会社が台頭しています。

確度の高い与信とスピーディーな融資を実現することによって、消費者金融サービスはお金に困っている一部の人だけでなく、生活における多くの資金ニーズに対応できるようになっています。

実質金利限度融資額即日融資
J.Score0.8%~15.0%10万円~1,000万円
ファミペイローン0.8%~18.0%1万円~300万円
LINEポケットマネー3.0%~18.0%5万円~300万円

J.Score

J.Scoreはみずほ銀行とソフトバンクが共同出資した消費者金融です。ビッグデータを最新のAI技術で分析し、独自の「AIスコア」と呼ばれる基準によって審査が行われます。

仕事・資産・趣味・ライフスタイルなど、さまざまなカテゴリの質問に回答すると、AIが信用力をスコア化します。そのスコアに応じて融資条件を提示し、最大で1,000万円もの融資を受けられます。

金利も、AIスコアに応じて設定される「AIスコアレンディング」を採用しています。

ファミペイローン

ファミリーマートの関連会社「ファミマデジタルワン」が提供する融資サービスです。

申込から返済まで「ファミペイアプリ」を使って手続きできます。24時間365日いつでも利用可能で、1,000円から気軽に借入できるのが特徴です。

貸付利率(実質年率)は0.8~18.0%となっていますが、0.8%は新規契約時に適用されることはありません。

LINEポケットマネー

LINE、みずほ銀行、オリエントコーポレーション(オリコ)が出資する「LINE Credit」が運営する融資サービスです。「LINE Pay」との連動で、申込、借入、返済のすべてのフローが、アプリ上で完結します。契約極度額は5万円~300万円、実質年率は3.0~18.0%となっています。

LINEポケットマネーの最大の特徴は、みずほ銀行とオリコが有する与信審査ノウハウ等に、スコアリングサービス「LINEスコア」によって算出されたスコアを掛け合わせて、審査が行われる点です。それによりお客さま一人ひとりに応じた実質年率と利用可能額が決定されます。

消費者金融を選ぶ時のポイント

ここまで、大手から新興サービスまで、消費者金融会社のサービスや特徴について見てきました。

この中から、最適の消費者金融サービスを選ぶポイントを整理しました。

  • 金利の低さで選ぶ

  • 無利息期間で選ぶ

  • 融資スピードで選ぶ

  • 即日融資に対応しているかで選ぶ

  • 運営会社で選ぶ

金利の低さで選ぶ

無理のない返済計画を立てるためにも、金利は言うまでもなく重要です

ここに挙げた各社の金利はすべて、上限金利以下に設定されています。実際には金利は借入額によって変わり、適用金利にも幅があり、審査を経て決定されます。

借入金額が多ければ金利は低くなるため、多額の融資を受けたい場合は下限金利の低い消費者金融を、反対に借入金額が少なければ金利は高くなるため、少額融資の場合は上限金利の低い消費者を選ぶとよいでしょう。

大手消費者金融の中では、低金利といえるのがプロミスです。プロミスの金利は年4.5%~17.8%と上限金利が他の大手消費者金融よりも低めに設定されています。少額の借入を利用する場合、上限金利が設定されることがほとんどのため、少しだけ借りたいという方におすすめです。

一方で大きな額を借入する場合は金利が下がるため、下限金利が低い消費者金融を選ぶといいでしょう。大きな額を借りたい方は、大手消費者金融の中で下限金利が低く、利用実績が多いアコムがおすすめです。

アコム

金利
3.0%~18.0%
借入限度額
1万円~800万円
融資スピード
最短30分
アコム
  • 「はじめてのアコム」でおなじみ!
  • 審査は最短30分で即日融資も可能!
  • 利用者数は業界トップクラス!

公式サイトはこちら

無利息期間で選ぶ

はじめて利用する人のために、一定期間利息がかからない無利息期間を設けている会社を選ぶのも選択ポイントのひとつです。給料日などお金が入る日を想定して無利息期間内に完済できる計画を立てることで利息を発生させずにお金を借りることができます。

一定期間利息がかからない「無利息期間」ですが、無利息期間を計算する開始日は「初回借入日より〇日間無料」「初回契約日より〇日間無料」など消費者金融によって異なります。無利息期間を利用する場合は、開始日を確認するようにしましょう。

プロミスの場合、無利息期間は、「初回利用翌日」から30日です。

開始日が「初回契約日」という会社の場合、契約日からしばらくたって借入をすると無利息期間が減っていってしまいます。その点プロミスは、無利息期間の日数を有効に活用することが可能です。

プロミス

金利
4.5~17.8%
借入限度額
500万円
融資スピード
最短25分
プロミス
  • 初回借入から30日間は利息ゼロ円
  • WEBなら最短25分融資も可能
  • 2019年~2022年と4年連続でオリコン顧客満足度調査ノンバンクカードローン初回利用第1位を獲得

公式サイトはこちら

融資スピードで選ぶ

一般的に消費者金融は、銀行系のカードローンほど審査が厳しくないため、融資までの期間が短いことがメリットです。借入をお急ぎの方は、融資までのスピードも会社を選ぶポイントとなります。

アイフルの場合、申込から借入までWEB申込なら最短25分で融資も可能です。

どうしても今日中にお金が必要という場合、アイフルのWEB申込を活用するのがおすすめです。WEB申込は24時間受付ていますが、審査回答時間は9:00~21:00となっていますので、余裕をもって申込するようにしましょう。

アイフル

金利
3.0%~18.0%
借入限度額
1万円~800万円
融資スピード
WEBなら融資まで最短25分
アイフル
  • WEB申込なら融資まで最短25分も可能
  • 初めてのお借り入れなら30日間金利がゼロ円
  • 1秒診断でお借り入れ可能か事前に知ることができる

公式サイトはこちら

即日融資に対応しているかで選ぶ

すぐにお金を借りたい人は、即日融資に対応している会社を選びましょう。

特に大手消費者金融の場合、多くは平日であれば9:00から21:00まで、また土日でも審査を行い、即日融資に対応しています。

大手消費者金融融資スピード即日融資を受けるためのポイント
アコムインターネット申込で、審査完了・融資まで最短30分利用している金融機関により、振込実施時間が異なる
・三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行の場合、平日23:49までに手続きを完了させる
・楽天銀行の口座であれば、アコムからの振込融資が24時間可能
・その他の場合は、公式サイトで確認する
プロミスWEB契約で最短30分融資も可能・審査回答可能時間帯9:00~20:00
・24時間振込可能な金融機関の口座を持っていれば、最短10秒程度で指定の口座に振込が可能
レイクALSAWEB申込で最短25分も可能平日は21時(日曜日は18時)までに契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)することで、当日中に振込みが可能
アイフルWEB申込で最短25分・WEB申込後、フリーダイヤルへ電話することで、優先的に審査が受けられる
・審査結果後、契約当日の借入はスマホアプリからセブン銀行ATM・ローソン銀行ATMをご利用がおすすめ
SMBCモビット本審査完了まで最短30分急ぎの融資を希望する場合は、ネットでの申込後、モビットコールセンターへ電話すると審査を開始してくれる

確実に即日融資を受けたいという場合は、大手消費者金融を利用するか、以下の中小消費者金融がおすすめです。

中小消費者金融即日融資の条件
ダイレクトワン店頭窓口での申込で、当日の借入が可能
フタバ来店不要。平日16時までの審査完了で即日振込が可能
しんわ9:30から18:00までに店舗まで来店、本人確認書類持参でその場で審査、即日融資可能

中小消費者金融や地域に根ざした地方の消費者金融は、大手消費者金融よりも受付時間が短く、審査時間がかかったり、対面での契約が条件になっていたりすることがあります。

フタバは中小消費者金融の中でも、来店が不要でWEB上で申込みが完了するため、お急ぎの方におすすめです。

フタバ

金利
1~10万円未満 14.959%~19.945% 10~50万円 14.959%~17.950%
借入限度額
50万円
融資スピード
融資まで最短即日
フタバ
  • 初めてのお借入なら30日間金利がゼロ
  • お借入可能か即回答「3問診断」
  • ネットからのお申込みは24時間365日OK!

公式サイトはこちら

運営会社で選ぶ

大手消費者金融の多くは、大手銀行グループに従属しています。
また、大手だけでなく、中小や新興サービスの中にも、大手銀行グループに従属している会社があります。

のような運営会社の体制も、消費者金融を選ぶ際の安心材料・提携ATMの多さによる返済の利便性などの判断材料になります。

初めて消費者金融を利用する方にとっては、運営会社が安定している消費者金融を選ぶとよいでしょう。

消費者金融所属銀行グループ
アコム三菱UFJフィナンシャルグループ
レイクALSA新生銀行グループ
プロミスSMBCグループ
SMBCモビットSMBCグループ
J.Scoreみずほ銀行グループ
ダイレクトワンスルガ銀行グループ

【キャッシングコラム】消費者金融の選ぶポイント

編集者

消費者金融の選び方にコツはありますか?

フタバ株式会社 貸付担当

自分の中で重視したいサービスを候補にするといいですよ。

編集者

融資スピードや無利息期間、金利、提携銀行の多さなど判断基準は様々ありますね。

フタバ株式会社 貸付担当

はい。自分が何を重要視するのか整理しておくと、迷うことも少ないです。

消費者金融を安全に利用するポイント

消費者金融を安全に利用する4つのポイント

消費者金融は利用限度額の範囲内であれば、必要なときに必要なだけ繰り返し利用できるなど手軽に融資を受けられるため、ついつい借り過ぎてしまうリスクもあります。

以下のポイントを押さえ、上手に消費者金融を活用するようにしましょう。

安全に利用するポイント

  1. 正規の消費者金融を選ぶ

  2. 事前に無理のない返済計画を立てておく

  3. 契約に際しては、借入額や金利、返済期間などの契約内容を書面で十分確認する

  4. 無利息期間や繰上返済を活用する

1.正規の消費者金融を選ぶ

「日本貸金業協会」(貸金業法にもとづく自主規制機関)に加盟している正規の消費者金融を選ぶのは必須です。

同会は貸金業の適正な運営を目的としており、会員の会社は法外な金利の請求や悪質な取り立てを行うことが禁じられています。そして闇金でない正規の消費者金融は必ず、貸金業者登録をしています。

消費者金融の利用にあたって、不安なときは、金融庁の「登録貸金業者情報検索サービス」で、業者番号と貸金業者名が一致するかを確認してください。

個人間融資も違法業社と同様に、非常に危険ですので絶対に利用しないようにしましょう。

2.事前に無理のない返済計画を立てておく

将来の収入の見込みなどを想定して、ご自身の返済余力を正確に見積もり、無理のない返済計画を立てましょう。

各消費者金融会社のWEBサイトでは、借入希望額や返済回数などを入力することで、返済のシミュレーションを簡単に行うことができます。

3.金利や返済の仕組みを理解して利用する

貸金業者との契約の手続きは、法律(貸金業法)で定められています。

借入額や金利、返済期間、担保の提供などの契約内容を必ず書面で確認し、ご自身が納得した上で契約に臨んでください。

もし、契約内容や手続きが適正に行われているのか疑問を感じたら、各登録行政庁(財務局または都道府県)や日本貸金業協会の窓口に相談することをお勧めします。

4.無利息期間や繰上返済を活用する

特にはじめての利用者に対しては一定の無利息期間を設けている会社もあります。早期に返済できる見込みのある方は、その無利息期間を活用するのもポイントのひとつです。

また、カードローンの金利は年率で表記されていますが、利息は日割りで発生します。

早く返済すれば、その分利息が安くなります。繰上返済制度を設けている会社もあるので、余裕があるときは、繰り上げ返済を活用しましょう。

消費者金融を利用するにあたってよくある質問

  • 専業主婦や無職、学生でも借りられますか?

    基本的に、大手であれ中小であれ、専業主婦や無職の人は収入がないものとみなされ、消費者金融から融資を受けることはできません。パートやアルバイトなど、少量でも収入があることが重要です。

  • ブラックでも審査に通りますか?

    「日本貸金業協会」に加盟している正規の消費者金融が取り扱う金融商品の中に、ブラックな人(ブラックリスト入りしている)でも借りられるカードローンはありません。

  • ブラックでも審査に通りますか?

    「日本貸金業協会」に加盟している正規の消費者金融が取り扱う金融商品の中に、ブラックな人(ブラックリスト入りしている)でも借りられるカードローンはありません。とりわけ、大手消費者金融ではブラックだと絶対にお金を借りることはできません。
    ただし、中小消費者金融会社の中には、現在の延滞がなければ、過去にブラック履歴があっても相談に乗ってくれるところもあります。

  • 勤務先への在籍確認は必ず電話でありますか?

    在籍確認は基本的に電話で行われます。ただし、消費者金融会社によっては、自宅や勤務先への電話連絡を行わないことを表明している会社もあります。一例として、大手消費者金融のアイフルは「原則として、お申込の際に自宅・勤務先へのご連絡は行っておりません。」と、福岡のアムザは「弊社の審査では、保険証の確認のみで在籍確認等は行っておりません。」と、それぞれ公式サイトに明記しています。

まとめ

消費者金融に対しては、いまだに「法外な金利で貸し付ける」「取り立てが怖い」といったマイナスイメージを持つ人もいるようです。

現在では「貸金業法」にもとづき、消費者金融業を営む場合は、貸金業者として財務局または都道府県への登録が必要となっています。その貸金業法により、消費者金融会社は借主の返済能力を超えた融資(年収の1/3を超えない)や、違法な金利での貸付などは禁止されています。

ご自身の返済能力を正しく見積もって計画的に利用すれば、消費者金融は非常に利便性が高く、いざという時に味方になってくれます。

利用前には、借入前に金融庁の「登録貸金業者情報検索サービス」で情報を検索し、必ずチェックしましょう。

監修者コメント

山内 真由美 ファイナンシャルプランナー(CFP認定者) 住宅ローンアドバイザー DCプランナー2級

借入先は落ち着いて慎重に選びましょう

急ぎのお金を工面する際は慌てている場合が多く、つい確認がおろそかになりがちです。貸金業者によって借入条件に大きな違いがありますので、落ち着いてしっかり確認しましょう。

記事の編集責任者 小野原 慎也 Onohara Shinya

高校卒業後、様々な業界を経てポート株式会社へ。
数多くの金融メディアで、ライターとして1,000本以上の記事を執筆。
MONEY LEAFでは「お金に関するさまざまな知識が集まる情報ポータルサイト」として、最新の比較情報や賢く利用するためのノウハウ記事を発信している。

TOPへ戻る