アコムの増額審査時間はどれくらい?結果を即日に貰うコツを解説

/

アコム増額審査

記事の監修者

國弘 泰治 MBA・オフィスALIVE代表。資格:MBA(経営学修士)、2級ファイナンシャルプランニング技能士、AFP

投資用マンションの営業の退職後、その後フリーターをしながらFP資格を取得し独立。現在はMBA・FPオフィスALIVEの代表を務めている。得意分野は不動産投資と海外投資、相続・事業承継、法人向け資産運用。

アコムで増額を検討されている方からすると、審査時間がどれくらいかかるのか気になるところでしょう。

結論を言うと、増額審査の結果は即日に出る場合が多いです。ただ、申込み時間や審査内容によって、結果が翌営業日以降に出ることもあります。

本記事では、増額審査の時間が遅くなる原因や、審査をスムーズに受けるコツについても解説していきます。最後に、増額できない場合の対処法も紹介するので参考にして下さい。

アコム

金利
3.0%~18.0%
借入限度額
1万円~800万円
融資スピード
最短30分
アコム
  • 「はじめてのアコム」でおなじみ!
  • 審査は最短30分で即日融資も可能!
  • 利用者数は業界トップクラス!

公式サイトはこちら

アコムの増額審査は即日に出る場合が多い

アコム受付時間

アコムの増額審査の結果は即日に出ます。なぜなら、公式サイトに「原則、お申込み当日に回答」と記載されているからです。

しかし、必ずしも即日に審査結果が出るわけではなく、「申込みする時間や審査の内容によっては、翌営業日以降になる場合がある」とも合わせて書かれています。

ここからは、即日に審査結果をもらうために、アコムの審査時間や申込み方法について解説していきます。

アコムの審査対応時間は9時~21時

アコムの審査対応時間は、土日祝日問わず9時~21時までです。そのため、21時以降に申込みした場合、審査結果は翌営業日以降に持ち越されます。

つまり、即日に審査結果を貰いたいのであれば、21時前に申込む必要があります。ただ、審査には時間もかかるため、21時ギリギリに申込んでも即日に結果を貰えない可能性が出てきます。そのため、審査時間を考慮して30分前の20時半までには申込みを済ませておくようにしましょう。

申込み方法によって受付時間が変わる

アコムで増額する際、5つの申込み方法を選択できます。申込み方法によって、受付時間が異なるため事前にチェックしておきましょう。

各申込み方法の、受付対応時間は以下の通りです。

申込み方法対応時間
会員ページ(インターネット)24時間
アコムATM24時間
アコム総合カードローンデスク(電話)9~18時(土日祝日休業)
自動契約機(むじんくん)9~21時(年中無休)
店頭窓口9:30~18時(土日祝日休み)

今主流となっているのは、会員ページからの申込みとなっています。理由としては、お手持ちのパソコンもしくはスマホを使って好きな時間に申込みができ、店頭窓口に行く必要もなく手間が省けるからです。

また、アコム総合カードローンデスクと店頭窓口は、土日祝日に受付対応していないので気をつけましょう。

増額審査の時間が長引く原因

アコムの審査結果が遅れる原因

アコムの公式サイトに、結果は審査内容によっては、翌営業日以降になると記載されていますが、増額申込みを検討している方からすると、どのような原因から審査時間が長引くのか知りたいですよね。

ここからは、増額審査の時間が長引く4つの原因について解説するので、申込み前に確認をしておきましょう。

1:提出書類に不備がある

提出書類に不備があると、書類を差し戻される場合があり、審査に時間がかかってしまいます。よくある書類不備の具体例は以下の通りです。

書類不備の具体例

  • 勤務先の住所や電話番号を間違えている

  • アップロードされた本人確認書類の画質が悪い

  • 嘘の収入を書いている

書類不備は、審査時間が遅れるだけでなく、審査落ちの原因にもなってしまいます。そのため、提出前に必ず不備がないか確認するようにしてください。

2:在籍確認がとれない

アコムの増額審査では、在籍確認は基本的に行いません。

しかし、初回契約時以降に転職して勤務先が変わっている場合は、在籍確認が行われます。

在籍確認時に、職場に連絡がつかないと審査時間も長くなってしまいます。スムーズに在籍確認を行うために、勤務先に電話が繋がる時間帯を予めアコムに伝えておきましょう。

3:申込み件数が多く混み合っている

増額申請する際、他の増額申込みや新規申込みが殺到してしまうと、審査時間も普段より長くなってしまいます。

審査の状況について気になる場合は、アコム総合カードローンデスク(TEL:0120-629-215)に電話をして確認してみましょう。

アコム総合カードローンデスクの受付時間は平日9時~18時までとなるので、注意してください。

4:審査結果のメールが迷惑フォルダーに届いている

審査結果のメールが届いているのに、見落としているケースもあります。

特に注意が必要なのが、メール設定が原因で審査結果の連絡に気づけないことです。人によっては迷惑メールの対策をしていると思いますが、アコムからのメールもそこに含まれていないか事前に確認をしておきましょう。

審査に通るためのセルフチェックをしてこう

増額審査前のチェック項目

自分が増額審査に通る状況かどうか判断するため、事前にセルフチェックをしてみてください。

これから解説する、4つのチェック項目をクリアしていれば増額できる可能性は高いと言えます。確認して問題なければ、増額申込みをしてみてください。

チェックポイント1:利用実績を確認する

増額審査において、利用実績は重要な項目になります。

利用実績とは、「借りたお金をしっかり期限内に返済できるのか」という部分になります。アコムからすれば、貸したお金をしっかり返済できるか分からない人に対して、追加で融資をしたいとは思わないでしょう。だからこそ、一定期間利用して返済能力があることを証明する必要があるのです。

つまり、アコムを利用してからまだ1~2ヶ月程しか経過していない段階で増額申込みしても、審査に通るのは難しいと言えます。

アコムから明確な判断基準が公表されているわけではありませんが、一般的に増額するには半年ほどの利用実績が必要になると言われています。

チェックポイント2:自分の年収

増額審査において、年収も重要な判断基準となります

アコムと、初めて契約を結んだときより年収が高くなっているのであれば、増額できる可能性は高くなると言えます。年収の高さは返済能力を証明する材料にもなるからです。

逆に、会社の業績悪化などで年収が下がっていると、返済能力が低下しているとみなされ、審査に通過するのは難しくなるでしょう。最悪の場合、今より利用限度額を下げられてしまうリスクもあるので、慎重に判断する必要があります。

チェックポイント3:現在の借入総額

現在の借入している金額によっては、増額するのが難しい可能性もでてきます。

アコムは、貸金業法に基づいて個人向けに融資を行っており、その中には「総量規制」と呼ばれるルールが定められています。

総量規制
貸金業者の過剰融資を防止するために設けられたもので、個人の借入総額を年収の1/3までとする規制のこと

つまり、年収300万円の方が既に100万円借入している場合、これ以上の増額は不可能となります。アコム以外からも借入している場合、その金額も合算した総額が判断対象となるのを理解しておきましょう。

年収の3分の1を超える借入はできない

チェックポイント4:他社の利用状況

既に、複数のカードローンを利用している方に限りますが、他のカードローンで返済を延滞もしくは遅延している場合、増額するのは難しいでしょう。

カードローン会社とのやり取りは、信用情報機関によって記録、管理しており同業他社で情報を共有されるようになっています。

つまり、A社で延滞した情報が、同業他社であるアコムにも伝わってしまうということです。当たり前の話ですが、延滞歴のある人の増額申込みを受け入れてくれる可能性はかなり低いと言えるでしょう。

【キャッシングコラム】増額の相談は多いのか

編集者

増額申請の相談は多く寄せられますか?

フタバ株式会社 貸付担当

はい。多くいただきます。

編集者

どのような方が増額審査に通過しやすいですか?

フタバ株式会社 貸付担当

厳密にはお答えできませんが、一定の期間内に「返済の遅れがない方」や「限度額いっぱい利用していない方」は信用がおけますので、好印象です。

増額が難しいなら他のカードローンを検討してみる

セルフチェックの項目を全てクリアしていないと、増額審査に通る可能性は低いと言えます。ただ、どうしても今すぐお金が必要な方もいるでしょう。そんな方は、他のカードローンに新規申込みするのも一つの手です。

「増額するのが難しいのに、他のカードローンに申込みしても大丈夫なの?」と疑問に思った方に向けて、他社申込みを選んでも良い理由と、多くの人に選ばれているカードローンを紹介します。

他社の新規申込みなら審査に通る可能性がある

新規申込みをする場合、もちろん入会審査を受ける必要があります。ただ、カードローン会社の審査基準はそれぞれ微妙に異なります。

そのためアコムの増額審査が難しかったとしても、他社の審査なら通過する場合もあるということです。実際に、増額審査には通らなかったけど、他社の入会審査には通った人もいます

審査が速いカードローンなら即日に借入できる

大手消費者金融の審査時間

審査が速い大手消費者金融のカードローンなら、最短30分程で融資を受けられます。

増額を検討していた方の中には、「早く追加で融資を受けたい」と考えている人も多いでしょう。そんな方は、融資までのスピードに優れている大手消費者金融カードローンを検討してみてください。

さらに、大手消費者金融のカードローンは、新規申込みをWEBで完結できてしまいます。そのため、わざわざ店頭に行く必要もなく、好きなタイミングで申込めるメリットもあります。

多くの人に選ばれている即日融資可能なカードローン

ここからは、即日融資に対応している大手消費者金融のカードローンを3つ紹介します。今回紹介するカードローンは、多くの人に融資してきた実績があるので、安心して利用することができます。

カードローンによって、それぞれサービス内容が異なるため自分の目的に合うものを探してみてください。

即日融資可能なカードローン

  • アイフル

  • プロミス

  • SMBCモビット

アイフル

アイフルの特徴

  • WEB申込みなら最短25分で融資が可能

  • 1秒診断で借入可能か事前に知れる

  • 申込み時に自宅や勤務先への連絡は原則不要

アイフルは、融資までのスピードに優れているカードローンで、WEB申込みなら最短25分で融資をしてくれます。また、申込み前に1秒診断を受ければ、自分が借入できる状況なのか簡単に知れるので、是非活用しましょう。

さらに、WEB申込み後に急いでいる旨を電話で伝えると、審査を優先的に進めてもらえるサービスもあり、書類の郵送受渡や在籍確認時の電話連絡が原則不要なのも、利用者にとって大きなメリットです。

以上のことから、アイフルは早く融資を受けたい方に選ばれているカードローンとなっています。

アイフル

金利
3.0%~18.0%
借入限度額
1万円~800万円
融資スピード
WEBなら融資まで最短25分
アイフル
  • WEB申込なら融資まで最短25分も可能
  • 初めてのお借り入れなら30日間金利がゼロ円
  • 1秒診断でお借り入れ可能か事前に知ることができる

公式サイトはこちら

プロミス

プロミスの特徴

  • WEB申込みなら最短30分で融資可能

  • 大手消費者金融の中では上限金利が低く設定されている

  • 初回借入から30日間の無利息期間がある

プロミスは、WEB申込みだと最短30分で融資が可能なカードローンです。

大手消費者金融の上限金利は、年18.0%のところが多いですが、プロミスの場合は年17.8%となっています。カードローンは、少額の借入になるほど上限金利に近づくため、少額融資を希望の場合に低金利のメリットが活かされます。

さらに、初回借入から30日間の無利息期間があるため、返済金額をより抑えることができるのです。

以上のことから、プロミスは返済額を抑えたい方に選ばれているカードローンになります。

プロミス

金利
4.5~17.8%
借入限度額
500万円
融資スピード
最短25分
プロミス
  • 初回借入から30日間は利息ゼロ円
  • WEBなら最短25分融資も可能
  • 2019年~2022年と4年連続でオリコン顧客満足度調査ノンバンクカードローン初回利用第1位を獲得

公式サイトはこちら

SMBCモビット

SMBCモビットの特徴

  • 10秒簡易審査で借入可能か判断できる

  • 申込み時に自宅や勤務先への連絡は原則不要

  • アプリを使えばカードレスで借入できる

WEB申込に限り、SMBCモビットでも最短即日融資が可能です。前に10秒簡易審査を受けられ、借入可能かどうか判断をしてくれます

さらに、書類の郵送受渡や在籍確認時の電話連絡が原則不要で、モビットアプリを使えばカードレスで利用できるため、ローンカードがなくても借入ができます。また、三井住友銀行のATMで借入や返済する場合、手数料がかかりません。

以上のことから、SMBCモビットは「借入するのをバレたくない」方に選ばれているカードローンになります。

SMBCモビット

金利
3.0~18.0%
借入限度額
800万円
融資スピード
最短即日融資可能
SMBCモビット
  • 10秒簡易審査で事前審査可能
  • WEB完結申込で電話連絡&郵送物なし
  • モビットアプリを使えばカードレスで利用可

申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

公式サイトはこちら

新規のカードローンに申込む上での注意点

アコムと合わせて、他のカードローンを使えば今より借入額を増やせるメリットもあります。ただ、同時に複数のカードローンを利用する場合、注意しなければいけない点もあります。

カードローンを複数利用するリスク

新規申込みする前に、カードローンを複数利用する上での注意点について理解しておいてください。

複数利用の注意点

  • 返済日の管理が大変になる

  • 毎月の返済額が増える

返済日の管理が大変になる

借入先が増えると、月に何度も返済日がくる可能性があります。これは借入したカードローンによって、返済日や返済方法に違いがあるためです。現在使っているアコムと、新規で利用するカードローンの返済日がバラバラになると、管理が大変になってしまいます。

もし、支払い忘れで期限内に返済できなかった場合、遅延損害金が発生するリスクもあります。対策として、支払い方法を自動引き落としにしておくと良いでしょう。

毎月の返済額が増える

借入額が増えれば、毎月の返済額が今よりも増えます。

例えば、アコムに毎月5,000円返済するだけだったのが、新しく利用するB社にも毎月5,000円支払うといった状況になるということです。

複数借入するというのは、多重債務になるため必ず返済計画を立てる必要があります

多重債務
複数の業者から借金をしていている状況。

何も考えず安易に借入すると、返済する時に苦労してしまいます。自分の収支を見て、無理なく返済できる範囲で借入するようにしてください。

アコムの増額審査にかかる時間に関する質問

  • アコムの増額審査にかかる時間はどれくらいですか?

    アコムの増額審査は、即日で完了するケースがほとんどです。
    アコムの審査対応時間は、9:00~21:00です。審査は、最低でも30分ほどの時間が必要なので、その日のうちに結果連絡がほしい場合は、遅くても20時までには申請しておきましょう。

  • 増額審査の結果連絡が当日に来なかった理由は何ですか?

    増額審査の結果連絡が当日に来なかった理由としては「提出した書類に不備がある」「職場への在籍確認が取れない」「申込件数が多く審査が進んでいない」「結果連絡が迷惑メールフォルダに入っている」などが考えられます。
    審査状況が気になる場合は、アコム総合カードローンデスク(TEL:0120-629-215)に連絡しましょう。

  • アコムの増額審査を通過するポイントを教えてください。

    アコムの増額審査を通過するポイントは、利用実績を積み重ねたり、年収を上げたりしてから増額申請することです。
    反対に、返済に遅れたり、年収が下がったりした状態で増額申請をしてしまうと、借入限度額が下がる可能性があります。

まとめ

アコムの増額審査は即日に結果を貰える場合が多いですが、申込み時間や審査内容によっては、翌営業日以降になります。審査受付時間は9~21時となっているので、即日に審査結果を貰いたいなら、余裕を持って20時半までに申込みを済ませましょう。

提出書類に不備があると、審査時間が遅れてしまう場合があります。そのため、提出前に不備がないのか、必ずチェックするようにしてください。

増額審査を受ける前に、重点的に見られる4つのポイントを満たせているかセルフチェックをしておきましょう。

増額審査で見られる4つのポイント

  • 利用実績を確認する

    一定期間アコムを利用して、期限内に返済ができているか

  • 自分の年収

    アコムと契約した時より年収が上がっているか

  • 現在の借入総額

    年収の3分の1を超える借入はできない

  • 他社の利用状況

    他社で返済の延滞や遅延を起こしていないか

増額審査に通るのが難しいと感じたら、「アイフル」「プロミス」カードローンを新規で利用するのを検討してみましょう。WEB申込みなら、自分の好きな時間に申込めるので便利です。

ただ、複数のカードローンを利用する場合、返済日の管理が大変なることや、月々の返済額が増えるリスクがあるのを理解しておきましょう。自分の収支を見て、無理なく返済できる範囲で借入するようにしてください。

監修者コメント

國弘 泰治 MBA・オフィスALIVE代表。資格:MBA(経営学修士)、2級ファイナンシャルプランニング技能士、AFP

増額のリスクにも注意

アコムのカードローンの増額審査時間は即日結果が出るようになります。ただ増額審査を受ける場合4つの項目を確認してください。もし難しいようであれば、他のカードローンへ申し込むことも1つです。ただカードローンを利用するとなれば、返済日が増えることで管理が大変であることや月々の返済が増えるリスクがございます。

記事の編集責任者 小野原 慎也 Onohara Shinya

高校卒業後、様々な業界を経てポート株式会社へ。
数多くの金融メディアで、ライターとして1,000本以上の記事を執筆。
MONEY LEAFでは「お金に関するさまざまな知識が集まる情報ポータルサイト」として、最新の比較情報や賢く利用するためのノウハウ記事を発信している。

TOPへ戻る