プロミスは土日・祝日でも利用できる!平日以外の審査・借入について詳しく解説

プロミスは土日でも利用可能

記事の監修者

山内 真由美 ファイナンシャルプランナー(CFPⓇ認定者) 住宅ローンアドバイザー DCプランナー2級

北海道出身 国立大学法人 小樽商科大学 商学部卒。夫、双子の娘、義理の母の5人家族。大学卒業後、10年間食品メーカー勤務。夫の転勤を期に退職し、北海道から東京へ。40歳で双子を出産。双子の教育費の不安を解消すべく、お金の勉強をする。都市銀行の運用相談部門勤務後、地域の家族のお金のアドバイザーとして「FPオフィスライフ&キャリアデザイン」を開所。
>>FPオフィスライフ&キャリアデザイン

プロミスのカードローンは土日・祝日でも利用できるのか、気になりますよね。

結論、土日・祝日でも問題なく利用できます。借り入れや返済の方法が豊富にあるほか、WEB申込みであれば最短30分で審査が完了します。

とはいえ、平日とことなる点や注意点もあるため、本記事では、プロミスの土日利用について、注意点や申込手順を解説します。

プロミスのカードローンは土日・祝日でも利用できる

土日・祝日でもカードローンを利用できる

プロミスは土日・祝日でもカードローンを利用できます。通常の金融機関とは異なり、土日・祝日でも営業しているためです。

ただし、平日とまったく同じというわけではありません。「審査」と「借入」の2つに分けて、利用可能時間などを詳しく解説します。

土日の審査

プロミスは土日にも審査を実施しています。在籍確認も平日と同じように行うため、契約が週明けに回されるということもありません。

また、WEB申込みであれば事前審査が最短15秒で、本審査が最短30分で完了します。土日でも審査・在籍確認がスムーズに進むため、「土日に急遽お金が必要になった」という場合も安心です。

なお、土日の審査回答時間は平日と同じく「9:00〜21:00」です。21:00までに審査が完了しないと、翌営業日以降の対応になるため注意しましょう。

土日の借入

プロミスは土日でも問題なく借り入れできます。プロミスの店舗窓口は休業しているものの、プロミスATMを使えば借入自体は可能です。

プロミスATMを含めた土日対応している借入方法は、大きく分けて以下の3つがあげられます。

プロミスの借入方法

  1. 銀行振込(瞬フリ)

  2. プロミスATM

  3. 提携ATM

それぞれ、ひとつずつ解説します。

借入方法1.銀行振込(瞬フリ)

スピーディな借り入れを希望する方は、24時間利用できる銀行振込(瞬フリ)がおすすめです。

銀行振込はスマートフォン・パソコン、電話を用いて借り入れる方法であり、全国約200の金融機関で、24時間365日夜間でも利用できます。

また、24時間振込可能な金融機関の口座を保有していれば、最短10秒で振り込んでもらえます。銀行振込の基本的な利用方法は、以下の手順をご確認ください。

  1. プロミス公式サイトから会員サービスにログイン

  2. 振込先口座を登録(変更)

  3. 振込キャッシングを申込む

  4. ATMを使って現金を引き出す

なお、プロミスは毎週システムメンテナンスを実施しています。メンテナンス中は振込予約となるため注意しましょう。

曜日受付時間振込実施時間
毎週土曜23:30~24:00翌日8:45~9:30頃
毎週日曜0:00~4:00当日8:45~9:30頃
18:50~24:00翌日8:45~9:30頃
毎週月曜7:00~8:00
※0:00~7:00は利用不可
当日8:45~9:30頃

金融機関の営業日によっては、翌営業日の振り込みになる場合もあります。

借入方法2.プロミスATM

プロミスATMは、全国各地のプロミス店舗に設置されているATMです。コンビニや銀行に置かれているATMとは違い、手数料無料で借入・返済の手続きが行えます。

プロミスATMを使った借入手順は以下の通りです。

  1. プロミスカードをATMに挿入

  2. ATM画面の「ご融資」を選択

  3. 借り入れの希望金額を入力

  4. 借入金額を確認し、「確認」を選択

  5. 現金とプロミスカードを受け取る

プロミスATMの利用可能時間は、土日・祝日に関わらず「7:00~24:00」です。深夜帯は利用できないため注意しましょう。

なお、プロミスATMの設置場所は、公式サイトの「店舗・ATM検索」から確認できます。

借入方法3.提携ATM

提携ATMとは、プロミスが全国のコンビニや銀行と提携しているATMのことです。お近くのコンビニや銀行から手続きを行えるため、提携ATMは利便性に優れています。

利用手順は提携先によって異なりますが、基本的には以下の手順で借り入れします。

  1. プロミスカードをATMに挿入

  2. ATM画面の「お引き出し(借入)」を選択

  3. 借り入れの希望金額を入力

  4. 借入金額を確認し、「確認」を選択

  5. 現金とプロミスカードを受け取る

提携ATMは利用できる金融機関が多くて便利ですが、借入・返済するたびに利用手数料が基本かかります。主な提携先の利用手数料と営業時間は、以下の一覧表をご確認ください。

提携先取引1万円以下の手数料取引1万円超の手数料営業時間
三井住友銀行無料無料0:00~24:00
コンビニ全般110円220円0:00~24:00
ゆうちょ銀行110円220円0:05~23:55
三菱UFJ銀行110円220円0:00~24:00
西日本シティ銀行110円220円8:00~21:00
イオン銀行110円220円0:00~24:00

提携先の情報を詳しく知りたい場合は、プロミス公式サイトの「提携先のご案内」をご覧ください。

プロミスを土日に利用する場合の注意点3つ

土日・祝日でもカードローンを利用できる

土日にプロミスを利用する場合は、以下3つの注意点が考えられます。

  1. 審査に時間がかかる可能性がある

  2. プロミスの対応時間が変化する

  3. 土日でも在籍確認は行われる

即日融資を受けたい方にとっては重要なポイントであるため、以下詳細を事前に押さえておきましょう。

注意点1.審査に時間がかかる可能性がある

ひとつ目は、審査に時間がかかる可能性がある点です。土日は仕事や学校が休みの方が多いため、プロミスへの申込みが集中しやすくなります。

結果としてプロミスの審査が混雑してしまい、完了までに時間を要してしまう場合があるのです。

特に、審査回答時間(9:00〜21:00)ギリギリに申込む場合は注意が必要です。土日は審査完了までに時間がかかることから、ギリギリの申込みだと回答時間に間に合わず、即日融資を受けられない可能性があります。

そのため、土日に即日融資を希望する場合は、時間に余裕を持って手続きを進めましょう。

注意点2.プロミスの対応時間が変化する

土日・祝日は、プロミスの対応時間が変化するため注意が必要です。対応時間を把握せずに利用しようとすると、無駄足を踏むことになります。

対応時間の違いは以下の一覧表をご確認ください。

利用方法平日の対応時間土日の対応時間
店舗窓口10:00~18:00なし
障がいのある方からのお問い合わせ入力フォーム9:00~18:00翌営業日の9:00以降に対応
レディースコール(電話)9:00~21:009:00~21:00
プロミスコール(電話)9:00~21:009:00~21:00
自動契約機9:00~21:009:00~21:00

土日にプロミスを利用する方は、事前に対応時間を確認しておきましょう。

注意点3.土日でも在籍確認は行われる

3つ目の注意点は、土日でも在籍確認が行われることです。「土日なら会社が休みだから在籍確認は行われないはず」と、思っている方は注意が必要です。

在籍確認とは

登録した勤務先が虚偽ではないかを確認する行為のことで、申込者の返済能力を確認するために行います。在籍確認が完了しなければ、基本的に契約手続きを進められません。

プロミスの在籍確認は、基本的に勤務先への電話連絡が実施されます。プロミスの電話連絡は土日でも問題なく行われますが、勤務先が土日休みで対応できない場合、在籍確認が完了せずに審査がストップしてしまいます。

土日に即日融資を希望する方は、事前に勤務先が対応できるのか確認をとっておきましょう。対応できない場合はプロミスにその旨を相談し、在籍確認の方法を書類確認に変更してもらいましょう。

プロミスコール:0120-24-0365

プロミスに相談したとしても、必ず在籍確認の方法を変更できるわけではありません。

土日に即日融資を受けるための申込み手順

即日融資はインターネット申込みがおすすめ

プロミスの申込方法は、主に以下の5種類があげられます。

プロミスの申込方法

  1. WEB申込み

  2. プロミスコール(電話)

  3. 郵送

  4. 店頭窓口

  5. 無人契約機

プロミスにはこれら複数の申込方法があるものの、すべてが土日の即日融資に対応しているわけではありません。

早めの融資を希望している方は、スマートフォンやパソコンを使ったWEB申込みがおすすめです。

WEB申込みであれば24時間365日いつでも申込可能で、ほかの申込方法に比べて審査・借入がスピーディに完了します。なお、WEB申込みの具体的な手順は以下の通りです。

  1. プロミスの公式ホームページから申込む

  2. 必要書類をインターネットで提出する

  3. 審査・在籍確認が行われる

  4. 審査結果が通知される

  5. 契約手続きを進める

  6. プロミスとの契約が完了する

  7. 借り入れを開始する

スマートフォンやパソコンの画面に従って進めるだけなので、初めてカードローンを利用する方でも安心です。

WEB申込みを利用する際にはネット環境が必要です。

申込時に必要となる書類

申込時には「本人確認書類」の提出が必ず求められます。具体的には、以下のような書類が該当します。

本人確認書類

  • 運転免許証

  • 健康保険証※1

  • パスポート

  • マイナンバーカード※2

  • 在留カード

  • 特別永住者証明書

記載の住所が現在と異なる場合や、自動契約機で健康保険証を提出するケースでは、以下の追加書類が必要となります。

追加書類

  • 公共料金の領収書(ガス・電気・固定電話など)

  • 公的機関発行の書類(住民票の写し・印鑑登録証明書など)

これら追加書類は発行から6ヶ月以内のものが有効です。そのほか、借入状況によっては以下の「収入証明書類」が求められます。

収入証明書類

  • 源泉徴収票

  • 給与明細書

  • 住民税決定通知書/納税通知書

  • 確定申告書

  • 所得(課税)証明書

プロミスへの申込みを検討している方は、これら必要書類を事前に確認しておきましょう。

プロミス

金利
4.5~17.8%
借入限度額
500万円
融資スピード
最短30分
プロミス
  • 初回借入から30日間は利息ゼロ円
  • WEBなら最短30分融資も可能
  • 2019年~2022年と4年連続でオリコン顧客満足度調査ノンバンクカードローン初回利用第1位を獲得

公式サイトはこちら

※1.健康保険証
本人確認書類として健康保険証をご提出いただく場合は、記号・番号・保険者番号・QRコードの箇所を見えないようにマスキングして、ご提出いただきますようお願いいたします。(介護保険証を除きます。)

※2.マイナンバー
マイナンバー(個人番号)が記載されている本人確認書類または収入証明書類などをご提出いただく際は、その箇所を見えないようにマスキングして、ご提出いただきますようお願いいたします。

限度額の増額は土日でも対応してくれる?

土日は自動契約機からの増額申請しか対応しない

プロミスは土日・祝日であっても、以下3つの方法で増額申請を行えます。

増額方法

  1. 電話

  2. インターネット

  3. 自動契約機

しかし、プロミスの増額審査は、原則として「平日9:00〜18:00」しか実施していません。

つまり、土日・祝日に増額申請をしたとしても、当日中には対応をしてもらえず、限度額の調整は行われません。これは、24時間365日申請できるWEB申込みでも同様です。

自動契約機なら土日でも審査してもらえる

自動契約機で行う増額申請だけは例外で、土日でも審査してもらえます。

自動契約機の営業時間は「9:00〜21:00」であるため、土日に当日中の増額を希望する方は、自動契約機で時間内に申請しましょう。

なお、自動契約機で増額申請する手順は以下の通りです。

  1. 自動契約機に設置されている電話機で担当者に連絡する

  2. 限度額の増額を申込む

  3. 増額審査が行われる

  4. 審査に通れば限度額が増額される

土日に増額申請する際の3つの注意点

土日に増額申請をする場合、注意点が3つあります。当日中に限度額を増やしたい方は、以下の注意点を理解した上で手続きを進めましょう。

注意点1.営業時間ギリギリだと翌営業日以降になる

ひとつ目は、営業時間ギリギリだと翌営業日以降になる点です。土日はカードローンの申込みと同じく審査が混雑する可能性があるため、できるだけ早めに増額申請を行いましょう。

また、増額の手続きは30〜60分ほど時間を要することからも、当日中に対応してもらいたいのであれば、営業時間ギリギリの増額申請は控えるべきです。

注意点2.場合によっては在籍確認が必要

増額時に在籍確認が必要になる場合もあります。その場合、土日に勤務先が対応できなければ審査が中断されるため、限度額の増額は達成されません。

なお、増額時の在籍確認は、初回申込時から勤務先が変更されていた場合や、収入が大きく減少していた場合に発生します。

これらに該当する方は、勤務先への在籍確認がある前提で増額申請を検討しましょう。

注意点3.収入証明書類の提出が求められることがある

3つ目は、収入証明書類の提出が求められることがある点です。以下の3つに該当する場合、収入証明書類の提出が求められます。

収入証明書類が必要なケース

  • 提出した収入証明書類の発行日から3年以上が経過している場合

  • プロミスの利用限度額が50万円を超える場合

  • プロミスの利用限度額とほかの貸金業者からの借入総額が100万円を超える場合

土日は勤務先が休業していることが多いため、収入証明書類を用意できない場合があります。これらの項目に該当している方は、事前に必要書類を用意しておきましょう。

まとめ

本記事では、プロミスの土日利用について、注意点や申込手順を解説しました。

プロミスは通常の金融機関とは異なり、土日・祝日でもカードローンを利用できます。しかし、平日の利用と異なる点があるほか、いくつかの注意点も考えられます。

また、限度額の増額についても審査可能時間が違います。これら土日の手続きをスムーズに進めるためにも、ぜひ本記事で解説した内容を事前に理解しておきましょう。

プロミス

金利
4.5~17.8%
借入限度額
500万円
融資スピード
最短30分
プロミス
  • 初回借入から30日間は利息ゼロ円
  • WEBなら最短30分融資も可能
  • 2019年~2022年と4年連続でオリコン顧客満足度調査ノンバンクカードローン初回利用第1位を獲得

公式サイトはこちら

監修者コメント

山内 真由美 ファイナンシャルプランナー(CFPⓇ認定者) 住宅ローンアドバイザー DCプランナー2級

土日の即日融資は在籍確認できるかが最重要ポイント

審査には在籍確認が必要であるため、勤務先が土日休みであれば審査が進みません。土日に即日融資を受けるハードルは高いため、平日に余裕をもって利用することがおすすめです。

TOPへ戻る