給料の前借りは条件によっては可能!ただし会社次第なので代替案も紹介

/

給料前借り

記事の監修者

小林 恵 日本FP協会認定ファイナンシャル・プランナー(AFP)、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、貸金業務取扱主任者

福井県出身。関西学院大学社会学部卒。東京で情報通信関連の会社に勤務の後、2012年に郷里の福井にUターン。地方移住・教育資金・住宅購入などのセミナー講師、原稿執筆、ライフプラン作成支援を、対面・オンライン両方で行っている。WEBサイト:『福井のFP 小林恵』

急な出費などでお金がどうしても必要な時に、給料の前借りを希望する方も多いのではないでしょうか。

前提として、本記事における「給料の前借り」とは、期日よりも前に賃金を支払ってもらうことを意味しています。会社から借金をすることとは異なりますので、誤解しないよう注意してください。

さて、「給料日前の賃金の支払いに応じてくれるのか?」という問いに対する答えは、「会社によっては可能で、条件によってはできない場合もある」という曖昧なものです。

一体どういうことなのか?給料の前借りに関する詳細や条件について解説するとともに、代替案となる制度やサービスについても説明します。

前借りできるかどうかは会社による

前借りは必ずできるわけではない

前提として、従業員から給料の前借り依頼があっても、会社側に応じる義務は基本的にありません。

そのため、依頼をしたとしても、必ずしも前借りをできるわけではないということを認識しておく必要があります。

ただし、会社によっては、社内ルールとして「前借り可」としているところもあります。

そういったルールのある会社であれば、前借りについて相談してみてもよいでしょう。

前借りできる金額は働いた日数分の賃金のみ

実際に前借りするとなると、「具体的にいくら用意できるのか」という点が気になってくることでしょう。

結論を言うと、働いた日数分の賃金が支払われることになります。

働いた分しか前借りできない

なぜ、働いた日数分の賃金になるのか?

前提として、賃金とは「労働」に対する対価です。

すでに提供された労働に対しては対価があって当然ですが、まだ働いていない期間分の賃金については、そもそも支払いの根拠がありません。

冒頭で説明した通り、前借りというのは「給料を前倒しで受け取ること」です。

まだ提供されていない労働の対価を求められないというのは、当然と言えるでしょう。

例えば、給料日が毎月25日で、当月の10日に前借りをした場合、働いた15日分の賃金が支払われるということになります。

ちなみに、企業というものは、「従業員に対して働いていない分の給料を支払うこと」を法的に禁止されています。(労働基準法第17条より)

例外的に緊急時のみ会社は前借りに応じる必要がある

例外的に、厚生労働省が認める緊急事態であれば、会社は従業員の前借り依頼に応じなくてはなりません。

実際、労働基準法第25条にも、次のようなことが記載されています。

使用者は、労働者が出産、疾病、災害その他厚生労働省令で定める非常の場合の費用に充てるために請求する場合においては、支払期日前であつても、既往の労働に対する賃金を支払わなければならない。

引用元:厚生労働省HP

要するに、「労働者がどうしてもお金を用意しないと困る状況に立たされたら、期日前でも給料を渡して助けてあげなさい」ということです。

では、「緊急時」とは具体的にどういった状況なのか?簡潔にまとめると、以下の通りです。

厚生労働省が定める緊急事態

  • 結婚したとき

  • 出産したとき

  • 病気になったとき

  • 災害を受けたとき

  • 死亡したとき

  • やむを得ない理由があって1週間以上帰省するとき

    親族が亡くなってしまい、帰省をよぎなくされる場合など

なお、労働基準法はアルバイトや派遣社員にも適用されるため、緊急時の前借りは雇用形態を問わずに依頼できます。

前借りするまでの手順

前借りする手順

実際に前借りしようと思うと、「誰に相談して、どうやってお金を受け取ったらいいのか?」という点が気になることでしょう。

前提として、前借りの手順というものは全国的に統一されているわけではなく、具体的な手続きは会社によって異なります。

しかし、大筋としては同じような流れで行われていると考えられるので、ここで簡単な流れを確認しておきましょう。

  1. 上司に伝える

  2. 「前借りに関する申請書」を用意して,提出

  3. 前借り

なお、前借り制度が確立されている会社の場合は、その社内のルールに則って申請すれば問題ありません。

1.上司に伝える

最初に、自分の上司に「給料を前借りしたい」と伝えましょう。

その際、なぜ必要となったのかという理由・背景も説明してください。

そもそも、「給料日よりも前に賃金を支払う」という行為は、会社にとってイレギュラーな対応に他なりません。通常通りの対応でない以上、何の理由もなく実施できるわけではないのです。

そのため、上司に相談する際も、なぜ前借りが必要なのかという点はしっかり説明しなくてはならないのです。

2.「前借りに関する申請書」を用意して提出

会社から許可がおりたら「前借りに関する申請書」を用意しましょう。

会社が雛形を用意していない場合は、インターネット等でテンプレートを確認し、自分自身で準備する必要があります。

申込書には、以下の内容を記入する必要があります。

前借り関する申請書に記入すること

  • 日時

  • 前借りする金額

  • 申請理由

  • 捺印

会社から「申請書を用意しなくてもいい」と言われた場合でも、必ず自分で用意をしておきましょう。

なぜ準備する必要があるのかというと「残りの給料が支払われなかった」、などの金銭トラブルを避けるためです。

前借りに関わらず、お金のやり取りをする時は、書面に証拠を残すことが大切です。

3.前借り

申請書を提出したら、後は口座にお金が振り込まれるのを待つだけです。

前借りした賃金が口座に振り込まれる早さは会社によって異なるため、事前に確認をしておくと良いでしょう。

なお、一般的に銀行口座への振込みが反映されるのは平日9:00〜15:00です。

土日祝日にお金は振り込まれないので、日程に余裕を持って申請するようにしましょう。

前借りする際の注意点

前借りの注意点

繰り返しますが、前借りはどの会社でも利用できるものではありません。また、利用できる会社であったとしても、万能な制度ではないため、2点ほど注意しておくべきことがあります。

それぞれ解説するので、目を通しておいてください。

注意点1.前借りする理由がバレてしまう

前借りの申請を出すときに、借りる理由を基本的に記載しなければいけないため、何に使うのか、会社に知られてしまいます。

また、申請をすることで、「この方はお金の管理ができない人なのかな?」といったマイナスな印象を持たれてしまう可能性があるため、頻繁に前借りはしないようにしましょう。

注意点2.お金の使い道が限定される可能性がある

すでに説明した通り、緊急時を除いて、会社は前借りに応じる必要がありません。

裏を返すと、前借りしたお金は緊急対応に対してのみ利用できる、ということです。

「生活費の補填として」「娯楽として使いたい」などの理由だと、前借りできない可能性が高いので、ご注意ください。

前借りできなかった場合の代替案

前借り以外でお金を借りる方法

ここまで説明した通り、給料は必ずしも前借りできるわけではありません。

そのため、ここからは「どうしてもお金が必要なのに、前借りできなかった場合の代替案」を紹介します。

前借り以外でお金を借りる方法

  • 従業員貸付制度

  • カードローン

  • 質屋

従業員貸付制度

従業員貸付制度とは、文字通り「会社が従業員にお金を貸してくれる制度」で、福利厚生のひとつとして実施されています。

金融機関からお金を借りるよりも金利が低い傾向にありますが、そもそも一部の企業しか導入しておらず、また会社によって利用条件も異なるため、決して使い勝手がいいとは言えません。

また、こちらの制度を使用できるのは、基本的に正規雇用者のみとなっており、「勤務歴〇年以上」といった条件が設けられていることもあり、利用のハードルは高いと考えておきましょう。

カードローン

どうしてもお金が必要であれば、金融機関から借りるという選択肢もあります。

金融機関が個人に対して融資するサービスは沢山ありますが、特におすすめできるのがカードローンです。

なぜなら、カードローンで借りたお金は自由に使うことができ、融資までの時間も非常に早いからです。

ただし、必要以上に借りすぎてしまうと、返済に苦労してしまうので、あくまでも計画的な利用を心がけなくてはなりません。

 おすすめのカードローンはこちら

プロミス

金利
4.5~17.8%
借入限度額
500万円
融資スピード
最短25分
プロミス
  • 初回借入から30日間は利息ゼロ円
  • WEBなら最短25分融資も可能
  • 2019年~2022年と4年連続でオリコン顧客満足度調査ノンバンクカードローン初回利用第1位を獲得

公式サイトはこちら

アイフル

金利
3.0%~18.0%
借入限度額
1万円~800万円
融資スピード
WEBなら融資まで最短25分
アイフル
  • WEB申込なら融資まで最短25分も可能
  • 初めてのお借り入れなら30日間金利がゼロ円
  • 1秒診断でお借り入れ可能か事前に知ることができる

公式サイトはこちら

SMBCモビット

金利
3.0~18.0%
借入限度額
800万円
融資スピード
最短即日融資可能
SMBCモビット
  • 10秒簡易審査で事前審査可能
  • WEB完結申込で電話連絡&郵送物なし
  • モビットアプリを使えばカードレスで利用可

申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

公式サイトはこちら

【キャッシングコラム】給料日前のお申込は多いのか

編集者

実際、給料日前にお金が必要でカードローンを利用する方は多いのでしょうか。

フタバ株式会社 貸付担当

はい、多いですね。給料日前である月末は、カードローンのお申込が特に集中する時期でもあります。そのため、場合によっては審査結果のお知らせにお時間をいただくこともありますね。

編集者

審査に時間がかかる可能性があるのですね。給料日前の申込に何かポイントはありますか?

フタバ株式会社 貸付担当

お給料が振り込まれたら、できるだけ早い段階で返済いただくことで、利息額を最小限に抑えることが可能です。極端な話、給料日前日にご契約いただき、翌日にご返済いただければ利息額は原則1日分のみとなります。

質屋

質屋からお金を借りるという方法もあります。

質屋は自分の持っている品物を預けてお金を借りることができますが、借りることのできる金額はその持ち物によって変わります。

価値の高いものや、高級ブランド品などは高値で貸付を行ってくれる場合があります。金融機関のようなキャッシング審査がないため、誰でも気軽に利用することが可能です。

また、質屋によってはメールやLINEなどで査定する場合もあるため、店舗に行くことなく査定額の目安を知ることができます。

給料の前借りに関するよくある質問

  • 給料の前借りはいくらまで?

    給料の前借りは、すでに働いた日数のみが請求可能となっています。例えば、前回の給料締め日から10日間働いていたとすると、月収の日割り換算で10日間分が支払われます。残りの10日分(営業日が20日/月の場合)に関しては、まだ働いていないため請求することはできません。

  • 給料前借りのファクタリングとは?

    給料ファクタリングとは、将来もらえる給料(債権)を売却し、現金を得る民間サービスのことです。例えば、次の給料日に20万円が入ってくるという給与債権をファクタリング会社に売却すると、その場で20万円の現金を得ることができます。ただし、現金化には手数料が必要となります。また、違法業者も多いため、利用する際は慎重な判断が求められます。

  • 給料を前借りする理由はどんなものがいい?

    企業側が給料の前借りに応じるのは原則、出産、疾病、災害その他厚生労働省令で定める非常事態時のみです。(労働基準法第25条)
    「旅行にお金が必要だから」「欲しいものがあるから」などの理由は基本的に認められることがありませんので、別の資金調達方法を検討しましょう。

まとめ

本記事では、給料の前借りについて詳しく解説しました。

会社には(規定の)給料日前に賃金を支払う義務がないため、必ずしも前借りできるわけではありません。

ただ、厚生労働省が認めるような緊急事態であれば、例外的に、会社は給料日前の賃金支払いをおこなう必要があります。

実際に前借りを申請する時は、金銭トラブルを防ぐためにも「前借りに関する申請書」を提出してください。

なお、前借りができなかった時は、従業員貸付制度やカードローンなどを利用してお金を借りることを検討してみましょう。

監修者コメント

小林 恵 日本FP協会認定ファイナンシャル・プランナー(AFP)、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、貸金業務取扱主任者

質屋を使うときは「質流れ」に注意

質屋を使う場合、一定期間内(3カ月の場合が多い)に借りたお金を返済しないと、「質流れ」と言って質屋に預けたものが戻らなくなりますのでご注意ください。 また、他にも同僚や知人にお金を借りるという選択肢が思い浮かぶかもしれませんが、金銭の貸し借りが人間関係のトラブルに発展するケースは非常に多いですし、社内規則で社員同士の金銭の貸し借り禁じている会社もありますので、絶対にやめておきましょう。

記事の編集責任者 小野原 慎也 Onohara Shinya

高校卒業後、様々な業界を経てポート株式会社へ。
数多くの金融メディアで、ライターとして1,000本以上の記事を執筆。
MONEY LEAFでは「お金に関するさまざまな知識が集まる情報ポータルサイト」として、最新の比較情報や賢く利用するためのノウハウ記事を発信している。

TOPへ戻る