アコムの利息は安い?返済負担を抑える方法やほかカードローンとの比較

/

アコム利息の違い

記事の監修者

小松 香名美 2級ファイナンシャルプランニング技能士

和歌山大学 経済学部卒。旅行会社勤務の後、出産のため退職。2018年に保育士資格を取得し、保育園勤務を経験。
2021年にファイナンシャル・プランニング技能検定2級を取得。ファイナンシャルプランナーとして独立し、マネー記事の監修などを行っている。
>>晩婚、高齢出産専門のファイナンシャルプランナー

「アコムの利息は他社に比べて安いの?」という疑問をお持ちの方もいるでしょう。結論、大手消費者金融はどの会社も同じような金利設定にしているため、アコムの利息が特別安いとは言えません。

とはいえ、各社のカードローンでは最大金利や無利息期間の違いがあります。そこで本記事では、アコムの金利とほか大手消費者金融の比較、利息を安く抑える方法を解説します。

アコムの利息は安いとは言えない

ほかの大手消費者金融と比べて、アコムの利息は特別安いわけではありません。アコムの貸付利率(実質年率)は3.0〜18.0%で、初めて利用する場合は上限金利が適用されやすいです。

例えば、アコムから初めて10万円を借り入れた場合、借入利率は最大金利の18.0%が適用されやすく、カードローンを30日間利用したときの利息は1,479円になります。アコムで発生する利息は「借入残高×借入利率÷365日×利用日数」で計算可能です。

なお、アコムの借入利率は契約限度額に応じて決定されます。具体的には以下のように変動します。

契約限度額借入利率(実質年率)
1〜99万円7.7~18.0%
100〜300万円7.7~15.0%
301〜500万円4.7~7.7%
501〜800万円3.0~4.7%

このように、アコムの借入利率は契約限度額が増えることで低くなります。

アコムの金利とほかの消費者金融を比較

アコムの借入利率とほかの消費者金融を比べてみましょう。大手消費者金融5社の金利差は以下の通りです。

消費者金融借入利率(実質年率)無利息期間
アコム3.0%~18.0%最大30日間
プロミス4.5%~17.8%最大30日間
アイフル3.0%~18.0%最大30日間
SMBCモビット3.0%~18.0%なし
レイクALSA4.5%~18.0%最大180日間

大手消費者金融は5社ともに同じような金利設定になっています。つまり、アコムの利息は安くはないと言いましたが、支払う利息はアコムだけが異常に高いわけではないのです。

なお、上限金利だけで考えると最も金利が低いのは「プロミス」です。プロミスの上限金利は大手消費者金融の中で唯一17.8%に設定されているため、利息を抑えて借り入れしたい方に適しています。

プロミス

金利
4.5~17.8%
借入限度額
500万円
融資スピード
最短25分
プロミス
  • 初回借入から30日間は利息ゼロ円
  • WEBなら最短25分融資も可能
  • 2019年~2022年と4年連続でオリコン顧客満足度調査ノンバンクカードローン初回利用第1位を獲得

公式サイトはこちら

一方、無利息期間が一番長いのは「レイクALSA」です。無利息サービスの期間内であれば、いくら借り入れしたとしても利息は一切かかりません。レイクALSAの無利息期間は最大で180日間あるため、短期間だけの利用を検討している方におすすめです。

レイクALSA

金利
4.5~18.0%
借入限度額
1万円~500万円
融資スピード
WEBなら最短25分融資も可能
レイクALSA
  • 選べる無利息期間(60日間、180日間、30日間)
  • WEBなら最短25分で融資も可能
  • 公式アプリ「e-アルサ」でカードレス可能

公式サイトはこちら

カードローンの利息に関する担当者の見解

フタバ株式会社 貸付担当者

カードローンは、他の融資サービスに比べて金利が高く設定されているため、利息が多くなりやすいデメリットがあるのは事実です。ですが、無利息サービスを活用したり、上限金利の低い銀行カードローンを利用したりして利息を抑える工夫をしてみましょう。

アコムの利息は返済を続けると少なくなる

アコムの利息は「借入残高×借入利率÷365日×利用日数」で計算するため、返済を続けて借入残高が減少すると、毎月の支払う利息も少なくなります。

例えば、10万円の借入残高に対して毎月1万円ずつ返済していく場合、発生する利息は以下のように少しずつ減少していきます。

回数返済金額元金利息残高
110,000円8,500円1,500円91,500円
210,000円8,628円1,372円82,872円
310,000円8,757円1,243円74,115円
410,000円8,889円1,111円65,226円
510,000円9,022円978円56,204円
610,000円9,157円843円47,047円
710,000円9,295円705円37,752円
810,000円9,434円566円28,318円
910,000円9,576円424円18,742円
1010,000円9,719円281円9,023円
119,158円9,023円135円0円
累計109,158円100,000円9,158円

このようにアコムで返済を続けていくと、徐々に支払う利息が少なくなっていきます。借入残高がある程度少なくなったら、思い切って一括返済を検討するのもひとつの手です。

アコムの利息を安く抑える3つの方法

アコムの利息は限度額の増額や、金利交渉などによって安く抑えることが可能です。具体的には以下3つの方法があげられます。

方法1.限度額を100万円以上にする

限度額を100万円以上にすることで、支払う利息を安く抑えられます。アコムは限度額が100万円以上になると、借入利率(実質年率)が低下するためです。

そもそも、金利は限度額が上がるにつれて引き下がるようになっています。特に100万円以上になると、設定される金利の上限が明確に低下します。

具体的には、100万円未満であれば上限金利が18.0%のところ、100万円以上だと上限金利が15.0%になるなどです。

これは「利息制限法」という法律によって定められています。利息制限法は貸付金額に対して上限金利を定める法律で、アコムは以下のルールを守らなければなりません。

貸付金額上限金利
10万円未満年20.0%
10〜100万円未満年18.0%
100万円以上年15.0%

そのため、限度額を100万円まで増額できれば、金利が明確に下がるといえるのです。

しかし、限度額は希望すれば必ずその金額になるわけではありません。限度額の設定は申込者の返済能力によって判断されます。

また、金利を引き下げるという対応は、アコムにとって利益率の低下を意味します。そのため、「100万円以上の限度額」を無条件に設定するわけにもいきません。

100万円以上の限度額への増額を実現するには、一定の取引実績を残し、アコムからの信用を高めておく必要があると考えておきましょう。

方法2.30日間の無利息期間を利用する

アコムの利息を安く抑えたい方は、30日間の無利息期間を利用しましょう。無利息期間とは、借り入れに対する利息が0円になる一定期間のことです。

アコムにはこの無利息期間が30日間設けられているため、うまく活用することで利息を大幅に抑えられます。

例えば、一般的なカードローンで10万円(年率18.0%)を借り入れた場合、30日で一括返済したときの利息は1,479円です。一方、アコムの無利息期間を使って同じ条件で一括返済した場合、発生する利息は0円であり、1,000円以上の差が生まれます。

上記の具体例は10万円の借り入れに対する利息の差であるため、借入金額が大きくなればなるほど、無利息期間の恩恵も大きくなります。なお、アコムの無利息期間は「契約日の翌日」から30日間有効です。

ただし、この無利息期間はアコムを初めて利用する場合に限ります。「以前、アコムを利用したことがある」という方は、このサービスの対象外であるため注意しましょう。

方法3.金利の引き下げ交渉をする

金利の引き下げ交渉をすることで、支払う利息を抑えられる可能性があります。支払う利息を抑えたい方は、「どうしても金利を引き下げてほしい」という旨を以下のコールセンターに伝えましょう。

アコム総合カードローンデスク:0120-629-215(平日 9:00~18:00)

しかし、消費者金融にとって金利を下げることは容易ではないため、引き下げ交渉をしたからといって必ず希望が通るわけではありません。

特に、契約してすぐの引き下げ交渉は難しい傾向があります。金利を引き下げてもらうにはアコムからの信頼が必要であるため、ある程度利用してからの引き下げ交渉をおすすめします。

まずは「ご返済シミュレーション」の活用がおすすめ

「支払う利息を具体的に知りたい」という方は、「ご返済シミュレーション」の活用がおすすめです。以下3つの項目を入力することで、簡単に返済金額や利息を算出できます。

入力項目

  • 借入ご希望金額

  • 借入利率(実質年率)

  • ご返済回数(毎月1回払い)

このシミュレーションでは、借入金額10万円〜800万円までの返済について計算します。また、借入利率は実質年率18.0%、15.0%、7.7% 、4.7%、3.0%の5つから選択可能です。

ただし、シミュレーションによって算出した結果はあくまで参考程度に考えておいてください。実際の返済内容と異なる場合もあるため注意しましょう。

アコムの利息についてよくある質問

  • アコムで100万円借りた場合、利息はいくらになりますか?

    金利15.0%の場合は12,328円です。
    あくまでシミュレーションの結果になります。返済額や期間によって実際の利息額を異なる場合があります。

  • アコムの利息はどのように計算されますか?

    借入残高×借入利率(実質年率)÷365日×ご利用日数
    上記の計算式をもとに算出されます。1円未満は切り捨てです。

  • アコムの利息を抑える方法はありますか?

    「借入残高を少なくする」「早めに返済する」「無利息期間の活用」の3つが有効です。
    中でも、「早めに返済する」ことが利息を抑える有効な手段です。指定された返済日以外にも返済を行うと更に利息を抑えられます。(随時返済)

まとめ

本記事では、アコムの借入利率と計算方法、利息を安く抑える方法を解説しました。

アコムの貸付利率(実質年率)は3.0〜18.0%であり、初めて利用する場合は上限金利が適用される傾向があります。これは、ほかの大手消費者金融も同じような基準であるため、実際に支払う利息は大差ありません。

しかし、アコムの利息は工夫することで安く抑えられる可能性があります。「支払う利息をできるだけ安くしたい」という方は、ぜひ本記事で解説した内容を参考にしてみてください。

アコム

金利
3.0%~18.0%
借入限度額
1万円~800万円
融資スピード
最短30分
アコム
  • 「はじめてのアコム」でおなじみ!
  • 審査は最短30分で即日融資も可能!
  • 利用者数は業界トップクラス!

公式サイトはこちら

監修者コメント

小松 香名美 2級ファイナンシャルプランニング技能士

カードローンは金利が高いと言われていますが、利用方法を工夫することで負担は減らせる

カードローンでお金を借りると利息がかかります。支払う利息を具体的に知るために「ご返済シミュレーション」を活用して返済金額や利息の参考にしてください。アコムの利息は限度額の増額や、金利交渉などによって安く抑えることが可能です。

記事の編集責任者 小野原 慎也 Onohara Shinya

高校卒業後、様々な業界を経てポート株式会社へ。
数多くの金融メディアで、ライターとして1,000本以上の記事を執筆。
MONEY LEAFでは「お金に関するさまざまな知識が集まる情報ポータルサイト」として、最新の比較情報や賢く利用するためのノウハウ記事を発信している。

TOPへ戻る