銀行からお金を借りる方法とは?借入条件や金利の目安を解説

/

銀行からお金を借りる

記事の監修者

山内 真由美 ファイナンシャルプランナー(CFP認定者) 住宅ローンアドバイザー DCプランナー2級

北海道出身 国立大学法人 小樽商科大学 商学部卒。大学卒業後、10年間食品メーカー勤務。夫の転勤を期に退職し、北海道から東京へ。都市銀行の運用相談部門勤務後、地域の家族のお金のアドバイザーとして「FPオフィスライフ&キャリアデザイン」を開所。家計の見直し相談や家族のライフプラン相談を得意とする。自身の経験に基づきアドバイスを必要としているご家族へ発信中。

>>FPオフィスライフ&キャリアデザイン

銀行から融資を受ける方法は複数存在しますが、目的や条件によって適した借入方法が異なります。自身に合った借入方法を見つけるためには、それぞれの特徴を詳しく理解しなければなりません。

また、銀行からの借り入れには条件や注意点もあるため、本記事では銀行からお金を借りる方法、借りる前に知っておくべき注意点を解説します。

銀行からお金を借りる7種類の方法

銀行からお金を借りる代表的な方法を7つ紹介します。目的や状況に応じて、さまざまなローン商品が用意されています。

種類金利の目安特徴
フリーローン1.0〜13.0%お金の使いみちが制限されていない
カードローン2.0~14.0%限度額の範囲内であれば何度でも借入できる
住宅ローン0.3〜1.0%ほかのローン商品に比べて金利が低い
マイカーローン2.0~4.5%ディーラーローンよりも金利が低い
教育ローン2.0〜4.0%借入条件が比較的に厳しい
ブライダルローン2.0〜15.0%新婚旅行や指輪の費用にも使える
事業者ローン3.0~15.0%まとまった事業資金をすぐに借りられる

それぞれ特徴が異なるため、ひとつずつ見ていきましょう。

種類1.フリーローン

フリーローンは銀行から借りたお金の使いみちが制限されません。趣味や旅行、食事など、自分の好きなように使用できます。

使いみちが制限されないという点はカードローンと同じですが、フリーローンは一括借入が基本となるため利便性が異なります。

なお、フリーローンは借りたお金の使いみちが自由で担保が必要ない分、借入可能額が低い傾向にあります。「少額の借り入れを検討している」という方におすすめです。

種類2.カードローン

銀行カードローンは、フリーローンと同じくお金の使いみちが制限されていないローン商品です。コンビニや銀行から自由に借り入れができます。

ただし、フリーローンとは違い限度額の範囲内であれば、何度でも借り入れることが可能です。また、借り入れまでのスピードは銀行ローンの中で最も早く、最短翌日の融資に対応しています。

契約しても限度額いっぱいまで借り入れする必要がないため、自身の金銭状況に合わせて借入金額を検討できます。「余分に借りてしまった」という事態を防げるはずです。

種類3.住宅ローン

住宅ローンはマイホームやマンションなどの住居、もしくは土地を購入するときに利用できるローン商品です。

住宅ローンの金利は年0.3〜1.0%が目安であり、ほかのローン商品に比べて金利が低いのが特徴です。また、住居や土地を購入するためのローンであるため、借入可能額が多く、返済期間は長く設定されています。

なお、住宅ローンには大きく分けて「変動金利」「固定金利」「全機関固定金利(フラット35)」といった3種類のプランが用意されています。

プランメリットデメリット
変動金利固定金利よりも金利が低い将来金利が上昇するリスクがあるため、長期的な返済計画を立てづらい
固定金利金利が固定されているため、長期的な返済計画を立てやすい変動金利よりも金利が高い
全機関固定金利(フラット35)審査に通りやすい傾向があるほかのプランに比べて金利が高い

人によってメリット・デメリットが異なるため、それぞれの金利プランを確認した上で検討しましょう。

種類4.マイカーローン

マイカーローンは、車やバイクの購入費用を借りられるローン商品です。年利2.0~4.5%を目安にまとまったお金を借りられます。

購入先から借り入れできる「ディーラーローン」もありますが、金利がやや高く設定されているため、金利を低く抑えたい方は銀行ローンをおすすめします。

なお、銀行のマイカーローンには住宅ローンと同じように、「固定金利」と「変動金利」の金利タイプが用意されています。マイカーローンに申込む際は、それぞれの金利タイプを確認しておきましょう。

種類5.教育ローン

教育ローンを利用すれば、子供の進学や修学に関する教育費用を借りることができます。学校に支払う費用を対象にしたローン商品であるため、習い事や学習塾には利用できません。

また、教育ローンは低金利で借り入れできるメリットがありますが、必要書類の数が多く、審査通過の条件が厳しい傾向にあります。

似たような制度で「奨学金」がありますが、教育ローンとは内容が大きく異なります。教育ローンは親などの扶養者が子供のためにローン契約を交わしますが、奨学金は教育を受ける子供本人が契約を結びます。

そのため、奨学金として借りたお金は子供本人が返済しなければなりません。また、奨学金には成績に関する条件があるなど、教育ローンと異なる点がいくつもあります。

借入方法利用条件入金の仕方契約者
教育ローン金融機関による一括親などの扶養者
奨学金学力と家計の基準がある毎月定額子供本人

このように、教育ローンと奨学金では複数の違いがあるため、自身の状況に適した制度を選択しましょう。

種類6.ブライダルローン

ブライダルローンは、結婚式にかかる費用を借りられるローン商品です。また、結婚式の費用だけでなく、新婚旅行や指輪、結婚による引っ越しなど、結婚に関する費用も借りることができます。

ただし、すべての銀行がブライダルローンを設けているわけではないため、銀行によっては利用できません。また、借り入れまでに1ヶ月ほど期間を要することから、ブライダルローンを検討している方は早めに申込みましょう。

種類7.事業者ローン

事業者ローンを利用すれば、経営者や個人事業主を対象に事業資金の借り入れが可能です。まとまった資金を最短数日で借りられるため、「すぐにでも事業を取り進めたい」という方に適しています。

具体的な使いみちとしては、新規事業の立ち上げ、設備投資、取引先への支払いなどがあげられます。

金利は比較的に高く設定されていますが、担保や保証人を必要としないため、借り入れまでのハードルはそこまで高くありません。

銀行からお金を借りる条件

銀行からお金を借りる条件

銀行からの融資は誰でも受けられるわけではありません。基本的に以下の借入条件を満たす必要があります。

借入条件

  • 年齢が20歳以上である

  • 安定した収入がある

  • 保証会社の保証を受けられる

  • 各銀行の審査基準を満たす

これらはあくまで最低条件であるため、条件をクリアしていても必ず借りられるわけではありません。また、銀行ローンの種類や借入金額によっても、審査基準や細かい条件が異なる場合があります。

借入時に必要なもの

銀行から融資を受ける場合、本人確認書類の提出が必ず求められます。具体的には以下のような書類が該当します。

本人確認書類

  • 運転免許証

  • マイナンバーカード

  • 健康保険証

  • パスポート

  • 在留カード

  • 特別永住者証明書

また、銀行ローンの種類や借入金額によっては収入証明書類が必要になります。以下のような書類があげられます。

収入証明書類

  • 給与証明書

  • 源泉徴収票

  • 確定申告書

  • 納税通知書

  • 年金通知書

  • 所得証明書

実印・印鑑証明書やローンごとに必要な書類を提出する場合もあります。借り入れ前にはこれら必要書類を確認しておきましょう。

銀行からお金を借りる前に知っておくべき3つの注意点

銀行からお金を借りる前に知っておくべき3つの注意点

銀行からお金を借りる前に知っておくべき注意点が3つ存在します。安心して融資を受けるためにも、事前に確認しておきましょう。

注意点1.誰でも借りられるわけではない

銀行からのお金は誰でも借りられるわけではないため、注意が必要です。銀行は貸し付けたお金を確実に返してもらうために、申込者1人ひとりの返済能力を入念に確認しています。

年収があまりにも少ない、返済を滞納しているなど、申込者の返済能力が評価基準に満たない場合は、銀行ローンを利用できません。そのことから、銀行ローンを利用する際には、安定した収入を確保しておくことをおすすめします。

注意点2.最短でも翌日の融資になる

どんなにすぐに借り入れしたい場合でも、銀行からの融資は最短で翌日以降になります。なぜかというと、銀行ローンは警察庁データベースへの照会が義務付けられているためです。

銀行ローンはすべての申込者に対し、反社会的勢力との関わりがないか確認する必要があります。その確認手段として警察庁データベースへの照会が用いられており、最短でも1営業日以上の時間がかかってしまうのです。

そのことから、どの銀行を利用しても翌日以降の融資となります。一方、消費者金融は即日融資に対応しているため、「すぐにお金が必要」という方におすすめです。

注意点3.無利息期間を設けている銀行が少ない

無利息期間を設けている銀行はあまり多くありません。無利息期間とは、借り入れに対する利息が一定期間発生しないサービスのことです。

この無利息期間は一部の金融機関が提供しており、利用することで利息を抑えた借り入れができます。特に短期間だけローン商品を利用する方にとっては、金利が高かったとしてもお得になる可能性が高いです。

ちなみに大手消費者金融であれば、ほとんどのカードローンに無利息期間が設けられています。「利息を安く抑えたい」という方は、消費者金融を検討してみるのもひとつの手です。

銀行カの代わりに消費者金融へ申込することへの見解

フタバ株式会社 貸付担当者

銀行カードローンが利用できなかった場合は、消費者金融に目を向けてみてください。消費者金融は、銀行と審査基準が異なるため、融資をおこなえる可能性があります。実際に私たちのサービスを利用している方の中には、「銀行カードローンは利用できなかったので、消費者金融に申込した」というケースがあります。

消費者金融という選択肢もある

銀行カードローンを検討している場合、消費者金融も選択肢に加えてみてはいかがでしょうか?

消費者金融は審査が早いため、最短即日の融資が可能です。銀行は借り入れまでに数日〜1週間ほどかかってしまうことから、急ぎの用であれば消費者金融のほうが適切なケースもあります。

銀行よりも消費者金融のほうが金利は高い傾向にありますが、一般的に3〜4%程度の違いしかありません。また、消費者金融は無利息期間サービスを設けている会社もあるので、短期的な利用であればお得になる可能性は十分あります。

それらの理由から、銀行カードローンを検討している方は、消費者金融カードローンも選択肢のひとつに入れてみてください。

アコム

金利
3.0%~18.0%
借入限度額
1万円~800万円
融資スピード
最短30分
アコム
  • 「はじめてのアコム」でおなじみ!
  • 審査は最短30分で即日融資も可能!
  • 利用者数は業界トップクラス!

公式サイトはこちら

プロミス

金利
4.5~17.8%
借入限度額
500万円
融資スピード
最短25分
プロミス
  • 初回借入から30日間は利息ゼロ円
  • WEBなら最短25分融資も可能
  • 2019年~2022年と4年連続でオリコン顧客満足度調査ノンバンクカードローン初回利用第1位を獲得

公式サイトはこちら

レイクALSA

金利
4.5~18.0%
借入限度額
1万円~500万円
融資スピード
WEBなら最短25分融資も可能
レイクALSA
  • 選べる無利息期間(60日間、180日間、30日間)
  • WEBなら最短25分で融資も可能
  • 公式アプリ「e-アルサ」でカードレス可能

公式サイトはこちら

銀行からお金を借りる際によくある質問

  • 18歳から成人ですが、銀行ではお金を借りれますか?

    20歳以上が条件となるため、借りられません。(2022年10月現在)
    2022年4月より成人年齢が引き下げになりましたが、銀行の各種ローンでは原則として20歳以上が契約の対象です。
    現在20歳未満の人は、成人以上で申込が可能なアコムやプロミスなどの消費者金融を検討してみましょう。

  • 銀行でお金を借りたとき利息は高いですか?

    銀行の金利は年15.0%前後です。
    利息を計算するにあたり、金利が重要になります。金利が低ければ利息も低くなるためです。
    ただ、金利の高さのみではなく「どのくらいで完済を考えているか」、「借入予定の金額はいくらなのか」など総合的に判断する必要があります。

  • 銀行でお金を借りるにはどこに相談すればよいですか?

    窓口、電話、WEBなどの選択肢があります。
    それぞれ営業時間が異なるため、ご自身の生活スタイルに合わせて選択をしてください。

まとめ

本記事では、銀行からお金を借りる方法、借りる前に知っておくべき注意点を解説しました。

銀行からお金を借りる方法は大きく分けて7種類あり、それぞれ金利や特徴が大きく異なります。借入条件や注意点なども存在するため、ローン商品を利用する前にしっかり確認しておきましょう。

また、銀行ローン以外にも消費者金融という選択肢もあります。場合によってはお得に利用できる可能性もあるため、ぜひ一度検討してみてください。

監修者コメント

山内 真由美 ファイナンシャルプランナー(CFP認定者) 住宅ローンアドバイザー DCプランナー2級

低金利でお金を借りるには早めの資金計画が必要です

一般的に使用目的に合ったローンを組む方が、借入金利を低く抑えることができます。審査には時間がかかるため、必要な時期に間に合わせるために時間的な余裕をもって借入を検討しましょう。

記事の編集責任者 小野原 慎也 Onohara Shinya

高校卒業後、様々な業界を経てポート株式会社へ。
数多くの金融メディアで、ライターとして1,000本以上の記事を執筆。
MONEY LEAFでは「お金に関するさまざまな知識が集まる情報ポータルサイト」として、最新の比較情報や賢く利用するためのノウハウ記事を発信している。

TOPへ戻る