プロミスの返済はリボ払いが基本!支払いの方法や流れを解説

プロミス返済方法

記事の監修者

岩切 健一郎 FP1級 CFP全課目合格

1986年5月生まれ。宮崎県出身。業界10年目。
コンサルティング会社、外資系生命保険会社を経て、現在は保険代理店に勤務しながら発達障害の方のライフプランを専門に行う合同会社ひなたを経営。

>>合同会社ひなた

プロミスの返済はリボ払いが基本です。正確には「残高スライド元利定額返済方式」というもので、これは借入直後の利用残高に応じて毎月の返済金額が決まるというシステムとなっています。

また、プロミスの返済方法は大きく分けて7種類あります。それぞれ手数料や特徴、手続きの流れが異なるため、本記事でひとつずつ解説します。ご自身に合った返済方法がきっと見つかるので、ぜひ最後まで目を通してください。

プロミスの返済はリボ払いが基本

プロミスの返済はリボ払いが基本です。リボ払いは毎月の支払いを一定の金額に固定し、利息を上乗せして返済していきます。国内ではこのリボ払いを採用しているカードローンがほとんどです。

プロミスの返済では「残高スライド元利定額返済方式」というリボ払いが採用されており、最終借入後の利用残高に応じて毎月の返済金額が変動します。返済金額の算出方法は以下の通りです。

借入後残高返済金額返済回数
30万円以下借入後残高 × 3.61% (1,000円未満切り上げ)~36回
30万円超過100万円以下借入後残高 × 2.53% (1,000円未満切り上げ)~60回
100万円超過借入後残高 × 1.99% (1,000円未満切り上げ)~80回

このように、プロミスでは借入後残高によって、返済金額や返済回数が定められます。

例えば、借入後残高が5万円だった場合、適用される一定の割合は3.61%であるため、計算式に当てはめて算出すると1,805円です。この場合、1,000円未満は切り上げになることから、返済金額は2,000円となります。

借入後残高返済金額
5万円2,000円
10万円4,000円
15万円6,000円
20万円8,000円
30万円11,000円
40万円11,000円
50万円13,000円
100万円26,000円

プロミスで追加返済する方法

プロミスでは毎月支払う一定金額のほかにも、任意で追加返済することができます。追加返済することで、完済までの期間を早められます。

支払う利息は返済期間によって変動するため、完済までの期間を早めれば支払う利息の合計額を減らすことが可能です。そのため、「支払う利息をできるだけ抑えたい」という方は、追加返済を積極的に利用しましょう。

なお、プロミスで追加返済する方法は以下の6つがあげられます。

追加返済する方法

  • 銀行振込

  • プロミスATM

  • 提携ATM

  • インターネット

  • 店頭窓口

追加返済は「口フリ(口座振替)」以外の方法で利用できます。このように、プロミスは追加返済の方法が複数あるため、自身の返済状況に合わせた利用ができるでしょう。

プロミスで一括返済する方法

手元にまとまったお金がある場合は、一括返済も視野に入れましょう。前回の返済時から利息は発生しているため、その利息の合計金額と借入残高を一括で返済することになります。

そもそも、利息は日割りで発生しています。一括返済するということは、予定よりも早く完済するということです。つまり、一括返済によって返済期間が短縮されるため、当初の予定よりも支払う利息が少なくて済むのです。

一括返済は、「プロミスコール(0120-24-0365)」と「インターネット返済」から申込めます。申込みすると最終返済金額が算出されるため、プロミスATMや提携ATMを使って返済しましょう。

  1. プロミスコールもしくはインターネット返済で一括返済を申込む

  2. 最終返済金額を確認する

  3. 返済手続きを行う

一括返済は利息を安く抑える効果的な手段であるため、無理のない範囲で検討しましょう。なお、払いすぎにより端数が発生した場合は、店頭窓口または銀行振込にて返金してもらえます。

具体的な返済の方法と流れ

プロミスの返済方法は全部で7種類あります。それぞれ利用可能時間や手続きの流れが異なるため、ひとつずつ詳しく解説します。

返済方法利用可能時間手数料
インターネット返済24時間365日無料
口フリ(口座振替)5日・15日・25日・末日のいずれかに引き落とし無料
お客様サービスプラザ平日10:00~18:00無料
プロミスATM土日祝日を含む7:00~24:00無料
提携ATM提携先によって異なる110〜220円
銀行振込銀行によって異なる銀行によって異なる

方法1.インターネット返済

インターネットの手続きだけで、金融機関の口座からプロミスに返済可能です。インターネット返済は24時間365日いつでも利用できるほか、最短10秒で返済が完了するなど利便性に優れています。

三井住友銀行やゆうちょ銀行、PayPay銀行など、約1,100の金融機関が対応しています。インターネット返済の利用手順は下記をご確認ください。

  1. プロミスの会員サービスにログイン

  2. 「インターネット返済のお手続き」を選択

  3. 返済金額を指定

  4. 金融機関を選択

  5. 金融機関にログイン

  6. インターネット返済を実行

メリット

  • 利用手数料が0円

  • 24時間365日いつでも利用できる

  • 場所を選ばず手軽に返済可能

デメリット

  • インターネットバンキングへの登録が必要

  • スマートフォンやパソコンが必要

方法2.口フリ(口座振替)

口フリ(口座振替)を利用した返済方法もあります。一度口座を設定すれば毎月自動で引き落としされるため、返済忘れを防止できます。

返済のたびにATMや店頭に出向く必要がないことから、「毎月の返済が面倒」という方におすすめです。また、毎月自動引き落としなので返済のことを気にする必要がないため、精神的なストレスも緩和されます。

なお、毎月の引き落とし日は登録する金融機関によって異なります。銀行別の引き落とし日は下記の通りです。

三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行、PayPay銀行そのほかの金融機関
引落日5日、15日、25日、末日のいずれか5日
引落開始日初回の返済期日より開始登録した日にちによって、初回の引落開始日が変動する
引落反映日当日引落日の3営業日後
手数料0円0円

このように、登録する金融機関に応じて利便性が一部異なります。口フリ(口座振替)の申込み手順は以下をご参考ください。

  1. 公式サイトの会員ページにログイン

  2. 「口フリ(口座振替)」ボタンをクリック

  3. 金融機関を選択

  4. 指定した金融機関で口座振替を申込む

  5. 口フリの設定が完了

メリット

  • 利用手数料が0円

  • 返済忘れを防止できる

  • 振り込みに行く手間がかからない

デメリット

  • 口フリの設定が必要

  • 引き落とし前に口座残高を気にする必要がある

方法3.お客様サービスプラザ

3つ目の返済方法として、お客様サービスプラザがあげられます。お客様サービスプラザとは、プロミスの店頭サービス窓口のことです。

お客様サービスプラザは全国に11店舗あり、店舗に直接出向いて返済することになります。受付時間は10:00〜18:00で、平日のみ営業しています。

スタッフに直接相談できるという利点はありますが、そもそも店舗数が少ないため利便性が高いとはいえません。「どうしても対面で相談したいことがある」などの理由がない限りは、ほかの返済方法をおすすめします。

なお、お客様サービスプラザの場所は「あなたの街のプラザを検索Plaza Search」から検索可能です。

メリット

  • 利用手数料が0円

  • プロミスに直接返済できるため安心

  • 返済について対面で相談できる

デメリット

  • 店舗数が限られている

  • 利用可能時間が長くない

方法4.プロミスATM

プロミス専用のATMを使った返済方法もあります。プロミスATMは土日・祝日の返済にも対応しており、手数料0円で利用できます。

また、プロミスカードを持っていなくても返済できるほか、営業時間は7:00〜24:00と比較的長いという利点もあります。2021年3月末時点で全国に832機設置されているなど、プロミスATMを使った返済は利便性に優れていると言えるでしょう。

自宅の近くにプロミスATMが設置されていれば、ぜひ活用してください。なお、返済の流れは下記の通りです。

  1. プロミスATMに来店

  2. 画面の案内にしたがって操作

  3. 「ご返済」を選択

  4. 返済金額を入力

  5. 内容を確認して現金を入れる

  6. お客様控えを受け取って返済完了

メリット

  • 利用手数料が0円

  • 土日・祝日でも利用できる

  • プロミスカードがなくても返済可能

デメリット

  • 地域によっては利用できない

方法5.提携ATM

プロミスと提携しているATMを使って返済することも可能です。プロミスと提携している金融機関はとても多いため、お近くの銀行やコンビニのATMを使って気軽に返済できます。

提携している銀行ATMの利用可能時間は基本的に9:00〜21:00です。コンビニATMであれば、24時間の返済に対応しています。

利用可能時間が長く利便性に優れる提携ATMですが、利用手数料が一部発生するという難点があります。利用手数料と提携先については以下をご確認ください。

借入・返済可能な提携先取引金額1万円以下の手数料取引金額1万円超の手数料
三井住友銀行無料無料
セブン銀行110円220円
ローソン銀行110円220円
イーネット110円220円
ゆうちょ銀行110円220円
三菱UFJ銀行110円220円
西日本シティ銀行110円220円
イオン銀行110円220円
横浜銀行110円220円
東京スター銀行110円220円
福岡銀行110円220円
熊本銀行110円220円

上記のように、取引金額によって利用手数料が異なるため注意しましょう。なお、提携ATMを使った基本的な返済手順は以下の通りです。

  1. 提携ATMから「取引開始」を選択

  2. プロミスカードを挿入

  3. 画面の「ご返済」を選択

  4. 「カードローン」を選択して紙幣を投入

  5. 返済金額を確かめて「確認」を押す

  6. 利用明細票とカードを受け取る

メリット

  • 提携先が多いため利便性が高い

  • コンビニATMであれば24時間利用できる

デメリット

  • 基本的に利用手数料がかかる

方法6.銀行振込

最後に紹介する返済方法は銀行振込です。プロミスの指定口座に直接振り込む方法であり、指定口座はプロミスの会員サイト、もしくはプロミスコールに問い合わせることで確認できます。

この銀行振込には2つの注意点があります。ひとつ目は、金融機関の休業日や営業時間外で返済した場合、着金扱いが翌営業日になる点です。銀行振込を返済期日ギリギリで行う場合は注意しましょう。

2つ目の注意点は、振込時にかかる利用手数料が全額自己負担になる点です。「できるだけ手数料を抑えたい」という方は、ほかの返済方法を検討しましょう。なお、会員サイトを用いた返済手順は以下の通りです。

  1. プロミス公式サイトの会員ページにログイン

  2. 会員情報から振込先の口座番号を確認

  3. お近くのATMに行く

  4. プロミスの口座番号宛てに振り込む

  5. お客様控えを受け取り返済完了

メリット

  • プロミスの口座に直接振り込めるため安心

デメリット

  • 振込手数料が全額自己負担となる

  • 当日に振り込んでも翌営業日に反映される可能性がある

【キャッシングコラム】どの返済か迷ったら?

編集者

返済方法がたくさんあるので迷います。

フタバ株式会社 貸付担当

ご自身の生活スタイルに合わせるといいですよ。

編集者

忘れっぽい人は「口座引落」という感じですか?

フタバ株式会社 貸付担当

そうですね。他にも、仕事の時間が不規則な人は提携ATMという具合に生活スタイルにあわせると無理なく返済が続けられます。

まとめ

本記事では、プロミスのリボ払いや追加返済について、各種返済方法の詳細と流れを解説しました。

プロミスのリボ払いは「残高スライド元利定額返済方式」を採用しており、最終借入後の利用残高に応じて毎月の返済金額が変動します。追加返済や一括返済を行うことで、支払う利息の合計額を減らすことが可能です。

プロミスの返済方法は全部で7種類あり、利用可能時間や特徴、返済する流れが大きく異なります。本記事で解説した内容を確認した上で、プロミスへの申込みを検討してみてください。

プロミス

金利
4.5~17.8%
借入限度額
500万円
融資スピード
最短30分
プロミス
  • 初回借入から30日間は利息ゼロ円
  • WEBなら最短30分融資も可能
  • 2019年~2022年と4年連続でオリコン顧客満足度調査ノンバンクカードローン初回利用第1位を獲得

公式サイトはこちら

監修者コメント

岩切 健一郎 FP1級 CFP全課目合格

自分に合った返済方法を選ぶことが重要

キャッシングで大切なことは2つ。借りることと、返すこと。返済方法の選択肢とそれぞれのメリットやデメリットを把握しておくのは非常に大切です。 また、どのような返済方法であってもきちんと返せる額にしておく必要があります。 借りるときには、返済方法や金額もしっかりと計画しておきましょう。

記事の編集責任者 小野原 慎也 Onohara Shinya

高校卒業後、様々な業界を経てポート株式会社へ。
数多くの金融メディアで、ライターとして1,000本以上の記事を執筆。
MONEY LEAFでは「お金に関するさまざまな知識が集まる情報ポータルサイト」として、最新の比較情報や賢く利用するためのノウハウ記事を発信している。

TOPへ戻る