無担保ローンの特徴とは?初めての人でも失敗しない選び方も解説

無担保ローン利用しやすい

記事の監修者

安部 智香 ファイナンシャルプランニング技能士2級・AFP(日本FP協会認定)・一種外務員資格

短大卒業後、準大手証券会社に勤務。証券会社在職中は、約500名のお客様の資産運用のアドバイスを担当。結婚退職後は、証券会社在職中に得た知識を活かし投資による資産形成を行った後、ファイナンシャルプランナーの資格を取得。現在は個人事務所を立ち上げ、個別相談、執筆業務、マネーセミナー講師として活動中。著書に『今日から始める!誰でも「幸せなお金持ち®』がある。

>>京都・女性FP安部智香の女性のための幸せなお金持ち計画♪

無担保ローンとはどういうものなのか気になりますよね?

結論、その名の通り「担保なし」でお金を借りられるサービスのことを無担保ローンといいます。

この記事では、担保のあるローンとの違いや、無担保ローンの種類、特徴、選び方を詳しく説明します。

そもそも無担保ローンとは

無担保ローンとは、その名の通り「担保」を必要としないローンです。

担保というのは、お金を借りた側が万が一返済できなかったときに、貸付をした相手に対して「返済金額」の代わりに差し出すもののことをいいます。

例えば、所有している住宅などの「不動産」や自分以外の人に返済の義務を持たせる「連帯保証人」といったものを「担保」といいます。

こういった、「返済ができない際に代わりに差し出すもの」を必要としない借入サービスを無担保ローンというのです。

担保がない代わりに審査が慎重に行われる

「無担保ローン」は担保が不要なため、多くの人が利用しやすい借入手段です。

ただし、担保が無い分、審査ではより個人の信用や収入状況などが重要視される傾向にあります。

例えば、多くの無担保ローンでは、以下のような項目を審査にてより慎重に確認します。

  • 昨年の年収額

  • 住所や勤務先

  • 過去の金銭トラブルの有無

反対に、担保があるローンでは、これらの項目に多少の問題があっても融資を受けられる、という場合もあります。

無担保ローンの種類

無担保ローンは様々なニーズに対応するために、数多くの種類があります。

ローン名概要
一部の目的型ローン主に銀行が提供する、利用目的が限定される融資
消費者金融カードローン貸金業者が個人に行う小口融資
銀行カードローン大手銀行や地方銀行が提供する小口融資サービス
フリーローン主に銀行が提供する利用目的を問わない融資
おまとめローン
借り換えローン
返済に特化した融資

それぞれどんな人に向いているのかは、後ほど詳しく解説します。

無担保ローンを利用するメリット

無担保ローンのメリットは以下の通りです。

  • 多くの人が利用しやすい

  • 即日融資に対応しているローンがある

ここからはそれぞれのメリットを個別にご紹介します。

より多くの人が利用しやすい

無担保ローン最大のメリットはこれに尽きるでしょう。

有担保のローンは、不動産や抵当権をはじめとする「物的担保」や、保証人・連帯保証人などを対象とする「人的担保」などが求められますが、はっきり言ってこれらを準備できる人は多くありません。

こういった準備の難しい担保へのハードルを無くし、多くの人が利用可能になっているのが無担保ローンの魅力といえます。

即日融資に対応しているローンがある

無担保ローンの中には、申込から融資まで即日で対応してくれるものもあります。

一方、担保を必要とするローンでは、担保の価値算定や個別での審査など、融資までに数週間から数ヶ月の期間を要するものも珍しくありません。

そのため、急ぎでお金が必要な方とっては、無担保ローンのスピード感はメリットになるでしょう。

無担保ローンのデメリット

無担保ローンのデメリットは以下の通りです。

  • 金利が高い傾向にある

  • 高額の借入は難しい

それではデメリット2点を詳しく解説します。

金利が高い傾向にある

無担保ローンは、返済にかかる金利が高い傾向にあります。

例えば、三井住友銀行のローンで比べると以下の通りです。

ローン名金利
三井住友銀行カードローン年1.5~年14.5%
三井住友銀行フリーローン年 5.975%※
三井住友銀行フリーローン
(有担保型)
年 2.775%~年 2.975%※
※<変動金利型>のため2021年1月現在の金利

なぜなら、担保が必要ない分金融機関が、金利を高めに設定しているのです。

担保があるローンは、借りている人は担保を手放すリスクを持ってお金を借りています。

無担保ローンではその代わりに、金利を高めに支払っているということになります。

高額の借入が難しい

無担保ローンでは、有担保のローンと比較して高額の融資を受けづらい傾向があります。

ローン名借入可能金額
三井住友銀行カードローン10万円~800万円
三井住友銀行フリーローン10万円~300万円
三井住友銀行フリーローン
(有担保型)
50万円~1億円

高額の事業資金などは無担保では借りることができない点も把握しておきましょう。

無担保ローンの選び方

無担保ローンは、それぞれに特徴があります。

どこを選んでいいのかよくわからない方に向けて、どの無担保ローンが良いのか、目的に合わせてご紹介していきます。

使い道が決まっているなら目的ローン

購入したいものや、利用目的が明確な場合は目的ローンを利用しましょう。

目的ローン一覧

  • 教育

  • ブライダル

  • 旅行

  • 家電購入

目的に合わせて融資額を設定してくれるので、借りすぎたり、お金が足りなくなったりすることを防げます。

また、金利も低めに設定されているので、返済の負担も少なくなります。

急ぎでお金が必要ならカードローン

いそぎでお金が必要な場合は、カードローンを利用しましょう。

カードローンは、消費者金融が融資しているものと、銀行が融資しているものの2種類ありますがどちらも、他のローンよりも早くお金を借りることができます。

下記は、消費者金融カードローン、銀行カードローン、フリーローンを比べた表になります。

ローン名申込から融資までの時間
消費者金融カードローン最短即日
銀行カードローン最短翌営業日
フリーローン最短1週間後

このようにカードローンは申込した当日~翌日での融資が可能となっています。

急ぎでお金が必要な場合は、カードローンを利用しましょう。

当日にお金が必要であれば消費者金融カードローン

カードローンの中でも、特に大手消費者金融のローンであれば、申込から融資まで最短即日で対応してくれます。

とにかく融資までのスピードを重視する方は、消費者金融のカードローンを検討してみてください。

アイフル

金利
3.0%~18.0%
借入限度額
1万円~800万円
融資スピード
WEBなら融資まで最短25分
アイフル
  • WEB申込なら融資まで最短25分も可能
  • 初めてのお借り入れなら30日間金利がゼロ円
  • 1秒診断でお借り入れ可能か事前に知れる

公式サイトはこちら

レイクALSA

金利
4.5~18.0%
借入限度額
1万円~500万円
融資スピード
WEBなら最短25分融資も可能
レイクALSA
  • 選べる無利息期間(60日間、180日間)
  • WEBなら最短25分で融資も可能
  • 公式アプリ「e-アルサ」でカードレス可能

公式サイトはこちら

借りるのを1度だけにしたければフリーローン

フリーローンは1回だけ融資をしてもらえるサービスになります。

お金を借りた後は返済に集中できるため、返済までの計画をしっかり立てたい人にオススメです。

フリーローンを2回利用することもできますが、その場合再申込をしなければなりません。
複数回利用する予定があるのであれば、カードローンを利用しましょう。

返済に特化したおまとめローン

すでに、借入をしている方に向けた無担保ローンも存在します。

仕組みとしては、借りているローンを1つにまとめることで、管理をしやすくします。

また、借入先より金利が低くなるケースもあるので、その場合は最終的な返済金額を少なくすることができます。

返済に特化したローン

  • おまとめローン

    3社以上の借入を1つにまとめて返済するローン

  • 借り換えローン

    すでに借りているローンを借り換えることを指します

返済に特化したローンは、新たに借入を行うことができないので、返済を早く完了させたい人にオススメのローンとなっています。

まとめ

ここまで無担保ローンについて解説していきました。

今回の内容を簡単にまとめます。

まとめ

  • 無担保ローンは「担保」の必要ないローン

  • 多くの人が利用しやすいのがメリット

  • 借入額が少なく、返済額が多いのがデメリット

  • 無担保ローンを選ぶには自分のニーズに合ったものを選ぶ

無担保ローンは、種類が多くどれを選ぶべきか分からなくなってしまうかもしれません。

そこで重要なのは「何を目的で借りるのか」「完済までどのように利用するのか」を明確にしておくということです。

深く考えずにローンを決めてしまうと、借りない方がよかったという結果につながりかねませんので、しっかり目的を明確にしておきましょう。

監修者コメント

安部 智香 ファイナンシャルプランニング技能士2級・AFP(日本FP協会認定)・一種外務員資格

無担保ローンを利用する時は目的を明確にすることが大切

無担保ローンは担保が必要ではないため、気軽に利用できるイメージがあります。しかし、担保が必要なローンに比べると金利が高めに設定されています。無担保ローンは種類が多いので目的や返済計画を明確にして適したローンを利用することが大切です。

記事の編集責任者 小野原 慎也 Onohara Shinya

高校卒業後、様々な業界を経てポート株式会社へ。
数多くの金融メディアで、ライターとして1,000本以上の記事を執筆。
MONEY LEAFでは「お金に関するさまざまな知識が集まる情報ポータルサイト」として、最新の比較情報や賢く利用するためのノウハウ記事を発信している。

TOPへ戻る