体験談インタビュー|みずほ銀行カードローンの支払いができなかった時の話

/

カードローンの支払い遅れ

本コンテンツには広告を含む場合があり、記事内には企業のホームページへの広告リンクを一部掲載しています。
これらの広告を経由して読者が企業ホームページを訪れ、成約が発生すると弊社に対して企業から紹介報酬が支払われるという収益モデルです。

提携企業一覧

突然の出費でもまとまった金額を借入できるカードローン。時に想定外の出来事により支払いの目途が立たず、支払いの遅延を余儀なくされることもあるでしょう。

そこで、今回はみずほ銀行カードローンを利用し遅延も経験されたという「片山さん(仮名)」に、借入の経緯をはじめ実際に遅延した当時の状況についてインタビューを実施しました。カードローンの利用を検討されている方は、もしもの時の予備知識として、情報を得ておきましょう。

腰痛の治療のため、カードローンを利用

左:片山さん(仮名) 右:インタビュアー
項目 詳細
年齢 39歳(インタビュー時)
居住地 関東
職業 無職(借入当時、介護職員兼学生)
年収 200万円(借入当時)
家賃 約4万円

介護職員として勤務しながら、夜間の専門学校に通学していたという片山さん。二足のわらじを履きながらの生活はあまりに過酷で、適応障害となり休職せざるを得ない状況になりました。

当時、慢性的な腰痛が限界を迎え、休職期間中に治療することに。その治療費として利用したのが、「みずほ銀行カードローン」でした。

介護職員として働く傍ら夜間の専門学校へ通うが、体調を崩し休職に

インタビュアー

カードローンを利用することになった経緯を教えてください。

30代男性

片山さん

国家試験の取得のため、夜間の専門学校に通っていたのですが、日中の勤務と学校を両立するのは大変ハードでした。
そんな生活のせいで、腰を痛めてしまい休職することとなってしまいました。とはいえ、当時は『すぐに治るだろう』と深刻に考えていませんでした。

30代男性

片山さん

私は、この休職を「好機」と前向きに考え、数週間だけ休職するという前提で腰痛の治療を始めることに。
その治療費としてみずほ銀行のカードローンを利用し、50万円を借りました。

インタビュアー

休職期間中の生活費はどうされたのでしょうか?

30代男性

片山さん

社会保険に加入していたので傷病手当をもらうことができました。その支給額を生活費へ回していたため、なんとか生活できました。

在籍確認は知らないうちに完了していた

インタビュアー

WEBの申込とのことですが、在籍確認はありましたか?

30代男性

片山さん

勤務先を記入しましたが、会社から電話があったと連絡はありませんでした。

30代男性

片山さん

その後、手続きが完了したようで、契約書類等が郵送されてきました。申込完了の1週間後には利用できました。

口座を利用していた「みずほ銀行」でカードローンを利用した

インタビュアー

最初に治療費として50万円を借りられたのですね。

30代男性

片山さん

はい。借りたお金を治療に充てました。最初はそれだけで十分、そう思っていましたが、現実は厳しく、復職の目途が立たなかったため、会社を辞めざるを得ませんでした。

インタビュアー

その後、追加で借りることはなかったのでしょうか?

30代男性

片山さん

しばらくの間は、毎月貰える傷病手当を生活費と毎月の返済に充てていました。

支給終了後は生活費を工面しなければなりませんし、また新しい仕事も決まっていないので、現在の収入は、ほぼゼロです。

そのため、やりくりが厳しくなり追加で20万円借りました。

支払いが遅延し1週間後に催促状が届く

インタビュアー

返済は毎月できているのですか?

30代男性

片山さん

収入源もなくなり、口座引落に間に合わない期間が数ヶ月続いています。

30代男性

片山さん

遅延のお知らせであるハガキが届くタイミングは、引落日から約1週間後です。

毎月ハガキが届いたら、口座に振り込むという流れを繰り返しています。

インタビュアー

遅延した場合は指定の口座などが設けられていのでしょうか?

30代男性

片山さん

いいえ、「引落口座にできるだけお早めに入金してください」という内容が記載されているだけでした。

そのため、自身の口座に入金をするだけで済みます。

現在の利用状況

実際の契約書面

インタビュアー

現在の利用状況を教えてください。

30代男性

片山さん

総額70万円を借りて、20万円を返済しました。残りの返済額は50万円程度です。

限度額 50万円(現在の借入可能額)
設定金利 年14.0%
借入総額 70万円(2021年6月/50万円、2023年3月頃/20万円)
返済額 1万円/月
遅延回数 3回

インタビュアー

遅延している間、何か困ったことはありますか?

30代男性

片山さん

私の場合は、特に変化はありません。カードローンの利用が止められることもなく、通常通り利用できる状態です。

遅れた際も、自分の口座へ入金するだけなので、振込手数料は発生していません。

支払いの減額・猶予について銀行へ相談した

インタビュアー

銀行へ支払いの相談もされたのですか?

30代男性

片山さん

はい。失業中のため、みずほ銀行の支店に足を運び、支払いの「減額」や「猶予」の制度の有無を確認しました。残念ながら「できない」との返事でした。

30代男性

片山さん

厳しい状況ですが、身体を休めながら手に職をつけるべく勉強に励んでいるので、1日でも早く完済したいと思います。

金融リテラシーを高め、計画的に利用するべき

インタビュアー

最後に遅延について、得た教訓はありますか?

30代男性

片山さん

そうですね、計画的な返済はもちろん、利用する側も金融リテラシーを身に付けるべきだと感じました。

利用前に金利や返済に関して、ある程度勉強してから借りたほうがいいと思います。カードローンは便利な反面、返済が厳しくなると一気に負担が増えるからです。

まとめ

今回はみずほ銀行カードローンの支払いの遅延を3回経験された片山さんにご協力をいただきました。

いずれも遅延の日数が少なかったこともあり、カードローンの利用停止には至っていないようでした。

さまざまな理由で収入を失う可能性は誰にでもありますが、返済が遅れてしまうと、場合によっては新規の借入ができなくなることもありますので、予めきちんと返済計画を立てておきましょう。

みずほ銀行カードローン
金利
2.0%~14.0%
借入限度額
800万円
融資スピード
最短翌営業日

みずほ銀行カードローンの特徴

  • 800万円まで利用可能

  • みずほユーザーに便利な特典あり

  • 来店不要で契約可能

みずほ銀行カードローンは、店舗への来店不要で、全ての手続きをWEB上で完結させることができるため、自宅からでも簡単に申込むことができます。最大の利用限度額は800万円で、急な大きな支出にも対応できる可能性もある頼りになるカードローンです。用途に関する制限もないため、多岐にわたる目的に活用可能です。

みずほ銀行カードローンを利用し、マイレージクラブに参加すると、以下2つの特典を利用できます。

マイレージクラブの2大特典

  • みずほ銀行ATMの時間外手数料が無料

  • みずほダイレクトを通じてみずほ銀行本支店への振込手数料が無料

みずほ銀行をメインバンクとして利用している場合、これらの特典を利用してお得に取引できます。

記事の編集責任者 小野原 慎也

高校卒業後、様々な業界を経てポート株式会社へ。数多くの金融メディアで、ライターとして1,000本以上の記事を執筆。MONEY LEAFでは「お金に関するさまざまな知識が集まる情報ポータルサイト」として、最新の比較情報や賢く利用するためのノウハウ記事を発信している。