カードローンの利用限度額の決め方は?増額の方法についても詳しく解説

利用限度額審査

記事の監修者

柴沼 直美 1級FP、CFP 証券アナリスト 証券外務員1種 TOEIC940、英検1級

大学卒業後保険会社勤務後、MBA修得。帰国後外資系金融機関にて株式運用に従事。出産を機にFP個別相談・執筆等で活動。2017年日本FP協会広報スタッフ。

>>Finacial Planner 柴沼 直美

カードローンでいくらお金を借りられるのか気になりますよね?

カードローンの利用限度額は、申込者の収入や信用情報などを踏まえた審査によって決められます。

今回は、この利用限度額の決め方について詳しく解説していくとともに、限度額を増額するための方法やポイントについても紹介します。

カードローンにおける限度額とは?

カードローン会社の商品情報を見ると、「最大800万円まで融資可能」や「限度額800万円」と記載されている事がほとんどです。

初めて見る人は、「自分でも800万円まで借りられるのか」と思ってしまうかもしれませんが、必ずしも明記されている限度額を誰でも借入できるわけではありません。

なぜかというと、カードローンは個別に利用限度額が決められるからです。

カードローン会社が設定している貸付限度額と、個別に設定される利用限度額の違いは以下の通りです。

貸付限度額と利用限度額の違い

  • カードローンが設定している貸付限度額

    そのサービスで貸すことができる最大額

  • 個別に設定される利用限度額

    契約者が借りることができる最大額

カードローンが設定している貸付限度額

カードローン名貸付限度額
アイフル800万円
プロミス500万円
アコム800万円
レイクALSA500万円
SMBCモビット800万円
ノーローン300万円
三井住友銀行カードローン 800万円
みずほ銀行カードローン800万円
横浜銀行カードローン1,000万円
楽天銀行スーパーローン800万円
auじぶん銀行カードローン800万円

上記の表を見て分かる通り、カードローンによって貸付限度額は異なります。

ただ貸付限度額が800万円までとなっている場合でも、最高額の800万円が融資されることはほぼありません。

個別にカードローンの限度額が決められるため、商品の貸付限度額が800万円であっても、最初に設定される利用限度額は10万円〜50万円になる場合がほとんどです。

申込者の利用限度額は審査で決まる

カードローンに申込むと、申込者の本人情報や勤務先、年収などをもとに審査がおこなわれ、利用限度額が決められます。

利用限度額を決める上で重要な以下4つの項目について解説をしていきます。

利用限度額を決める上で重要な項目

  • 希望額を年収の1/3までにしているか

  • 安定した収入があるのか

  • 信用情報に問題はないか

  • 収入証明書を提出できているか

希望額を年収の1/3までにしているか

貸付業者が貸せる金額は、総量規制という貸金業法のルールにより年収の1/3までと決まっています。

つまり、年収300万円の人がカードローンを申し込んだ場合、最高でも100万円までしか借りることができないのです。

また、別会社のカードローンを利用しているなど、借入れ先が複数あった場合、すべての借入れを合わせて年収の1/3までとなります。

借入希望額は年収の1/3以内の金額で申込むようにしましょう。

総量規制とは?

貸金業者の過剰融資を防止するために設けられたもので、個人の借入総額を年収の1/3までとする規制のことです。

安定した収入があるのか

安定しているかどうかの判断は、月額給与のように一定のスパンで収入があるかどうかが重要です。

安定的な収入があり、返済能力が高いと判断されれば、利用限度額も高く設定できる可能性が上がります

逆に、毎月の収入が極端に変わる場合や、新しい仕事を始めたばかりで1〜2ヶ月分の給料しかもらっていない場合などは、安定した収入がないとみなされてしまう可能性があり、利用限度額が低く設定される場合があります。

信用情報に問題はないか

カードローンの審査では、必ず申込者の信用情報を確認します。

信用情報とは、クレジットカードやローンを利用した際の、利用状況が載っているものです。

信用情報には、申込者の過去の借入情報、返済情報、起こしたトラブルなどが全て記録されています。

カードローン会社が申込者の信用情報を確認したときに「過去に長期間滞納をしている」や「短期間で複数社から借入している」などの情報があると、審査に通りづらくなり、利用限度額を低く設定されてしまう場合があります。

収入証明書を提出できているか 

カードローンの審査では、希望する利用限度額によって収入証明書が必要となる場合があります。

例えば、下記に該当する申し込み内容の場合は収入証明書の提出が必要になることが多いです。

収入証明書が必要となる一般的な条件

  • 希望する利用限度額が50万円を超える場合

  • 希望する利用限度額と他の貸金業者からの借入れの合計額が100万円を超える場合

カードローン会社によっては、収入証明書の提出を求める条件が異なるため、事前に確認をしておきましょう。

収入証明書として提出できる書類を紹介

収入証明書として認められる書類は、カードローン会社によって異なる場合があります。

そのため、申込みを考えているカードローン会社で、収入証明書として認められる書類を事前に確認しておきましょう。

提出できる書類の具体例を紹介すると、次のものが収入証明書として認められます。

収入証明書として提出できるのもの

  • 源泉徴収票

  • 住民税決定通知書

  • 給与明細書

  • 確定申告書

  • 所得証明書

利用限度額を増額する方法とポイント

増額するためのポイント

ここまで説明した通り、利用限度額は申込みしたときの審査によって決まります。

しかし、利用限度額は総量規制の範囲内であれば、契約後でも増額をさせることが可能です。

利用限度額を引き上げる際には、利用中のカードローン会社へ増額申請をして、審査を受ける必要があります。

ここからは、増額申請の方法と手順、増額審査に通るためのポイントについて解説をしていきます。

増額申請の方法

増額申請をする際は以下のような方法で、申込みができます。

増額申請をする方法

  • WEB(会員ページ)

  • 電話

  • 無人店舗

増額の申込みは、WEBもしくは電話、無人店舗などからおこなえます。

WEBからであれば24時間365日受付が可能で、土日申込みにも対応しています。

電話や無人店舗で増額申請する場合、受付時間がカードローン会社によって異なるため、事前に確認をしておくと良いでしょう。

基本的には、24時間365日受付している、WEB申込が主流となっています。

増額申込の手順は次のとおりです。

  1. 増額申請

  2. 本人確認の電話

  3. 増額審査

  4. 限度額の反映

カードローン会社から案内がくる場合もある

例えば、カードローンの利用開始からしばらく経過して、きちんと返済をしている方に増額案内が届くときがあります。

増額案内は、カードローン会社が利用者の返済状況や信用情報などを見て送っているため、一定の信頼を得ている状況であるといえます。

そのため、増額案内がきたタイミングで申請をすると、審査に通る確率が高くなります。

増額審査に通るためのポイント

増額審査を通るために重要なポイントを3つ解説していきます。

増額審査に通るためのポイント

  • 返済実績がある

  • 以前より年収が上がっている

  • 収入証明書を提出する

返済実績がある

増額申請の審査では、返済実績が重要視されます。

期限内にしっかり返済できていれば、審査に通りやすくなります。

反対に、返済の遅延があった場合は、審査に落ちてしまう可能性が高くなってしまいます。

カードローン会社から見れば、返済が滞る可能性のある人に、お金を貸したいと思わないからです。

信頼をしてもらうためにも、返済実績を事前に作っておくことが大切になります。

以前より年収が上がっている

最初にカードローンを契約したときから、年収が増えているかどうかも大切なポイントです。

先ほども述べた通り、貸付けには年収の1/3を超えてはいけない総量規制という決まりがあります。

年収が増えていれば、この1/3の枠が大きくなるため、増額申請に有利に働く可能性が高くなります。

また、年収が増えることで返済能力の面でも信用度が高くなるため、増額審査に通りやすくなります。

収入証明書を提出する

増額申請の審査でも、条件によって収入証明書の提出が必要になります。

収入証明書が必要となる一般的な条件

  • 希望する利用限度額が50万円を超える場合

  • 希望する利用限度額と他の貸金業者からの借入れの合計額が100万円を超える場合

収入証明書の提出を求める条件は、カードローン会社によって異なるため、増額申請前に確認をしておきましょう。

カードローン会社にとって、融資する金額が増える場合、同時に返済されないときのリスクが増えるため、収入証明書を提出してもらい、より精密な審査をしているのです。

増額申請するときの注意点

増額する際の注意点

カードローンの利用限度額を増額するためのポイントなどを紹介してきましたが、増額申請時に注意しなければいけない点についても知っておくと良いでしょう。

以下の3つの注意点について、詳しく解説をしていきます。

増額申請するときの注意点

  • 増額は本当に必要な分だけにする

  • 場合によっては利用限度額が下がる場合もある

  • 虚偽情報の申告は絶対しない

増額は本当に必要な分だけにする

申告する希望額は、本当に必要な分だけに留めておきましょう。

必要以上の金額を借入してしまうと、返済期間が伸び、多くの利息を支払う可能性が出てきてしまうからです。

利用目的も定まっていないなかで、むやみに増額するのはやめましょう。

場合によっては利用限度額が下がる場合もある

増額の申請をして審査を受ける際に、現状の利用限度額に見合った返済能力がないと判断された場合は、今よりも限度額が下がる可能性があります。

例えば、カードローンを契約したときよりも年収が下がっている場合や、過去に返済を延滞したことがあったりすると、「返済能力が低下しているため、利用限度額を下げる」というような判断をされてしまう可能性があるのです。

虚偽情報の申告は絶対しない

利用限度額を増やしたい場合であっても、虚偽の申告は絶対にやってはいけません。

新規申込時でも増額申込時でも、申告内容に虚偽があることが発覚した場合は、期限の利益の喪失となり、希望通りの融資を受けられませんし、カードローン会社からの信用も失ってしまいます。

例え、故意でなかったとしても、申込情報に誤りがあると、審査落ちの対象になってしまいますので、申告情報に誤りがないか事前に確認してから、書類を提出するようにしましょう。

【キャッシングコラム】増額に迷ってる人はどうすれば?

編集者

カードローンの増額をすべきか迷われている方も多いと思いますが、何か決め手になるポイントはありますか?

フタバ株式会社 貸付担当

増額でお悩みの方は、契約時と現在の給料を比較してみてください。当時とくらべて給料が増加しているのであれば、カードローンの増額審査に通る可能性もあります。ただ、給料が変わらない、もしくは転職などで減っている場合、まず審査に通ることはありませんので、控えた方が賢明ですね。

編集者

給料を増やすにはそれなりの時間がかかりそうですね。

フタバ株式会社 貸付担当

はい。ですので、カードローンへの増額は一定期間利用した後、という前提条件があるのですね。

限度額が増やせなかった時の対処法

増額審査に落ちた後の対処法

増額申請の審査が必ず通るとは限りません。

ここからは、増額の審査に落ちてしまった時の対処法を2つ解説します。

審査落ちした後の対処法

  • 副業で収入を増やす

  • 他社のカードローンへ借り換えor新規申込を検討

 副業で収入を増やす

副業をして収入を増やすことで、返済能力が上がり、カードローン会社から信頼されやすくなります。

自分に合った副業を見つけて、収入が増えた後に、再度増額申請をしてみましょう。

副業の具体例

  • アルバイト

  • WEBライティング

  • ブログ、アフィリエイト

  • デリバリーサービス

  • 家事代行サービス

  • データ入力、文字起こし

他社のカードローンへ借り換えor新規申込を検討

「お金が必要なのに限度額が増やせない」という場合には、他社のカードローンへの新規申込みという方法も検討してみましょう。

カードローンの審査内容は金融機関ごとに異なります。

そのため、A社の審査には落ちたけどB社の審査には通ったという事例は少なくありません。

どうしてもお金が必要な方に向け、多くの人に選ばれているカードローンを紹介します。

アイフル

アイフルは「融資までの時間が最短25分」となっているため、とにかく急ぎでお金を借りたい人に向いています。

また、WEB申込により郵送物を無しにできたり、職場に電話連絡をする形での在籍確認をおこなっていなかったりなど、内緒でカードローンを使いたい利用者のニーズにも応えているカードローンとなっています。

アイフル

金利
3.0%~18.0%
借入限度額
1万円~800万円
融資スピード
WEBなら融資まで最短25分
アイフル
  • WEB申込なら融資まで最短25分も可能
  • 初めてのお借り入れなら30日間金利がゼロ円
  • 1秒診断でお借り入れ可能か事前に知れる

公式サイトはこちら

SMBCモビット

SMBCモビットでは、たった10秒で簡易審査結果を受け取れるサービスや、郵送物なしのWEB完結申込が用意されています。

また、アイフルと同様にWEB完結なら在籍確認を電話でされることがないため、内緒で借りたいニーズに答えているカードローンです。

さらに、返済でTポイントカードにポイントを貯める、もしくは貯めたポイントを返済に充てられる独自のサービスがあります。

SMBCモビット

金利
3.0~18.0%
借入限度額
800万円
融資スピード
最短即日融資可能
SMBCモビット
  • 10秒簡易審査で事前審査可能
  • WEB完結申込で電話連絡&郵送物なし
  • モビットアプリを使えばカードレスで利用可

申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

公式サイトはこちら

アコム

「はじめてのアコム」というフレーズでもお馴染みの、三菱UFJフィナンシャル・グループのアコムです。

これまでの延べ利用者数は1,000万人以上となっており、多くの人に選ばれているカードローンであることが分かります。

アコムでは、 24時間365日電話対応をしているため、困った時にいつでも相談できる環境が整っています。

アコム

金利
3.0%~18.0%
借入限度額
1万円~800万円
融資スピード
審査は最短30分
アコム
  • 「はじめてのアコム」でおなじみ!
  • 審査は最短30分で即日融資も可能!
  • 利用者数は業界トップクラス!

公式サイトはこちら

まとめ

ここまで解説をしてきた通り、カードローンの利用限度額は審査によって決まります。

審査では、以下の部分を重点的に見られます。

利用限度額を決める上で重要な項目

  • 希望額を年収の1/3までにしているか

  • 安定した収入があるのか

  • 信用情報に問題はないか

  • 収入証明書を提出できているか

利用限度額を引き上げる際には、カードローン会社へ増額申請をして、審査を受けなければいけません。

増額の審査では、申込者の返済実績や収入が見られ、場合によっては収入証明書の提出が求められますので、事前に準備をしておきましょう。

収入証明書として提出できるのもの

  • 源泉徴収票

  • 住民税決定通知書

  • 給与明細書

  • 確定申告書

  • 所得証明書

増額申請の方法は様々ありますが、24時間365日受付をしているWEBが主流となっています。

申請する際は、本当に必要な金額だけ増額するようにしましょう。

必要以上の金額を借入してしまうと、返済期間が伸び、多くの利息を支払う可能性が高くなります。

また、どうしても限度額の増額ができない場合には、状況に応じて「アイフル」「SMBCモビット」といった新規カードローンへの申込みも検討してみてください。

自分の収入と支出のバランスを考え、無理なく返済できる範囲でカードローンの利用限度額を決めるようにしてください。

監修者コメント

柴沼 直美 1級FP、CFP 証券アナリスト 証券外務員1種 TOEIC940、英検1級

借入限度額の増額の前に年収やこれまでの借入状況を確認することが重要

借入枠を増やすと言うことはそれだけ、「返済しなければならない責任が大きくなる」ということを考えましょう。借入増額を申請する前に、毎日のお金の使い方を変えることで改善できることがあるか見直すことも大切です。

記事の編集責任者 小野原 慎也 Onohara Shinya

高校卒業後、様々な業界を経てポート株式会社へ。
数多くの金融メディアで、ライターとして1,000本以上の記事を執筆。
MONEY LEAFでは「お金に関するさまざまな知識が集まる情報ポータルサイト」として、最新の比較情報や賢く利用するためのノウハウ記事を発信している。

TOPへ戻る