カードローンはどうやって利用する?使い方や利用目的についても詳しく解説!

/

カードローンの使い方

記事の監修者

安部 智香 ファイナンシャルプランニング技能士2級・AFP(日本FP協会認定)・一種外務員資格

短大卒業後、準大手証券会社に勤務。証券会社在職中は、約500名のお客様の資産運用のアドバイスを担当。結婚退職後は、証券会社在職中に得た知識を活かし投資による資産形成を行った後、ファイナンシャルプランナーの資格を取得。現在は個人事務所を立ち上げ、個別相談、執筆業務、マネーセミナー講師として活動中。著書に『今日から始める!誰でも「幸せなお金持ち®』がある。

>>京都・女性FP安部智香の女性のための幸せなお金持ち計画♪

お金を借りる方法としてカードローンを検討しているものの「使い方が分からない」と感じている人も多いのではないでしょうか。

カードローンの利用方法は大きく分けると2つあり、金融機関やコンビニなどのATMから現金を引き出す方法と、インターネットや電話で申し込んで口座に現金を振り込んでもらう方法があります。

今回は、この2つの利用方法について解説するとともに、カードローンの使い道や申込手順についても紹介します。

カードローンの利用方法は2つ

カードローンの利用方法

カードローンは、定められた限度額の範囲内であれば、何度でも借入することができる便利なサービスです。

カードローンは以下の2つの方法で利用することができます。

利用方法

  • ATMから現金を引き出す

  • 口座に現金を振り込んでもらう

ATMから現金を引き出す

カードローン各社が提携している銀行やコンビニのATMに行き、ローンカードをATMに差し込んで、その場で現金を引き出すことができます。

コンビニのATMは基本的に24時間365日利用することができるので、好きなタイミングで現金を引き出すことができるというメリットがあります。

ただ、利用するATMによっては、手数料がかかるというデメリットがあることを知っておきましょう。

また、カードローン会社によって提携しているATMが異なるので、近くに利用できるATMがあるか事前に確認しておくと良いでしょう。

振込依頼をして口座に現金を振り込んでもらう

振込依頼の場合、公式サイトやアプリ、電話などで依頼をして、指定口座に現金を振り込んでもらう形になります。

また、利用する口座によって振込実施時間が異なるので注意が必要です。

振込依頼をしてから数分で口座に現金が振り込まれる時間帯もあれば、翌日振込になってしまう時間帯もあるので、自分が利用する口座の振込受付時間を事前に調べておくと良いでしょう。

カードローンの借入方法に関する担当者の見解

フタバ株式会社 貸付担当者

カードローンは、借入専用のカードを使ってお金を借りられると考えている方が多くいます。しかし、インターネットやスマートフォンの普及により、カードなしでもカードローンを利用できるようになりました。そのため、以前よりもお手軽に借入ができるようになったといえるでしょう。

お金の借入から返済までの流れ

カードローンを使ってお金を借りるには、カードローン会社と契約をする必要があります。

一般的なカードローン利用の流れは以下になります。

  1. 申し込み

  2. 必要書類の提出

  3. 審査

  4. 契約手続き

  5. 借入

  6. 返済

1.申し込み

カードローンは、WEB、電話、無人店舗などから申し込みをすることができます。

一般的には24時間365日申し込むことができる、WEBが主流となっています。

また、カードローン会社によって申し込み方法が異なるので、事前にどのような方法があるのか、確認しておきましょう。

2.必要書類の提出

申し込み手続きが完了したら、案内に従って本人確認書類や、必要と判断された場合に収入証明書を提出します。

必要書類は、パソコンやスマートフォンから画像をアップロードして提出したり、FAXや郵送で提出したりするなど、各社で様々な提出方法が用意されています。

提出書類

  • 本人確認書類

    運転免許証、パスポート、保険証、マイナンバーカードなど

  • 収入証明書類

    源泉徴収票、給料明細書、確定申告書など

3.審査

審査では、提出した書類と申込内容、さらに申込者ご本人の信用情報を照会して、融資をしても問題がないかを判断しています。

提出した書類に不備があると、審査がスムーズに進まないだけでなく、場合により審査落ちの原因になってしまいます。

現時点での事実が記載されていることはもちろん、撮影時にも細心の注意を払いましょう。

書類不備の具体例

  • アップロードした書類の画質が悪くて見えない

  • 運転免許の有効期限が切れている

  • 申し込み用紙に記載した会社の電話番号が間違っている

4.契約手続き

多くのカードローンは、契約手続きをWEB上で完結させることができます。

WEB以外の方法で申し込んだ場合は、無人店舗や郵送などで契約書を受けることで契約手続きが完了します。

また、契約手続きの際に印鑑は不要で、何か用意する必要もありません。

契約手続きでは、カードローン会社から利用条件が提示されます。

申込者ごとに、適用される金利や借入限度額が異なるため、提示された利用条件を必ず確認してから、同意するようにしましょう。

5.借入

契約手続きが完了したら、借入をすることができます。

ローンカードは郵送で家に送ってもらうか、無人店舗で発行することになり、カードを受け取ったら、銀行やコンビニのATMで、すぐに借入をすることが可能です。

カードローンによっては、実際にカードを受け取る前に、登録した口座へ現金を振り込んでくれるサービスを行っている場合もあります。

6.返済

借りた分のお金は、もちろん利子をつけて返済をしなければなりません。

カードローンの返済方法は、口座振込やATM入金などがあります。

返済を忘れてしまうのが怖いという方は、自動で引落しをしてくれる、口座振替を選択しましょう。

カードローンの利用目的

カードローンで借りたお金は自由に使える

カードローンは、借入したお金の利用目的を問われることはありません。

限度額範囲であれば自由に使うことができます。

全国銀行協会が2020年3月に発表した「銀行カードローンに関する消費者意識調査(28P)」から、利用者がどのような目的でカードローンを使っているのかを解説していきます。

カードローンの主な利用目的

  • 生活費の補填: 13.7%

  • 娯楽を楽しむため:12.3%

  • 冠婚葬祭、医療費:10.0%

  • クレジットカードの支払い:5.9%

出典:全国銀行協会|銀行カードローンに関する消費者意識調査(28P)

生活費の補填

食費や光熱費、携帯の代金などの生活費の補填として、カードローンを利用する方が最も多いです。

「他の事にお金を使ってしまい、今月の生活費が払えない」こんな時にカードローンを持っていると、すぐに必要な分の現金を引き出すことができます。

娯楽を楽しむため

旅行やレジャーなど、娯楽を楽しむためにカードローンを利用する方も多いです。

家族旅行や結婚旅行などの特別な行事があるときは、旅行の費用が高くなってしまいがちです。

手持ちの予算内に費用が収まらない場合、カードローンを使って足りない分のお金を補填することができます。

冠婚葬祭、医療費に

冠婚葬祭や医療費など、急な出費が発生した時にもカードローンは役立ちます。

「お葬式の費用が必要になった」「怪我をして、入院費が急遽必要になった」このような状況になった時に、カードローンを利用される方も多いようです。

クレジットカードの支払いに

カード払いをしすぎたため、翌月の請求分を払いきれないときにカードローンを利用する人もいます。

また、クレジットカードの請求分を払ってしまうと、手持ちの現金が少なくなってしまうので、カードローンで借入れして返済にあてるという使い方をする人もいます。

カードローンを利用する際の注意点

カードローン利用時の注意点

カードローンは利用目的問わず、自由に使うことができるというメリットがありますが、よく考えて利用しないと、後々苦しい状況になってしまう可能性があります。

ここからは、カードローンを利用する際に気をつけていただきたい点を以下の2つに分けて解説をしていきます。

カードローン利用時の注意点

  • 必要最低限の範囲で借入をすること

  • 返済期限内に必ず返済をすること

必要最低限の範囲で借入をすること

カードローンを利用する際、必要以上に借入するのはやめましょう。

一般的に借りる金額が大きくなればなるほど、返済期間が伸び、月々の返済額も高くなりますし、返済期間が伸びるほど、多くの利息を払わなければいけない傾向になります。

自分の収入と支出のバランスを考え、無理なく返済できる範囲でカードローンを利用するようにしましょう。

返済期限内に必ず返済すること

もし返済期限内に返済できないと、遅延損害金が発生したり、信用情報に傷がついたりするなど、様々なデメリットが発生してしまいます。

特に信用情報に傷がついてしまうと、クレジットカードやローンサービスに申し込む時、審査通過率を著しく下げてしまうことになるので、今後において大きな影響を及ぼすことにもなってしまいます。

自分のためにも、必ず返済期限を守るようにしましょう。

選ばれているカードローン

ここまでの話を聞いて、「結局どこのカードローンを使えばいいの?」と思う方もいると思います。

そんな方に向けて、多くの人に選ばれているカードローンを3つ紹介します。

今回紹介するのは、大手消費者金融である「アイフル」「プロミス」「アコム」です。

この3つのカードローンは、テレビCMなどで知名度も高く、多くの人に融資をしてきた実績もあるため、初めての方でも安心して利用できるカードローンです。

また、3社とも初めて利用する人は最大30日間の無利息期間が適用されるので、借りたお金を短期間で返済できるという場合には非常に便利です。

アイフル

アイフルは融資までのスピードが優れているカードローンです。

アイフルの特徴

  • WEB申込なら融資まで最短25分

  • 融資の可否を簡易的に1秒で診断

  • 申込時に自宅や勤務先への連絡をされない

アイフルは「WEB申込みなら融資までの時間が最短25分」となっているため、とにかく急ぎでお金を借りたい人に向いています。

WEBからの申込は24時間365日可能で、申込後にフリーダイヤルへ連絡することで、優先的に審査を進めてもらうことができます。

また、カードレスにも対応しているため、ローンカードを発行しなくても、すぐにスマホのアプリを使って、コンビニのATMから借入することができます。

アイフル

金利
3.0%~18.0%
借入限度額
1万円~800万円
融資スピード
WEBなら融資まで最短25分
アイフル
  • WEB申込なら融資まで最短25分も可能
  • 初めてのお借り入れなら30日間金利がゼロ円
  • 1秒診断でお借り入れ可能か事前に知ることができる

公式サイトはこちら

プロミス

プロミスは、大手消費者金融の中でも上限金利が若干低めに設定されているカードローンです。

プロミスの特徴

  • 大手消費者金融の中では上限金利が若干低い

  • 申込から融資まで最短30分

  • 最短10秒でお金を振り込んでくれる

ほとんどの大手消費者金融の上限金利は18.0%ですが、プロミスの場合は17.8%です。

カードローンは、少額の借入になるほど上限金利に近づくため、少額融資を希望の場合に低金利のメリットが活かされます。

また、プロミスを利用する上で便利なのが「瞬フリ」です。

「瞬フリ」とは、最短10秒でユーザーの口座にお金を振り込んでもらえる、プロミスの会員サービスです。

三井住友銀行やPayPay銀行など、24時間365日振込可能な金融機関の口座を持っていれば、最短10秒で振込をしてくれます。

プロミス

金利
4.5~17.8%
借入限度額
500万円
融資スピード
最短25分
プロミス
  • 初回借入から30日間は利息ゼロ円
  • WEBなら最短25分融資も可能
  • 2019年~2022年と4年連続でオリコン顧客満足度調査ノンバンクカードローン初回利用第1位を獲得

公式サイトはこちら

アコム

アコムは、初めてカードローンを利用する方へのサポート体制が充実しています。

アコムの特徴

  • 24時間365日電話対応をしてくれる

  • 楽天銀行口座利用ならいつでも振込での借入が可能

  • 三菱UFJフィナンシャルグループの傘下なので安心

アコムは、はじめての方でも安心して利用できるように24時間365日電話対応をしているため、困った時にいつでも相談することができます。

また、楽天銀行口座をお持ちの場合、365日24時間振込での借入が可能で、いつでも融資を受けることができます。

カードレスには非対応のため、契約後にローンカードを必ず発行する必要があります。

アコム

金利
3.0%~18.0%
借入限度額
1万円~800万円
融資スピード
最短30分
アコム
  • 「はじめてのアコム」でおなじみ!
  • 審査は最短30分で即日融資も可能!
  • 利用者数は業界トップクラス!

公式サイトはこちら

カードローンに関してよくある質問

  • カードローンとキャッシングの違いは何ですか?

    どちらもお金を借りるサービスです。
    本来キャッシングとは、「お金を借りるサービスの総称」として使用されます。ただ、一般的にキャッシングはクレジットカードのキャッシング枠を指します。一方、カードローンは、銀行や消費者金融、信販会社などのローンサービスの1つを指します。

  • カードローンをATMで利用するときの使い方を教えてください。

    状況によって使用方法が変わります。
    カード本体がある場合は、銀行のキャッシュカードと同様の使用方法です。カードレスの場合は、スマホにダウンロードしている専用アプリを用いた操作が必要です。
    なお、提携ATMの場合は、利用金額によって手数料が110~220円(税込)でかかる場合があります。過度な使用は控えるようにしましょう。

  • カードローンの返済はどのように行いますか?

    口座振替、銀行振込、ATM入金などがあります。
    口座振替は設定した返済日に口座から自動引き落としされる方法です。返済忘れが起きにくいメリットがあります。銀行振込とATM入金は任意のタイミングに返済する方法です。随時返済などに適しています。
    自身のスタイルに合わせ選択するようにしましょう。

まとめ

今回紹介した「アイフル」や「プロミス」などのカードローンは、WEBからであれば24時間いつでも申込が可能で、早ければその日のうちに借入することができます。

カードローンの使い方は、発行したカードを使って提携先のATMで現金を借りるか、振込依頼をして自分の口座に入金してもらうかの2つです。

生活費の補填として使われる事が多いカードローンですが、娯楽や医療費などに使用する方もいて、利用目的は様々です。

実際にカードローンを使う時は、返済に困ることがないように、自分の収入と支出のバランスを考え、必要最低限の額で借入するようにしましょう。

利用者が多く、一定期間は利息が発生しない大手消費者金融のカードローンを検討してみてください。

この記事のまとめ

  • 利用方法はATMで現金を引き出すか、直接口座に振込してもらうかの2つ

  • 借入したお金は自由に使うことができる

  • 借入額は必要最低限に留めること

  • 返済期限内に必ず返済をすること

監修者コメント

安部 智香 ファイナンシャルプランニング技能士2級・AFP(日本FP協会認定)・一種外務員資格

審査落ちしないためには信用が大切

カードローンの審査に落ちないためには、書類の不備がないことも当然ですが一番大切なのは信用情報です。過去に延滞があると信用情報に傷がつきます。日頃から借りたお金は期限内に必ず返済するよう心掛けておきましょう。

記事の編集責任者 小野原 慎也 Onohara Shinya

高校卒業後、様々な業界を経てポート株式会社へ。
数多くの金融メディアで、ライターとして1,000本以上の記事を執筆。
MONEY LEAFでは「お金に関するさまざまな知識が集まる情報ポータルサイト」として、最新の比較情報や賢く利用するためのノウハウ記事を発信している。

TOPへ戻る