SMBCモビットの返済について疑問を解消!返済方法や期日について詳しく解説

「SMBCモビットのカードローンを利用したいけど、返済方法や期日がわからなくて不安」という方はいませんか?SMBCモビットを安全に使うためには、返済に関する知識が必要です。

そこで今回は、SMBCモビットの返済方法や返済期日、返済に関する疑問点を解説します。最後までご覧になることで、自身に合った返済方法を理解できた上で、安全にSMBCモビットを利用できるはずです。

SMBCモビットの返済方法は5種類ある

SMBCモビットの返済方法は大きく分けて5種類あります。それぞれの特徴を下記の一覧表で確認しましょう。

返済方法特徴
口座振替返済忘れを防止できる
提携ATM手数料はかかるが提携先が多い
銀行振込どの口座からでも振り込める
インターネット返済サービス時間を問わずいつでも返済可能
Tポイントこれまでに貯めたTポイントを活用できる

ひとつずつ順番にみていきましょう。

方法1.口座振替

SMBCモビットは特定の預金口座があれば、口座から自動引落しで返済を行えます。返済時に手数料の負担がないほか、自動引落しなので返済忘れを防止できます。特定の預金口座については下記をご確認ください。

・三井住友銀行

・三菱UFJ銀行

・みずほ銀行

・ゆうちょ銀行

口座振替による返済であれば振り込む手間を削減できますが、口座残高を確認する必要があります。口座残高が返済額に届いていない場合は、引き落としができずに延滞扱いになるため気をつけましょう。

なお、引き落とし後の金融機関の通帳等には「SMBCM」の名義が記載されます。

方法2.提携ATM

SMBCモビットが提携しているATMから返済する方法もあります。SMBCモビットは全国の銀行やコンビニと提携しているため、近くのATMから返済できる可能性が高いです。主な提携先は以下の通りです。

提携先1万円以下の取引手数料1万円超の取引手数料
三井住友銀行無料無料
三菱UFJ銀行110円220円
セブン銀行110円220円
イオン銀行110円220円
プロミス110円220円
セゾンカード110円220円
三十三銀行110円220円
福岡銀行110円220円
十八親和銀行110円220円
熊本銀行110円220円
ローソン銀行110円220円
イーネット110円220円

提携先が多いため返済の利便性には優れていますが、上記のように手数料が発生します。また、提携先によって利用可能時間が異なるため、利用前に確認しておくことをおすすめします。

方法3.銀行振込

現在利用している口座から、SMBCモビットの指定口座に振り込んで返済する方法もあります。銀行振込での返済は一部手数料が発生するものの、どの口座からでも返済できるため非常に便利です。

なお、三井住友銀行と三菱UFJ銀行の24時間即時振込では、営業時間外でも振り込んだ日にさかのぼって入金処理を行います。「返済期日ギリギリになってしまった」という場合におすすめです。

方法4.インターネット返済サービス

会員専用サービス「Myモビ」内のインターネット返済サービスでも返済可能です。インターネットからの返済は手数料が無料であるほか、わざわざ銀行やコンビニに振り込みに行く手間がありません。

また、時間を問わずに返済できるため、「仕事で忙しくて振り込みに行けない」という方にもおすすめです。しかし、インターネット返済サービスを用いるには、インターネットバンキングへ登録する必要があります。

インターネット返済サービスを利用したい方は、まずはインターネットバンキングへの登録を済ませましょう。

方法5.Tポイント

会員専用サービス「Myモビ」内のTポイントサービスより、Tポイントを活用した返済も行えます。これまでTポイントを貯めていた人にとっては、非常に便利なサービスだといえます。

なお、Tポイントの返済を利用するにあたっては、Tポイント利用手続きが必要です。まずは利用するための登録から進めましょう。

SMBCモビットの返済期日

SMBCモビットの返済期日は、自身の都合に合わせて5日、15日、25日、末日の4つから指定できます。途中で返済期日を変更したい場合は、会員専用サービス「Myモビ」、もしくはSMBCモビットのスマホアプリを使用しましょう。

なお、返済方法が口座振替型の場合は、指定された日に毎月引き落としが入ります。一方、ATM返済型であれば、前回の約定返済日翌日から約定返済日までに返済した場合、返済期日は翌月の約定返済日に繰り延べとなります。

返済期日(借入残高がない状態で借り入れをした場合)

約定返済日借入日返済期日
毎月5日1日〜19日借入日の翌月の約定返済日
毎月5日20日〜末日借入日の翌々月の約定返済日
毎月15日1日〜末日借入日の翌月の約定返済日
毎月25日1日〜9日借入日の同月の約定返済日
毎月25日10日〜末日借入日の翌月の約定返済日
毎月末日1日〜14日借入日の同月の約定返済日
毎月末日15日〜末日借入日の翌月の約定返済日

返済期日が金融機関の休業日にあたる場合は翌営業日に変更されます。なお、返済期日を確認したい場合は、借入時や返済時に交付する「利用明細書」や「領収書」、またはインターネットサービス「Myモビ」の「利用状況照会」にて確認可能です。

SMBCモビットの返済金額・返済方式

SMBCモビットの返済方式は、「借入後残高スライド元利定額返済方式」が採用されています。

「借入後残高スライド元利定額返済方式」とは、最終借り入れをした際の借入残高に応じて返済額が設定される返済方式のことです。また、追加で借り入れをした場合も、借入残高に応じて毎月の返済額が変動します。

例えば、最終借り入れの借入残高が50万円であれば、毎月の返済額は13,000円に設定されます。さらに追加で借り入れをして借入残高が70万円になった場合、毎月の返済額は18,000円になります。

返済例:実質年率18.00%の場合

最終借入後残高返済額
10万円以下4,000円
10万円超過、 20万円以下8,000円
20万円超過、 30万円以下11,000円
30万円超過、 40万円以下11,000円
40万円超過、 50万円以下13,000円
50万円超過、 60万円以下16,000円
60万円超過、 70万円以下18,000円
70万円超過、 80万円以下21,000円
80万円超過、 90万円以下24,000円
90万円超過、 100万円以下26,000円

なお、最高利用残高が100万円以上の場合は実質年率が15.00%となり、最終借入後残高が20万円増す度に返済額が4,000円追加されます。

追加で返済することも可能

手元の資金に余裕があるときは、追加で返済することも可能です。

毎月支払う利息の合計は、完済までの期間に応じて変化します。完済までの期間が長引けば長引くほど利息も増していくため、追加返済により完済までの期間を短くすれば、結果的に支払う利息の合計は少なくなります。

また、カードローンの返済をすぐに終わらせることで、精神的な負担の軽減にもつながります。それらのことから、金銭に余裕がある場合は追加返済を前向きに検討しましょう。

SMBCモビットの返済に遅れてしまった場合

SMBCモビットの返済に遅れてしまった場合は、2つのペナルティが科せられるリスクがあります。その2つのペナルティは、「遅延損害金の発生」と「信用情報がブラック化する」です。

SMBCモビットの遅延損害金は延滞した日数分に応じて、借入残高に対して年利20.0%の利息が発生します。この遅延損害金は通常の利息に比べて少し高く設定されていますが、遅延損害金と通常の利息が重複することはありません。

また、SMBCモビットの滞納を放置していると、信用情報がブラック化してしまいます。つまり、ローン審査を行う際に参照される「信用情報機関」に事故情報として登録されることを意味します。

信用情報が一度ブラック化してしまうと、しばらくの間はクレジットカードやカードローンの審査に通りづらくなります。SMBCモビットのカードローンが停止されるリスクもあるため、返済は計画的に行いましょう。

返済日に遅れそうな場合の対処法

返済が遅れそうだと事前にわかっている場合は、「お支払予定日登録」を利用して支払い予定日を変更しましょう。設定した支払予定日までは電話や郵送物の連絡が来ないため、家族にカードローンの利用を知られる心配は不要です。

本サービスは会員専用サービス「Myモビ」や、SMBCモビットの公式スマホアプリから簡単に登録できます。返済日に遅れそうな場合はぜひ本サービスをご利用ください。

ただし、本サービスを利用して支払予定日を変更しても、支払期日を過ぎた期間については遅延損害金が発生します。そのため、支払予定日を変更したとしても、できるだけ早めに返済しましょう。

なお、支払予定日を変更しても返済が難しい場合は、一度SMBCモビットのコールセンター(0120-24-7217/営業時間 9:00~18:00)へ問い合わせてみてください。オペレーターに返済の相談ができます。

SMBCモビットの返済に関する疑問点

最後に、SMBCモビットの返済に関する疑問点を2つ解説します。不安点や疑問点がある方はご確認ください。

毎月の返済額は変更できるの?

毎月の返済額はあらかじめ決まっているため、返済額の変更は基本的にできません。

しかし、「返済がどうしても難しい」という場合は、SMBCモビットのコールセンターへ相談しましょう。毎月の返済額を変更できるとは限りませんが、相談することで深刻な状況を打開できる可能性があります。

追加返済の最低金額はいくら?

追加返済の最低金額は設定されていません。自身の収入状況に合わせて自由に返済することが可能です。

追加返済を積極的にすることで、結果的に利息を大幅に減らすことができます。しかし、追加返済しすぎると生活を圧迫する恐れもあるため、無理のない範囲で追加返済を検討しましょう。

まとめ

今回は、SMBCモビットの返済方法や返済期日、返済に関する疑問点を解説しました。

SMBCモビットの返済方法は大きく分けて5種類あり、それぞれ特徴や手数料が異なります。また、返済期日は自身の都合に合わせて5日、15日、25日、末日の4つから指定できます。

SMBCモビットのカードローンを安全に利用するためにも、ぜひ本記事で解説した返済方法や返済期日を理解し、計画的な返済を心がけましょう。

SMBCモビット

金利
3.0~18.0%
借入限度額
800万円
融資スピード
最短即日融資可能
SMBCモビット
  • 10秒簡易審査で事前審査可能
  • WEB完結申込で電話連絡&郵送物なし
  • モビットアプリを使えばカードレスで利用可

申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

公式サイトはこちら

TOPへ戻る