他社借入があっても返済能力があれば借入可能!同時に契約できる件数も解説

/

他者借入があっても

記事の監修者

金子 賢司 北海道のテレビ番組のコメンテーター、家計の相談・マネーセミナー講師<保有資格>CFP

東証一部上場企業で10年間サラリーマンを務める中、業務中の交通事故をきっかけに企業の福利厚生に興味を持ち、社会保障の勉強を始める。現在は北海道のテレビ番組のコメンテーターや年間毎年約100件の家計の相談・マネーセミナーの講師も務める。

他社借入がある状態でさらにお金が必要になった方は、「これ以上借りることはできるのか?」という点が気になることでしょう。

結論から申し上げますと、他社の借入があってもお金を借りることはできますが、返済能力がない場合は借りることはできません。

そこで、この記事では契約ができる会社の数はおおよそどれくらいなのか、複数社利用している場合の審査に通るために知るべきことなどを解説します。

また、他社借入の定義についても解説していきますので、ぜひご覧ください。

返済能力があれば他社借入があっても新規借入できる

他社借入がある状態でも、新たに申込をして借入をすることは可能です。

ただし、返済能力に余裕がないと、新たな借入をすることは難しくなります。

「返済能力がある」とは

返済能力があるということは、「融資を行った後、問題なく返済が可能である」と金融機関から認められることを言います。
すでに融資を受けている人が新たに申込をした場合は、定期的な収入だけではなく、毎月の返済状況や、現時点での借入金額なども判断材料とされます。

他社借入がある方は、お金を借りたことのない人と比べると、すでに返済を行っている分、返済能力が足りないと判断される可能性があります。

返済能力がなければ、申込をしても審査に通らないため、ご自身で返済能力の有無を確かめて、新規借入を目指しましょう。

他社借入に関して担当者の見解

フタバ株式会社 貸付担当者

私たちが重要視している点は「返済能力があること」です。カードローンの借入後は、毎月安定的な返済行う必要があるため、現時点で他社からの借入額が年収の1/3に近い方は、それ以上の借入ができません。借入を検討する前に、返済に注力してください。

どれくらい他社借入があるのか把握しよう

まずは「現時点での借入金額」を確認しましょう。

金融機関は申込者が借入している金額をもとに、「返済能力」があるのかどうかを判断します。

金融機関は、明らかに返済できる範囲を超えている人に対して、絶対に融資しません。

では、現時点の借入金額がどれくらいになると、明らかに返済ができないと判断されるのか説明していきます。

年収の3分の1を超えなければ借入ができる可能性がある

銀行を除く金融機関は、「総量規制」という法律にもとづいて、融資を行っています。

総量規制とは、借入をしている消費者全般に対して、返済が難しくなるほどの借金を負わせないために制定された法律です。

この法律により、貸金業者は消費者に対して、年収の3分の1を超える融資をしません。

つまり、現時点での借入金額が年収の3分の1に近ければ近いほど、新規契約を結ぶのは難しいということになります。

総量規制の対象になる貸付

総量規制の対象になる融資は以下の通りです。

  • 消費者金融から借りたお金

  • クレジットカードのキャッシングで借りたお金

どちらか、または両方を利用している場合は、借入金額の合計がいくらなのか確認しましょう。

もし、年収の3分の1に近い金額をすでに借りている場合は、「返済能力が不足している」と判断されてしまう可能性があります。

総量規制の対象にならない貸付

総量規制の対象にならない融資も存在します。

住宅や車といった高額なローンや、銀行からの借入などが、総量規制の対象外になります。

  • クレジットカードのショッピング枠

  • 「車」や「住宅」といった利用目的の決まっているローン

  • 奨学金

  • 銀行カードローン

ただし注意してほしいのは「銀行カードローン」についてです。

銀行カードローンは、「銀行法」に基づき、融資を行っているため、「総量規制」の対象外です。
しかし、銀行カードローンは総量規制の対象ではないものの、自主的に融資額の上限を設けています。

また、消費者金融も銀行カードローンの借入金額を考慮して審査を行うため、もし新規申込ができたとしても、借入限度額は少なくなる可能性が高いといえるので注意しましょう。

カードローン契約は何社までできる?

前提として、カードローンの契約数を制限されることはありません。

つまり「返済能力がある」と認め得られさえすれば、理論上何社とでも契約を結ぶことができます。

とはいえ、むやみに契約数を増やすことはオススメできません。

目安として、借入先は多くても「3社」ほどにしておきましょう。

借入先が3社以上になると、返済の管理が困難になる可能性があるからです。

返済が困難になる理由:支払う金額が増える

借入先が増えると月に支払う返済額が増えます。

1社だけなら最低返済額を月に1度支払いをすれば大丈夫です。

しかし、借入先が増えれば最低返済額を支払う先が増えてしまいます

借入金額が増えれば最低返済額も増えていきますので、複数の金融機関から高額な借入をするのは止めておきましょう。

返済が困難になる理由:返済日が複雑化する

借入先が増えると、月に何度も返済を行う必要があります。

これは借入した金融機関によって、返済日や返済方法に違いがあるためです。

例えば金融機関によっては、固定された日に自動で振替するところもあれば、一定期間中に自分で振込をするところもあります。

借入先が少なければ管理するのも簡単ですが、万が一管理ができないと次にどこの金融機関の支払いをすればいいのか把握しづらくなります。

すべての借入先を自動引き落とし対応にする、同じ日に返済ができるところに統一しておくといいかもしれません。

返済が困難になる理由:返済が長期化する

借入先や借入金額が増えると、返済期間が長くなります。

そして気を付けたいのは返済期間が長引くと「借入している状態が日常化」してしまうことです。

借入している状態が日常化すると、返済に慣れてしまい新たな借入への抵抗がなくなります。

この状態で、「まだ大丈夫」と考え借入をしすぎてしまうと、返済管理が困難になります。

返済金額を、毎月決めておき、その金額を必ず払うと決めておけばそのような状態を回避することができます。

他社借入して審査に通る人と通らない人の違い

借入を受けられる条件は、返済能力があると金融機関から判断されることです。

これは初めての利用であろうと、2社目、3社目の申込であろうと変わりはありません。

しかし、「年収、借入金額」といった条件が全く同じでも審査に通る人と通らない人が存在しています。

言い換えれば、同じ条件で申込をしても、返済能力があるかどうかの判断は申込者によって違うというわけです。

では、実際にどのような人が返済能力があると認められ、審査に通過するのかを解説していきます。

審査に通る人の特徴

2社目以降の審査に通る人は、当たり前のことを当たり前にしている共通点があります。

今までの返済を問題なく確実に行い、新たに希望する借入金額も無理のない範囲で行っている、と判断されたということです。

審査に通過する人

  • 安定した収入がある

  • 延滞をしていない

  • 借入希望額は最小にしている

  • 前回の申込から1か月以上経過している

  • 申込の際に嘘をつかない

上記ポイントを踏まえて申込をしましょう。

ただしこれらを満たしたからと言って絶対に審査に通るわけではありません。

あくまで、審査に通る人は最低限上記条件を満たしていると認識しておきましょう。

審査に通らない人の特徴

反対に審査に通らない人は、以下のような特徴が挙げられます。

審査に落ちてしまう人の特徴

  • 同時に何社に申込をしてしまう

  • 延滞を繰り返したことがある

  • すでに総量規制ギリギリまで借りている

この3つのポイントは、金融機関から「この申込者はお金に余裕がない」と見られてしまいます。

そして、お金を返済できる可能性が低いから融資を行わないと判断されてしまいかねません。

もし該当する場合は、時間をかけて確実に返済を行い、返済能力を回復させてから改めて申込をしましょう。

返済能力がある方への選択肢:大手消費者金融

返済能力がなければ、借入をすることはできません。

ですが、ここまで読み進めて頂ければ、返済能力があるかの見当がつくと思います。

そこで「大手消費者金融」を選択肢のひとつに加えてみてください。

大手消費者金融は、借入したい人のために、幅広い対応をしてくれる可能性があるのです。

ですが、複数社からの借入は「多重債務」に陥る可能性があるため、十分にご注意ください。

アイフル

金利
3.0%~18.0%
借入限度額
1万円~800万円
融資スピード
WEBなら融資まで最短25分
アイフル
  • WEB申込なら融資まで最短25分も可能
  • 初めてのお借り入れなら30日間金利がゼロ円
  • 1秒診断でお借り入れ可能か事前に知ることができる

公式サイトはこちら

SMBCモビット

金利
3.0~18.0%
借入限度額
800万円
融資スピード
最短即日融資可能
SMBCモビット
  • 10秒簡易審査で事前審査可能
  • WEB完結申込で電話連絡&郵送物なし
  • モビットアプリを使えばカードレスで利用可

申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

公式サイトはこちら

闇金利用は控えよう

審査を通過する自信がなかったり、申込が通らなかったりしても、闇金からお金を借りるのは絶対にやめましょう。

闇金というのは「審査なし」「審査が甘い」「複数借りていても絶対借りられる」などと、甘い言葉で誘ってきます。

確かにお金を借りることはできるかもしれませんが、借りてしまったら最後、法外な利用料金を求めてきたり、周りの人にも接近してきたり、確実にトラブルが起こります。

もし他社から借入が出来なかった場合は、闇金の利用を検討するのではなく、まずは借りたお金を返済することを考えましょう。

他社借入に関するよくある質問

  • 何社以上から借入れがあると審査に落ちますか?

    具体的な数は分かりません。
    他社借入がある場合に重要なのは、借入先の数でなく借入している金額です。年収の1/3に近い借入をしている場合は、審査に落ちる可能性が高まります。
    とはいえ、複数社からの借入は返済が複雑化する懸念があるため、おまとめローンの検討をしてみましょう。

  • 他社借入があっても借りれる中小消費者金融はありますか?

    総量規制の範囲内であれば借りられる可能性があります。
    総量規制は、大手・中小問わず貸金業者に関わる法律です。どの消費者金融も厳正な審査を行っていますので、大手より中小のほうが借りやすいということはありません。

  • 他社借入の件数は少なく申請してもよいですか?

    正直に申請をしましょう。
    他社借入状況を含む個人の情報は、審査の際に個人信用情報機関に照会・確認が行われます。そのため、他社借入の件数や金額を少なく申請しても、虚偽の情報はすぐに発覚してしまいます。
    悪質とみなされないように、正確な情報を申請しましょう。

まとめ

今回は、他社借入があっても新たに借入ができるのかどうかを解説しました。
結論、返済能力があれば新たな借入を受けることは可能です。

以下はこの記事のおさらいになります。

  • 他社借入額を把握する

  • 契約の制限はないが多すぎると返済トラブルが生じる可能性がある

  • 他社借入があっても借りられる人は無理のない範囲で申込をしている

  • 闇金からはお金を借りない

最も大事なことは、「完済までの計画」を立てたうえで新たに申込をすることです。

完済までの計画なしに借入数を増やすと、同じことを繰り返し、借入がずっと終わらないということに繋がってしまいます。

自身でしっかり返済までの計画を立て、計画にもとづいて返済をしていくことを心掛けましょう。

監修者コメント

金子 賢司 北海道のテレビ番組のコメンテーター、家計の相談・マネーセミナー講師<保有資格>CFP

借入件数はなるべく少なく

追加でお金を借りたい場合、本来は、わざわざ新規で借りるよりも既に利用しているカードローン会社に増額申請をして審査を受ければいいはずです。しかし、それでも別のカードローン会社に新規で申し込むこと自体、収入証明を出したくないなど、何か理由があるのだろうか?と審査で疑問を持たれる可能性があります。具体的に何社以上はNGと決まってはいませんが、借入件数の多さは審査にマイナス効果をもたらすでしょう。

記事の編集責任者 小野原 慎也 Onohara Shinya

高校卒業後、様々な業界を経てポート株式会社へ。
数多くの金融メディアで、ライターとして1,000本以上の記事を執筆。
MONEY LEAFでは「お金に関するさまざまな知識が集まる情報ポータルサイト」として、最新の比較情報や賢く利用するためのノウハウ記事を発信している。

TOPへ戻る